人気ランドセルの選び方

すてきなランドセルみつけよう

すてきなランドセルみつけよう

New topic !

モデルロイヤル ナチュール フレンチライラック かぶせ&飾り鋲

セイバンのモデルロイヤルナチュールをレビュー

誰からも愛されるナチュラルな可愛らしさを感じる「モデルロイヤル ナチュール」。セイバンのモデルロイヤルシリーズの中では、比較的安くコスパに優れたランドセルです。口コミで人気がある「ミルティーベージュ」と「フレンチライラック(2025年の新色)」を中心にレビューします。
スーパーフラッシュフィーヴァー レインボー

ふわりぃのスーパーフラッシュフィーヴァーをレビュー

ワクワクするデザインの「スーパーフラッシュフィーヴァー」。公式HP限定色の「レインボー(2025年新色)」はとても色鮮やかなデザインで印象的。既存のスーパーフラッシュとの違いは、光る量が増えているのがポイント。肩ベルトにハイクッションタイプが採用され、ズレ落ち防止策もとられています。
ランドセルいつ買う?

ランドセルはいつ買うべき?

ランドセルを買うタイミングは難しい。なぜなら購入時期によって割引率や特典が変わるだけでなく、人気ランドセルは売り切れも発生します。「いつが一番安いですか?」「いつ頃買うべきですか?」という質問が多いので、人気工房の売り切れ時期&大手メーカーの割引制度をまとめてみました。
ハネッセルのランドセル

ハネッセルのランドセルをレビュー

肩ベルトの長さを簡単に調節できる「ラチェットアジャスター」は評判どおり良い物だたと実感。これなら6年間正しい姿勢でランドセルを背負えると思います。お値段に関しても、機能とデザインが揃っている割に、安いランドセルだと感じました。

ランドセル人気ランキング!

園児

どんなランドセルを選べばいい?
おすすめ商品を教えてよ。

先生

人気ランドセルをチェックしてみて♪
売れ筋モデルには、売れる理由が必ずあるよ。

女の子


  1. 1位 モデルロイヤル クリスタル
    モデルロイヤル クリスタル シャーベットミント×ジュエルホワイト
    【メーカー】セイバン
    【価格】¥64,350(税込)
    【主素材】アンジュエール グロス

    雪の結晶がテーマ。クリスタル・ガラスをあしらい、洗練されたデザインはエレガントな印象を与えます。

    商品詳細

  2. 2位 ベルバイオスムース
    ベルバイオスムース ベージュ×ゴールド
    【メーカー】池田屋
    【価格】¥63,000(税込)
    【主素材】ベルバイオ

    牛革と似た風合いがあるのに軽いランドセル。「伝統的スタイル」+「カラーステッチ」というシンプルさが好評。

    商品詳細

  3. 3位 グランコンパクト ワオ
    ふわりぃ グランコンパクト ワオ ミント×ミント
    【メーカー】ふわりぃ
    【価格】¥63,800(税込)
    【主素材】クラリーノ®エフ

    荷物が多い日でも手ぶらで登校できるランドセル。これだけ大容量で、たった970gという軽さは凄いと評判です。

    商品詳細

【プチ解説】

女の子に人気があるランドセルは、デザインの良さに加えて軽量化に成功したモデル。

カラー選択は、ラベンダーやミントの人気が上昇中。くすみカラー(グレイッシュな色合い)がトレンド。

男の子


  1. 1位 モデルロイヤル ドラグーン
    モデルロイヤル パールメタルマリン×ブラック
    【メーカー】セイバン
    【価格】¥64,350(税込)
    【主素材】アンジュエール グロス

    力強い印象を与える「ドラゴンの紋章」が特徴的。デザインと背負う機能が両立したモデルです。

    商品詳細

  2. 2位 ストリートファイン
    フィットちゃん ストリートファイン クロ×レッド
    【メーカー】フィットちゃん
    【価格】¥62,800(税込)
    【主素材】クラリーノ®タフロック®NEO

