女の子のランドセル選び

注目される人気モデル&ブランド名(女の子)

  1. モデルロイヤル・レジオ ベーシック

    セイバン モデルロイヤル・レジオ ベーシック カーマインレッド

    • 【メーカー】セイバン
    • 【価格】¥58,320(税込)
    • 【主素材】アンジュエール グロス
    • 【重量】約1,230g
    • 【マチ幅】12cm
    • 【カラー】カーマインレッド

    【セイバン(天使のはね)の特徴】

    ランドセルのクオリティと価格のバランスが抜群によい業界No1企業。ランドセルが大型化してきたので、「背負う機能」が注目されてます。その解決策である「天使のはね」はよく出来ています。

    特に体力のない小柄な女の子や、遠距離通学を強いられる子に最適です。

  2. マットクラリーノ カラーステッチ

    池田屋 マットクラリーノ カーマインレッド×ピンク

    • 【メーカー】池田屋
    • 【価格】¥51,840(税込)
    • 【主素材】クラリーノ
    • 【重量】約1,100g
    • 【マチ幅】12cm
    • 【カラー】カーマインレッド×ピンク

    【池田屋の特徴】

    池田屋が作るランドセルは、機能性が高いシンプルなデザイン。そして「本革の質感があるのに、軽いランドセルが欲しい」という人に最適です。

    生地素材へのこだわりが強く、スムース牛革とほぼ同じ光沢を再現した人工皮革ランドセル(ベルバイオスムース)や、マット調のクラリーノモデルが人気です。

  3. クラリーノFワイド・プラス

    黒川鞄 クラリーノFワイド・プラス キャメル×ピンク

    • 【メーカー】黒川鞄工房
    • 【価格】¥62,640(税込)
    • 【主素材】クラリーノ®エフ
    • 【重量】約1,280g
    • 【マチ幅】13cm
    • 【カラー】キャメル×ピンク

    【黒川鞄工房の特徴】

    背負う機能のある本革ランドセルを検討するなら、是非知っておきたい名工房。創業明治28年というランドセル業界の老舗企業です。

    6月上旬に販売終了となりましたが、顧客からの要望に応えて「クラリーノモデル」で再登場。ランドセル職人の完全手作業なので、ロット数は少ないです。

    売り切れ警報 【限定500本】で販売終了

  4. ベーシック アンティークブロンズ

    萬勇鞄 ベーシック アメジスト 内装

    • 【メーカー】萬勇鞄
    • 【価格】¥61,560(税込)
    • 【主素材】牛革
    • 【重量】約1,400g
    • 【マチ幅】12cm
    • 【カラー】アメジスト

    【萬勇鞄の特徴】

    高度な手縫い技法+背負う機能まで搭載されているのに、値段は抑えめな優良工房。

    今年の売れ筋モデルは、大人っぽいカラーリングが好評な「ベーシック アンティークブロンズ」。定番人気は、上品なティアラの刺繍にキラキラのラインストーンが入った「クローネティアラ」です。

    他社なら有料オプションとなる「リコーダーケース」や「ネームプレート」が無料なので、トータルで考えるとコストパフォーマンスの良いランドセルになります。

  5. べっぴんさん

    フィットちゃん べっぴんさん セピア

    • 【メーカー】フィットちゃん
    • 【価格】¥53,460(税込)
    • 【主素材】クラリーノ® エフ2
    • 【重量】約1,270g
    • 【マチ幅】12cm
    • 【カラー】セピア

    【フィットちゃん(ハシモト)の特徴】

    可愛い刺繍デザイン・カラー展開が豊富なのが特徴です。女子に人気がある茶系色も揃っています。

    「安ピカッ」は、安全確保の為に反射材の必要性を感じるけど、野暮ったいデザインは嫌だという人の要望から誕生しました。

    立ち上がり背カンの開発元でもあり、背負いやすいランドセルです。

  6. ユニバーサル 牛革ボルサ

    モギカバン ユニバーサル 牛革ボルサ チェリー

    • 【メーカー】モギカバン
    • 【価格】¥61,000(税込)
    • 【主素材】牛革ボルサ
    • 【重量】約1,350g
    • 【マチ幅】13cm
    • 【カラー】チェリー

    【モギカバンの特徴】

    量より質にこだわりを持つ職人集団。モギが得意とする「コードバン」や「牛革スムース」は、表面が滑らかで光沢が美しい生地素材。ツヤを抑えて深みを出した「牛革ボルサ」も人気です。

    そして内張に使われる「アメ豚」は、6年間で徐々に飴色に変化していく素材で、使い込むほどにいい味が出てきます。

    売り切れ警報 在庫数が少なくなっています!