    定番色であるブラックに、好きな色(9色)を組み合わせられるランドセル。ランドセル形状に沿って光る機能も好評です。

    商品詳細

  3. 3位 防水クラリーノ
    防水クラリーノ 	アースブルー×シルバー
    【メーカー】池田屋
    【価格】¥58,000(税込)
    【主素材】クラリーノ

    光沢を抑えてマットな質感を演出したランドセル。黒だけでなく「紺」や「アースブルー」の評判もよい。

    商品詳細

【プチ解説】

男の子に人気があるランドセルは、耐久性に優れた素材を使ったシンプルなスタイル。

カラー選択は、ブラックの比率が7割。ステッチやパイピングに挿し色(ブルー)を使うのがトレンド。

ランドセル選びのチェックポイント

ランドセル選びの注目点

①素材の違い

牛革と人工皮革(クラリーノ)は、硬度・ハリ・重量が異なります。まずは説明用に撮影した写真をご覧ください。

牛革とクラリーノランドセルの違いを確かめる方法

1つめは、硬さの違いが分かる写真。
革を同じ力で押すと、牛革はほとんど凹みませんが、人工皮革は簡単に凹みます。

グラシア(ラベンダー)の牛革とクラリーノを比較 かぶせのハリ具合

2つめは、ハリの違いが分かる写真。
左側の「牛革」は一定形状を保ちますが、右側の「クラリーノ」は大きく垂れ下がります。

②重さ

ランドセル重量は「素材×大きさ」で、ほぼ決まります。同じ大きさのランドセルの場合、素材が変わることで100~300g程度変化します。

人工皮革(1,200g前後)
最軽量を求めるなら人工皮革。聞きなじみのある「クラリーノ」も人工皮革の一種で、加工しやすくデザインバリエーションも豊富です。
牛革(1,400g前後)
風合い(革の表情)を求めるなら牛革。引き裂き強度(丈夫さ)にも優れているため、昔からランドセル素材に利用されてきた素材です。
コードバン(1,500g前後)
馬のお尻からとれるコードバンは、滑らかでキメ細かい質感が特徴。そのうえ強度は牛革の2~3倍あり、ランドセルに適した最高級素材です。

最近は軽いランドセルが人気で、牛革(カブセ)と人工皮革(本体)を組み合わせた「ハイブリッド型ランドセル」や、ナイロンやポリエステル素材を利用した「ランドセル型リュック」も注目されてます。

③サイズ

メイン収容の「横幅」と「マチ幅(奥行き)」が、チェックポイントになります。

横幅は「A4フラットファイル対応(内寸:23cm以上)」サイズ。主力メーカーの最新モデルなら、全て対応しています。
これから探す人は「マチ幅(内寸:12cm以上)」を気にしてください!

大マチ幅は12cm以上を推奨

近年の小学生は荷物が増えています。ランドセルに余裕があれば、手ぶらで通学できます。

  • 学習教材の増加
    (直近4年間で約1.7倍)
  • タブレット端末
    (2022年から全国導入)
  • 水筒
    (コロナ対策で必須化)

④耐久性

「軽くて大きいランドセル」は、強度がないと型崩れします。それを防ぐのは、ランドセル内部の芯材。見えない部分ですが、非常に重要です。

【ランドセル大型化の影響】

① A4フラット対応で横幅拡大
 (標準規格が22→23cmへ)

② 教材が増えてマチ幅(奥行)拡大
 (標準規格が11→12cmへ)

③ ランドセルの大型化
 (重くなる)

④ 小学生の腰痛・肩痛が発生

⑤ 背負う機能が重視される

⑤背負いやすさ

各社(土屋鞄・鞄工房山本・池田屋・セイバン・フィットちゃん・ふわりぃ)の背カン&肩ベルトを比較した写真

背負い心地に影響を与えるのは「肩ベルト」と「背あて(背中のクッション)」。
これらが良いものだと、数値的に重いランドセルでも軽く感じます。各社の技術力に差が出るところ。

⑥安全性能

安全機能の説明図

  1. 安全ナスカン
    一定以上の負荷で外れる仕様のナスカン。巻き込み事故を防げます。
  2. 反射材
    車のライトに反射する素材。子供の存在をドライバーに知らせます。
  3. Dカン
    防犯ブザーを取り付ける金具。左利きの場合は右側に装着します。