  7. 耐性牛革コンビネーション

    羽倉 耐性牛革コンビネーション ビビットピンク×チョコ

    • 【メーカー】羽倉
    • 【価格】¥62,640(税込)
    • 【主素材】牛革
    • 【重量】約1,280g
    • 【マチ幅】12cm
    • 【カラー】ビビットピンク×チョコ

    【羽倉の特徴】

    羽倉は、革本来の美しさを最大限に生かすデザインに挑戦している工房。意匠登録もされている「鋲なしフラップ」は、シンプルかつ上品。さらに37色のカラー展開は圧巻です。

    牛革の風合い・深みを味わう為の「エイジング加工」されたランドセルも特徴的です。

  8. エクシード 603

    村瀬鞄行 エクシード 603 チョコ/ピンク

    • 【メーカー】村瀬鞄行
    • 【価格】¥60,000(税込)
    • 【主素材】クラリーノ® エフ
    • 【重量】約1,200g
    • 【マチ幅】13cm
    • 【カラー】チョコ/ピンク

    【村瀬鞄行の特徴】

    名古屋の老舗工房。毎年、早期に売り切れるのは「レザーボルカ」シリーズ。新しい「mu+(ミュータス)」ブランドには、デザイン性の高いクラリーノモデルが揃っています。

    ちょっと背伸びをしたがる、大人びた女の子が喜ぶ仕様です。

    売り切れ警報 在庫数が少なくなっています!

  9. サンシャインプリティ

    フジタ サンシャインプリティ カーマイン×ピンク

    • 【メーカー】カバンのフジタ
    • 【価格】¥68,000(税込)
    • 【主素材】牛革
    • 【重量】約1,350g
    • 【マチ幅】12.5cm
    • 【カラー】カーマイン×ピンク

    【カバンのフジタの特徴】

    カバンのフジタは、全モデルがキューブ型ランドセルというのが特徴。A4フラットファイルがラクラク入る『コンパクトだけど大容量』を実現。

    横幅23.5cm・マチ幅12.5cmの耐久性を保つ為に、大マチの補強材をリブ構造にしてピアノ線を内蔵しています。

  10. プランタニエールリボンランドセル

    メゾピアノ プランタニエールリボンランドセル プランタンノワール

    • 【メーカー】メゾピアノ
    • 【価格】¥88,560(税込)
    • 【主素材】人工皮革
    • 【重量】約1,280g
    • 【マチ幅】11cm
    • 【カラー】プランタンノワール

    【メゾピアノの特徴】

    ガーリーなランドセルを好む子が憧れるメゾピアノ。人工皮革にしてはちょっぴり高めな価格設定ですが、細部の作り込み・デザイン力はすごいです。

    メゾピアノのファンだけでなく、人とは違う個性的なランドセルを求める人にもおススメです。

  11. エレファントキューブ

    キッズアミ エレファントキューブ スミレ

    • 【メーカー】ナース鞄工
    • 【価格】¥70,200(税込)
    • 【主素材】クラリーノ®
    • 【重量】約1,200g
    • 【マチ幅】13.5cm
    • 【カラー】スミレ

    【ナース鞄工(キッズアミ)の特徴】

    製造元であるナース鞄工は、業界大手の一角。注目商品は、2019年度モデルの「エレファントキューブ」と「ペリカンポッケ」。

    そして2020年度は、70thアニバーサリープレミアムモデルとして「ワンダーシャイニー」が登場し、大容量&背負いやすいモデルが揃ってきました。

  12. みらいポケット ロイヤルクイーン

    みらいポケット ロイヤルクイーン ミラノレッド

    • 【メーカー】イオン
    • 【価格】¥70,956(税込)
    • 【主素材】クラリーノ®
    • 【重量】約1,280g
    • 【マチ幅】12cm
    • 【カラー】ミラノレッド

    【イオン(かるすぽ)の特徴】

    イオンのかるずぽシリーズにある「みらいポケット」が注目されています。その理由は、大マチ12cm+小マチ8cmを合わせると、合計20cmのマチ幅となるから。

    ランドセルにたくさん荷物が入れば両手が空きます。これは事故防止の基本です。

  13. 牛革 プレミアムカラー

    土屋鞄 牛革 プレミアムカラー ラズベリーピンク

    • 【メーカー】土屋鞄
    • 【価格】¥75,000(税込)
    • 【主素材】牛革
    • 【重量】約1,490g
    • 【マチ幅】11.5cm
    • 【カラー】ラズベリーピンク