⑦学習院型とキューブ型の違い

ランドセル側面に「ヘリ」があるスタイルを「学習院型」。「ヘリ」なしは「キューブ型」と呼びます。

  学習院型(ヘリ有) キューブ型(ヘリ無)
写真

モギカバン プリズミックス 学習院型

モギカバン プリズミックス キューブ型

特徴
  • 伝統的スタイル
  • 昔から見慣れている
  • 本体の傷を防げる
  • 10年前から登場
  • コンパクトに見える
  • ヘリの分だけ軽量化
タイプ わんぱくな子におすすめ!
周囲のヘリが本体を保護して、ランドセルの耐久性が延びる。
小柄な子におすすめ!
同サイズなら、キューブ型のほうがコンパクトに見える。

※写真:モギカバン「プリズミックスシリーズ」

⑧全かぶせと半かぶせの違い

一番目立つ「かぶせ」にも2種類あります。それぞれの特徴をまとめました。

  全かぶせ 半かぶせ
写真

池田屋 防水牛革プレミアム 全かぶせ

池田屋 防水牛革プレミアム 半かぶせ

メリット
  • 一般的スタイル
  • おしゃれ
  • 特別感
  • 軽量化
デメリット
  • 特になし
  • 錠前周辺にスレ傷がつく
  • ランドセルカバーの種類が少ない

※写真:池田屋「防水牛革プレミアム」

⑨人気がある色

女の子はバラエティ豊か。赤系の人気は根強いですが、「ラベンダー」や「ブルー系」を選ぶ子が増えています。

【女の子の人気カラー】

  1. ピンク・赤系 🔴・・・32%
  2. ラベンダー・紫系 🟣・・・28%
  3. みずいろ・青系 🔵・・・17%
  4. キャメル・茶系 🟤・・・13%
  5. その他 ・・・10%
    (ベージュ・白・淡いグリーンなど)

男の子は大多数がブラック。黒で統一された「オールブラック」や「黒×青」のコンビカラーが人気です。

【男の子の人気カラー】

  1. ブラック・黒系 ●・・・70%
  2. ネイビー・青系 🔵・・・15%
  3. ダークブラウン・茶系 🟤・・・10%
  4. モスグリーン・緑系 🟢・・・4%
  5. その他 ・・・1%
    (シルバー・ゴールド・赤など)

⑩メーカー選び&購入場所

販売量が多いのは「セイバン」や「フィットちゃん」。ランドセルを子供へのプレゼントと考えている家族は、工房系ランドセルを選ぶ傾向が強いです。

【人気ランドセルの傾向】

  • 価格・・・6~7万円
  • デザイン・・・シンプル系
  • 女の子の色・・・赤以外へ分散
  • 男の子の色・・・黒が中心
ランドセル購入ステップ
  1. カタログ請求(5~7社)
  2. ランドセル下見(2~3社)
  3. 家族会議(最終選考)
  4. 公式HPから購入

対面販売に弱い人は、販売店や展示会で即決しては駄目。
自宅に帰り心を落ち着かせ、それでも良いと思ったら、メーカー公式HPから注文すればOK。

公式HPから買えば、メーカーに購入履歴が残るので、6年間のアフターフォローが万全。さらに、各メーカー独自の「早期割引特典」や「プレゼント企画」が用意されているケースもあります。

もうすぐ特典終了
  • 《 7/31(水)まで 》
     ふわりぃ(超早割 15%割引)
  • 《 7/31(水)まで 》
     フィットちゃん(お名前プレートプレゼント)

ラン活スケジュール

ラン活状況を知りたい!