    【土屋鞄の特徴】

    シンプルで伝統的スタイルを好む人に好まれるランドセル。特別な特徴があるわけではないのですが、ランドセル業界でのブランド力は強いです。

    ラン活の初期段階でショールームを訪れて、他社を検討せずに購入する人が多いです。

  14. プラチナセレクト

    ふわりぃ プラチナセレクト ネイビー×パールパープル

    • 【メーカー】ふわりぃ(協和)
    • 【価格】¥62,640(税込)
    • 【主素材】クラリーノ® レミニカ®
    • 【重量】約1,270g
    • 【マチ幅】13.5cm
    • 【カラー】ネイビー×パールパープル

    【ふわりぃ(協和)の特徴】

    協和は、「軽い・大収納・安い」と3拍子揃ったランドセルを作るクラリーノ系大手の会社。「プラチナセレクト」のような上位モデルは、デザイン性がありお洒落な女の子に人気があります。

    また、ランドセル工場の直販モデル(WEB限定)はお得です。38,700円(税込)のランドセルには見えません。

  15. くるピタチェンジシャイニーガール

    マツモト くるピタチェンジシャイニーガール チョコ

    • 【メーカー】マツモト
    • 【価格】¥62,640(税込)
    • 【主素材】タフガード® デラックス
    • 【重量】約1,100g
    • 【マチ幅】12cm
    • 【カラー】チョコ

    【くるピタ(マツモト)の特徴】

    指先一本で開け閉めできる錠前が特徴的な「くるピタランドセル」。全てのモデルがマチ幅12cm以上で実用的。

    安全ナスカンに超ピカ(全方位反射材)も搭載され、安心して子供を見送れるランドセルです。

  16. コードバンランドセル

    ミキハウス コードバンランドセル

    • 【メーカー】ミキハウス
    • 【価格】¥216,000(税込)
    • 【主素材】コードバン
    • 【重量】約1,500g
    • 【マチ幅】11.5cm
    • 【カラー】ワインレッド

    【ミキハウスの特徴】

    ミキハウスのランドセルは、「コードバン」「牛革」「クラリーノ®タフロック®」の3種類。洗練されたシンプルさがあるので、飽きのこないデザインです。

    ただ、少しお値段は高めで、人工皮革モデルでも10万円以上するので、かなり高級ランドセルになります。

※上記ランキングの格付け基準は、次の5つのポイントの総合評価によるものです。

①販売実績
②製法・安全性能
③値段
④オリジナリティ
⑤製品内部構造の情報公開度

人気ランドセルのトレンド(女の子編)

①小マチ・前ポケットの使いやすさを重視する

高学年になると大マチは教材でいっぱいになるので、サッと取り出したい筆箱などは小マチに収納できると便利です。さらにアコーディオンのように伸びるタイプであれば、体操着や上履きも入ります。
前ポケットの容量も見逃せません。もし中身が散乱しても絶対に落としたくない物(生理用品)は意外とあります。

②赤以外のほうが大多数

親世代だと「女の子は赤いランドセル」でしたが、今は違います。「ピンク系統の薄い赤色」「青みがかった赤色」など中間色がたくさんあるので、色選びも楽しいです。トレンドは、一時の水色ブームは落ち着き、ラベンダーやアメジストといった紫系統の色に人気が出ています。そして確実にシェアを伸ばしている茶系色(キャメル・チョコ)は、親子ともに好意的な印象を与えるカラーです。

【参考】人気色から選ぶ女の子のランドセル

③軽く感じるランドセルを選択

重いランドセルの人気はありません。ただ背負う機能性に優れたランドセルであれば、重さは重要でないという事実もだいぶ周知されてきました。それにより、背カン・肩ベルト・背あての機能に注目する人が増えています。総合的にバランスの良いランドセルを作っている会社が人気ランキングで評価されています。

親子の意見が対立した時

小学生

5歳や6歳の女の子は、もう身の回りのことは一人で何でもできます。 そして自意識が強くなる時期。
だから、ランドセル選びでも「自分の気に入ったモノが欲しい」としっかりと主張します。 親が良いと思ったモノをそのまま受け入れてもらえません。

親と子供の意見が分かれた場合は、子供を優先させてあげてください。 ランドセルは6年間毎日学校へ持って行くアイテムなので、子供が気に入ったモノであるという事は大前提です。

どうしても折り合いがつかない場合は、自分好みにデザインできるオーダーメイド商品を選択する手はあります。 内装生地や反射鋲のデザインを好きなように選ばせてあげたり、ワンポイントの刺繍を入れる事も可能です。

「自分で選んだ!」という自覚を子供に持たせてあげると、うまくいきます。

最後に、ラン活に行き詰った時は、人気が高いランドセルを探す方法を一通り読んでみてください。対象候補を絞り込んでいく過程を学べる構成になっています。

ページの先頭へ戻る