昨年のラン活レポート

「いつからランドセル選びを始めたらいいの?」というリクエストにお応えして、昨年(2023年)のラン活状況を振り返ってみました。

《ラン活動向》
1月
カタログ到着
資料請求しておいたメーカーから自宅にカタログが到着。新作モデルの発表&展示会も開催されます。
2月
大手メーカーが販売開始
業界大手メーカー(セイバン・フィットちゃん)が、2月前半に販売スタート。このタイミングで、前年モデルを正規ルートで買うことが困難になります。
3月
展示会が活況
展示会が盛り上がり、早期特典を利用してランドセルを購入する人が多い印象。デザインや色の選択肢が豊富なタイミングです。
4月
売り切れ発生
限定デザインや人気カラーで、売り切れが発生。SNSや口コミで話題になっている商品は、この時期までに決断しましょう。
5月
ラン活ピーク
GWを中心にランドセル売り場が盛り上がります。店舗が混みあうので、平日にゆっくり見るのがおすすめです。
6月
トレンドが明確に
2024年モデルの売れ筋が明確化。女の子は紫系、男の子はブラックに人気が集中。ナイロン系ランドセル(通称:ランリュック)も注目されている。
7月
特典&早割が終了
いちばんお得な「特典&早割」が終了。メーカーによっては、第2弾・第3弾と続くものの、その後のインパクトは薄れていく。
8月
アウトレット開始
セイバン・ふわりぃがアウトレットセールを開始。3年前の型落ち品は最大60%割引。ランドセル争奪戦の様相。
9月
一部の工房系が完売
黒川鞄・羽倉などのランドセルが完売。前年度この時期に完売だった土屋鞄は、引き続き販売継続。
10月
在庫が減少
百貨店やショッピングモールで、ランドセル売り場が縮小。デザインや色の選択肢が極端に少なくなる時期。
11月
アウトレット第2弾
展示品・訳あり在庫の最終セール。ここまで待てば安く買えますが、商品点数は非常に限られます。
12月
メーカー各社は来期の情報をリリース
ランドセル商戦は終わり、来期の新情報が出てくる時期。この時点で未購入の場合、入学式に間に合わない可能性が出てきます!

今年の予想 「いつ買えばいいの?」

ランドセルの売り切れには時差があります。例年の傾向と対策をまとめたので、参考にしてください。

完売発生タイミング
  • 馬革・・・4月初旬
  • 工房系(人気モデル)・・・4月下旬
  • 牛革・・・6月
  • 人工皮革(人気カラー)・・・7月
  • 人工皮革(人気モデル)・・・8月

馬革(コードバン)は、4月までに購入しましょう。どこのメーカーでも良質な馬革を確保できず、生産本数が限られてます。

人工皮革(クラリーノ)は、焦らなくても大丈夫。夏休み前までは品数豊富。ただ「限定カラー」や「限定モデル」は例外です。

オーダーメイドは、各メーカーの独自ルールをチェック。例えば「先着〇〇本まで」「〇〇月まで〇〇%割引」など。購入タイミングを見計らってください。

注意事項

ランドセルの販売時期は年を追うごとに早期化しています。長男・長女の時(3年前)とは、スケジュール感が違うと考えてください。人気商品の売り切れは早く、追加生産はありません。

【参考記事】
ランドセルいつ買う? 夏までに購入がベストな理由

業界マップ&トレンド情報

どのブランドがいいのかな?

各社の評判

洋服のブランドに流行り廃りがあるように、ランドセルにも世間受けが良いブランドがあります。ラン活初期に各社の評判と棲み分けを知っておくと便利です。

①有名なブランド

人工皮革なら「セイバン」、本革だと「土屋鞄」の知名度が高いです。
セイバンが子供の負担を減らす機能性(天使のはね)をアピールする一方で、土屋鞄のセールスポイントは素朴さ(クラシカルスタイル)
方向性は違えど、どちらのブランドも世間から評価されています。この2社は興味関心の軸が異なるブランドと捉えておきましょう。

②機能性に優れたブランド

メーカー系大手の「フィットちゃん」と「ふわりぃ」が筆頭候補にあがります。工房系の「池田屋」も、実用性が高く評判がいいです。
収容力や背負う機能だけでなく、後から買い足せる便利な付属品(チェストベルトや汗取りパッド)があると助かります。

③デザイン力があるブランド

最近のトレンドはシンプル系が人気。ただシンプルといっても、細部のこだわり&上質な仕立ては必須。
その流れから工房系の「鞄工房山本」や「モギカバン」の評価が高まっています。
オーダーメイドに力を入れている「羽倉」や「ララちゃん」も面白い選択となるでしょう。

「メーカー」と「工房系」の違い

工房系って何?

結論から先に伝えると、明確な区分はありません。それでも「メーカー系」や「工房系」という言葉を聞くと思うので、ここで一応整理しておきます。

  メーカー系 工房系
主素材

人工皮革
(クラリーノ)

本革
(牛革・コードバン)

製法

工業用ミシン

手縫い&ミシン

機能

先進的

保守的

デザイン

豊富なバリエーション

シンプル・クラシカル

生産量

多い

少ない

価格

中価格帯
(4~7万円前後)

中~高価格帯
(5~10万円前後)

販売

自社・量販店

自社

ブランド
  • セイバン
  • フィットちゃん
  • ふわりぃ
  • 土屋鞄
  • 池田屋
  • 鞄工房山本

失敗を防ぐ知恵

失敗理由(ワースト4)

「ランドセル選びで、入学後に後悔したことは何ですか?」という質問を、小学校1~3年生のママに聞きました。

【失敗理由】

  1. もっと大きなランドセルが良かった
  2. 重くて背中が痛くなる
  3. 派手過ぎて浮いている
  4. 安物で型崩れしだした

続いて「ランドセルを選んだのは誰ですか?」という質問。

【決定者】

  1. 子供(76%)
  2. 母親(16.1%)
  3. 父親(6.7%)
  4. 祖父母(0.4%)

「子供が背負うランドセルだから本人に選ばせてあげよう」という気持ちは分かりますが、親がしっかり見てあげないと後々後悔する事が多いようです。

ランドセルの価格相場

購入金額分布表

最多ランドセル価格は6万円台(全体の39%)。前後の価格帯(5~8万円)まで含めると、約8割のボリュームゾーンを形成します。

【ランドセルの相場】

  • 平均購入金額は6万円台
  • 4万円以下で買う人もいれば、その2倍以上払う人もほぼ同数いる

買ってはいけないランドセル

雨の日のことも考えておいてね

変なランドセルを購入してしまうと、子供のスクールライフを台無しにしかねません。重要度が高い項目から順番に並べたので、心の片隅に記憶しておいてください。

生地素材が「合成皮革」だと劣化が早い

素材が「合成皮革」のランドセルは避けてください。合成皮革は、下地となる布にポリウレタン樹脂をコーティングしているだけ。新品の時は違和感を感じませんが、数年経つと表面劣化してきます。激安系(中国製など)ランドセルは、「合成皮革」を主素材に利用してるケースが多いです。

ボロボロになった合成皮革

ちなみに、ランドセルの素材としてよく聞くクラリーノは「人工皮革」。下地となる布が、立体的に絡み合った不織布です。名前は似てますが「合成皮革」と「人工皮革」は、全く別物なのでご注意ください。

  • 中国製ランドセルは注意して
  • 「合成皮革」と「人工皮革」は素材強度が違う

製造年月が不明なランドセルはダメ

型落ち品を探している人は製造年月に気を付けてください。
湿度の高い倉庫で長期間保管されたランドセルは、生地の加水分解(内部の繊維が崩壊してボロボロになる現象)が始まっている可能性があります。

次に紹介する2つのルールを守れば、本当にお得なアウトレット品を購入できます。

  • 2年以内に製造されたモデルを選ぶ
  • 流通在庫でなくメーカー在庫から選ぶ

メルカリ・ヤフオクだと保証がない

修理となった場合、メルカリやヤフオクのような個人転売だと保証がありません。出品者が法人であっても、数年後にその会社と連絡を取れる保証はなし。同じことは、楽天やamazon出品者にも当てはまります。

ランドセルの6年間保証

間違いない購入方法は、メーカーから直接購入すること。近所に販売店がなくても、全国各地で展示会をやっています。そこで下見をして、最終的にメーカー公式サイトから購入するのが安心です。

  • アフターフォローを考えて
  • メーカー公式サイトからの購入が安心

容量不足(サイズが小さい)ランドセルは後悔する

入学後アンケートによると、容量不足はランドセルの後悔ポイントNo1です。
特に雨の日。傘を持った状態でサブバッグまで加わると、体のバランスが崩れます。怪我や事故につながりかねません。

黒川鞄のランドセルと土屋鞄のランドセルを隣り合わせにした写真(側面)

最近はタブレット端末も加わり、小学生の荷物は増える一方。収容力があるランドセルは、入学後の満足度が高いです。

  • 小学生の荷物は多い
  • デザインだけでなく実用面も考えよう

キャラクター柄デザインは飽きるけど・・・

  • キティちゃん
  • 妖怪ウォッチ
  • すみっこぐらし
  • 鬼滅の刃

キャラクター系ランドセルは必ず飽きます。親としては極力避けたいアイテム。

どうしても子供が譲らない場合は購入してください。 その狙いは、小学1年生を楽しい気分でスタートさせるため。子供の通学カバンなので、本人が気に入ったランドセルが一番良いと考えています。

高学年になり「このランドセル恥ずかしい」と言い出したら、子供の心が成長した証。親は大らかな気持ちで見守ってあげましょう。

  • キャラクター系は飽きる
  • 親は大らかな気持ちで見守る

販売現場のQ&A

水色のランドセルを買ったんだ。素敵でしょ。

私がランドセル販売に関わり10年が経ちました。よくいただく質問に回答いたします。

いつまでに買えばいいですか?

牛革は6月まで、人工(クラリーノなど)でも7月までに買うのがオススメです。

大型ショッピングモールに行けば、年間通してランドセルを販売してますが、9月以降は売り場面積が半減します。

さらに秋になると、各社の「早割キャンペーン」も終わります。売れ残り「くたびれた展示品」を、定価で買う羽目になりかねません。

【参考記事】
ランドセルいつ買う? 夏までに購入がベストな理由

どこで買うのがベストですか?

メーカーから直接購入がオススメです。

【購入先分類】

  • メーカー(直営店・公式サイト)
     ※断トツおすすめ!
  • 量販店(イオン・イトーヨーカドー)
     ※割引やポイント次第ではあり
  • 百貨店(高島屋・三越伊勢丹)
     ※限定モデル狙いならあり
  • 鞄屋(地元のお店)
     ※選べる商品が限られるデメリット
  • 通販ショップ(楽天・Amazon)
     ※流通在庫をつかまされる懸念
  • 転売サイト(ヤフオク・メルカリ)
     ※メーカー保証の対象外

おしゃれなランドセル売り場

【メーカー直接購入のメリット】

  • 妥当な値段
    ※流通マージンをカット
  • 品質管理
    ※店頭展示品は販売しない
     (販売する時はアウトレット対象)
  • 入学後のアフターフォロー
    ※転勤族は全国展開している大手が安心
色を決めきれません。
どうしたらいいですか?

登下校の時間帯を見計らい、通学予定の小学校へ行ってみることをおすすめします。

在校生のランドセルが赤と黒ばかりの学校だと、水色やパープルは目立ちます。その一方で、カラーがばらけていれば、好きな色を選んで大丈夫でしょう。

ネイビーのワンピースに黒いランドセルを背負った女の子のコーディネート

ついでに小学生のコーディネート(洋服とランドセルの配色バランス)も、確認してみると面白いです。

例えばピンクが大好きな女の子は、当然ピンクのランドセルを選ぶでしょう。そしてクローゼットのお洋服も全部ピンク。
ただそうなると、全身ピンクのパー子さんが出来上がり。お洋服がピンクなら、ランドセルは少し濃い赤にしたほうがバランスは良いはずです。

【参考記事】

ランドセルカバーは必要ですか?

防水対策の観点からは、ランドセルカバーは不要です。今のランドセルは、生地素材に十分な防水・防汚対策がほどこされてます。

それでもランドセルカバーをつけている子が多いのは、ファッション的要素が強いです。 透明カバーは、擦り傷を防止してランドセルをきれいに保っておくため。カラフルなカバーは、おしゃれが目的。

ランドセルのデザインを簡易的に変えることで、気分転換にもなるようです。

前ポケットに何を入れますか?

【定番】

  • ティッシュ
  • ハンカチ
  • 集金袋
  • 家の鍵

収容力に余裕があれば、ハンカチはハンドタオルのほうが便利だし、他にも入れておきたいモノは結構あります。

【雨の日対策】

  • レインコート
  • 雨用カバー
  • 替えの靴下

【あると安心】

  • 予備マスク(コロナ対策)
  • 生理用品(高学年になると)

前ポケットの形状は、下の比較写真のように2種類あります。

土屋鞄と黒川鞄の前ポケットを比較した写真

【前ポケットの形状】

  1. クラシカルタイプ(左)
    横一直線のファスナーで厚みがない
  2. ラウンド型タイプ(右)
    ファスナーが大きく開き収容力がある

子供が使いやすいのは、説明するまでもなくラウンド型タイプ。ただデザイン的にクラシカルタイプに惹かれる人も結構います。

前ポケットの内側に鍵を引っ掛けるフックが付いていると便利です。鍵の紛失を防げるうえに、目立たないからです。
肩ベルトに装着する「カギリターンズ」は、防犯上好ましくありません。鍵っ子であることを、知らせて歩いているようなものです。

安全・防犯対策の注意点は?

全ての荷物をランドセルに収納して、両手が空いた状態で通学するのが理想です。手ぶら通学は自動車の巻き込み事故だけでなく、水筒を振り回してお友達に怪我を負わせるようなアクシデントも未然に防ぎます。

ランドセルの機能としては、反射材も有効です。反射材をデザインとして活用するランドセルが増えてます。

【参考記事】
光るランドセルはどれがいい?

反射材が装着されていないランドセルを選ぶ場合は、リフレクターや反射シールで自衛しましょう。北欧ブランドのグリミス(glimmis)が有名です。

グリミスの展示

「防犯ブザー」は、近所に不審者情報が出た時に頼りたくなるアイテム。左利きの場合は、右側肩ベルトのナスカンへ装着するのが正しい位置。たまに左利きを無視しているランドセルがあるので、注意深くチェックしましょう。

GPS機能が付いた「防犯ブザー」もあります。キッズケータイを持たせるにはまだ早い(学校が禁止している)ケースに有効です。低価格で人気のある「GPS BoT」や、緊急時に警備員が直行する「ココセコム」が候補になります。

半かぶせランドセルでも大丈夫?

半かぶせランドセルは、デザインを気に入っても躊躇する人が多いです。

キャメルの半かぶせランドセル

【懸念点】

  • 交通安全カバー問題
  • すぐに飽きるのでは
  • いじめにあいやすいのでは
  • 他の子と違うことによるデメリット

これらの問題については、次の記事で詳しく解説しています。

【参考記事】
半かぶせランドセル特集

タブレット収納は必要ですか?

現時点では、タブレット専用ポケットがあるランドセルは少数です。
それなので「とりあえず収容力(マチ幅)があるランドセルを選んでおけば間違いない」という回答になります。

【参考記事】
タブレット対応ランドセル特集

軽いランドセルがベストですか?

開口部の芯材を確認

子供の為に「1gでも軽いランドセルを探す!」というのは間違いです。ランドセル自体は重くても、背負う機能が充実していれば、負担は軽く背負いやすく感じます。

軽く感じるランドセルを見つけるコツは、「強度設計」「肩ベルト」「背カン」に注目してください。

【参考記事】
軽いランドセルが背負いやすいではない! 軽量化の罠

ナイロン製ランドセルはどう?

近年のトレンドとして「ナイロン製ランドセル」(通称:ランリュック)を検討する人も増えてます。

知名度があるのは、モンベル(ワンパック)・ファミリア(エアラン)・NuLAND®(ニューランド)など。さらに、イオンやニトリからも発売開始となり、バラエティ豊富な展開となってます。

ランドセルとリュック 何が違うの?

いずれも「ランドセルみたいなリュック」が特徴ですが、各社の商品力に大きな差があります。

ランドセル寄りの商品はハイスペックで高価格。リュック寄りの商品はロースペックで低価格な傾向です。

注意点は、ランドセルのように6年間保証を約束するメーカーが少ないこと。入学後も含めて総合的に判断しましょう。

【参考記事】
ナイロン製ランドセルリュック(ランリュック)特集

ランドセル候補を絞り込むには?

3段階の検討プロセスをおすすめしています。

【選ぶ順番】

  1. 革素材(クラリーノ・牛革・コードバン)を決める
  2. メーカー(ブランド)を絞り込む
  3. デザイン&色を選択する

予算に大きく影響する「革素材」と「メーカー」は、親が絞り込むのがベスト。子供には「デザイン&色」を選ばせてあげましょう。そうすることで、家族全員の納得感を得られやすいです。

実物確認は必要ですか?

カタログだけでは伝わらない、ランドセルの質感を確かめてください。

とはいえ3~6月頃まで、週末のランドセル売り場は大変混み合います。子連れでゆっくり説明を聞くことは無理。平日に親が下見をしておくのがおすすめです。

ランドセルショールーム

【親がやること】

  1. ランドセルを選ぶ基準をみつける
  2. メーカー候補を絞り込む
  3. 優先順位をつける

決断できないままズルズル購入時期を先延ばしすると、人気ランドセルは売り切れてしまいます。口コミに振り回されることなく、自分の価値観で選びましょう。

【参考記事】
ラン活マップ【ランドセル店舗&展示会情報】

背負ってみても分からない。
早生まれで小柄の場合、入学直前まで待つべきか?

5~6歳の子供は、骨格&筋力がぐんぐん成長する時期。1年たてば、背負い心地も変わります。

それなので少しでも成長してから、ランドセルを選びたい気持ちは分かりますが・・・

子供の成長

入学直前まで待ってしまうと、入学式に間に合うランドセルは非常に少なくなります。(受注生産体制が増加しているため)

不安かもしれませんが・・・
色やデザインを選べる時期に購入するほうが、子供の満足度は高いと思います。

卒業後にリメイクしたい。
事前に気を付けておくことは?

リメイクは、6年間使ったランドセルを解体して再加工になります。強度のある「コードバン」や「牛革」がベストです。
人工皮革はリメイクNGな場合もあります。6年後の保存状態だけでなく、革素材に左右されがちです。

ランドセルをリメイクした筆箱とキーホルダー

【リメイク後のアイテム】

  • ミニランドセル
  • ペンケース
  • キーホルダー
  • お財布
  • オルゴール
  • 時計
  • 手帳
  • パスケース

2025年入学のラン活情報!

【メーカーの動向】

  • 2024年1月・・・新作発表
    ※展示会開始&HPリニューアル
  • 2024年2~3月・・・販売スタート
    ※年々スタートが早まってます
  • 2024年4月・・・販促ピーク
    ※各メーカーの早割&特典が出揃う

ランドセル選びの第一歩は、メーカーへのカタログ請求。既に2025年モデルのカタログが、自宅に届いてます。

≪確認事項≫
  • 商品ラインアップ
  • 販売開始日
  • 展示会情報
  • 特典情報(プレゼント&早割など)

メーカーによっては、カタログと一緒に「革見本(サンプル)」も同封してくれます。素材の違いを知るのに便利です。
各社の「小冊子&革サンプル配布」は数量限定。なくなり次第終了なので、早めに資料請求しておきましょう。

人気メーカー
カタログ請求先リスト

【豆知識】ランドセルの歴史を知ると「ランドセルの選び方」が分かる!

【ランドセルの歴史】

江戸幕府が洋式軍隊を作った時、オランダから輸入されたのが「布製背のう」。これがランドセルの起源です。「背のう」の特徴は、収容力があるだけでなく両手が空くこと。機動力を確保できるので重宝されました。その後、帝国陸軍(明治時代)でも採用されます。

その利便性に目を付けたのが伊藤博文。皇太子(後の大正天皇)が学習院初等科へ入学する時、「本革の背のう=ランドセル」をお祝い品として献上。その箱型スタイルが「学習院型ランドセル」と呼ばれ、ご子息の通学カバンとして広まりました。

現在にいたるまでランドセルは進化を続けています。ただ「収容力があり動きやすいカバン」というキーコンセプトは不変。

「どのランドセルがおすすめですか?」と聞かれた時は、この原点に立ち戻ってアドバイスをしています。