2025年度のラン活

2025年入学者のラン活状況

2025年度入学者のラン活

[PR]

2025年モデルのラン活がスタート

3月下旬に全てのメーカーが「2025年モデル」へ切り替わりました。「ラン活はいつから始めればいいの?」と聞かれたら、次のようなスケジュールだと回答してます。

  1. 2~4月・・・資料請求
  2. 3~5月・・・展示会&店舗で下見
  3. 4~7月・・・ランドセル購入

ランドセルを買う最適な時期は、年中から年長に上がる時期です。
「入学する1年前に買うの!」と驚く人もいますが、できる限り早めに購入することをオススメします。

【早く買うメリット&デメリット】

メリット
  • 早割や特典を利用できる
  • 種類&デザインが豊富
  • 売り切れ前に人気モデルを買える
デメリット
  • 焦る気持ち
  • 成長前の身体に合わせずらい
  • 子供の好みが変わる可能性

早く買うデメリットはあります。身体が小さい子(特に早生まれ)には、ランドセルが大きすぎて滑稽に見えてしまうかもしれません。

でもそれを上回るメリットのほうが大きいと思います。その最大の理由は、早く買うほどランドセルの選択肢が豊富だから。
さらに2025年モデルに関しては、各社大手メーカーが「早割&特典終了日」を、昨年より1ヵ月前倒しで進めていることも気をつけましょう。

「年長」の春に買うための準備

ランドセル選びは家族イベント。お互いの気持ちを確認しあう事からスタートです。

  1. 誰が買う?
    祖父母に買ってもらう場合は注意すべきです。母方と父方でトラブルになる事もあるので、十分な配慮と根回しが必要です。
  2. 予算は?
    ランドセルの最多価格帯は5~7万円台です。ただ高級品は10万円以上するし、激安品は2万円以下でも買えます。値段の違いを理解しないと購入に踏み切れません。
  3. 何が大事?
    機能性(軽さ・丈夫さ)・見た目(色・デザイン)・ブランドなど、ランドセルを選ぶ基準を決めましょう。夫婦でもっとも意見が割れるところです。
  4. 革の種類は?
    本革(牛革・コードバン)から選ぶなら工房系、人工皮革(クラリーノ)ならメーカー系を主軸に、ランドセルを選ぶことになります。

「カラー展開」と「売り切れ」の関係

昨今のランドセルは、カラー展開&デザインが、とても豊富です。 消費者にとって嬉しいことですが、「多彩なバリエーション」は「早期に売り切れ」が発生する原因の一つです。

なぜならば、少子化でランドセル全体の売上件数が減少しているにも関わらず、メーカーは商品点数を増やしているからです。

つまり商品点数当たりの生産量は減少しているので、少し需要を読み間違えると欠品になりやすい状態なのです。

【女の子の人気カラー】

  1. ピンク・赤系 🔴・・・32%
  2. ラベンダー・紫系 🟣・・・28%
  3. みずいろ・青系 🔵・・・17%
  4. キャメル・茶系 🟤・・・13%
  5. その他 ・・・10%
    (ベージュ・白・淡いグリーンなど)

【男の子の人気カラー】

  1. ブラック・黒系 ●・・・70%
  2. ネイビー・青系 🔵・・・15%
  3. ダークブラウン・茶系 🟤・・・10%
  4. モスグリーン・緑系 🟢・・・4%
  5. その他 ・・・1%
    (シルバー・ゴールド・赤など)

2025年モデルの人気色は、女の子は「赤系」から「紫系」へ、男の子も「黒系」から「青系」へ徐々にシフトしています。
さらにグレーがかった「くすみカラー」や、異なる色を組み合わせる「バイカラー」を選ぶ人も増えてます。

親子で「ラン活」を楽しむコツ

親子でラン活を楽しむ

子供はランドセルを楽しみにしています。だから子供と一緒に選んで、子供が気に入る商品を買ってあげるのが一番です。

とはいえ、いきなりランドセル売り場に行き「好きな商品を選んでいいよ」という買い方はNGです。ランドセルの値段差は、入学後の「使い勝手」や「耐久性」にも影響を及ぼします。

5~6歳の子供は「色」と「デザイン」しか興味がないので、機能的なところは親がしっかり見極めなければなりません。

メーカーを絞り込むのは親の役割

親がメーカーを絞り込む

全国には100社以上のランドセルメーカーがあります。
片っ端から調べると「ラン活の沼」にはまるので、ある程度調べたら「ランドセル選びの基準」を明確化する方向へ、頭を切り替えたほうが良いです。

そんな時に「ランドセルカタログ」が役立ちます。各メーカーの特徴を手っ取り早く捉えられるツールなので、先入観を持たずにたくさん取り寄せるのがおすすめです。

2025年度のカタログを活用する

自宅にカタログが届いたら、3ページ目までの訴求ポイントに注目。

紙面では各社がアピールしたいことを順番に伝えています。5~6社のカタログを眺めると、ランドセル選びのポイントが浮かび上がってきます。

  • メーカーコンセプト
  • 背負い心地
  • 軽量化
  • 大容量
  • 保証制度

子供にも「どれがいい?」と聞いてみましょう。色やデザインの好みを把握できます。

カタログを見る親子

人気メーカーのカタログ請求

【池田屋】
子供には「オリジナル絵本 📕」・ママには「STUDY BOOK 🔖」をプレゼント中(先着順)

【Rikomon】
豊岡鞄の新ブランド。昨年登場した「ランドセル型リュック 🐣」が注目を集め、シーズン前半で完売しました。

【水野鞄(ハネッセル)】
肩ベルトの長さを38段階調節できるランドセル。カタログ請求で「割引クーポン 💰」を貰えます。

【フィットちゃん】
分厚い肩ベルト「楽ッション」が好評。メルマガ登録で「チェストベルト(2,750円相当)🎒」をプレゼント!

【鞄工房山本】
カタログに同封される「笑顔とランドセル 😄」(入学体験談をまとめた小冊子)が好評。

【ふわりぃ】
軽いランドセルを作る人気メーカー。「割引クーポン 💰」含む10大特典をGETしましょう。

祖父母からの援助を期待できる人は、ランドセルトークのきっかけとして、カタログを活用してます。祖父母との意思疎通を図るだけでなく、予算感も伝えられて便利です。

またカタログを取り寄せたら、各メーカーが実施しているサービス内容もチェックしましょう。

  • イベント
    (ワークショップ・プレゼント企画など)
  • 割引
    (期間限定の割引情報)
  • 展示会
    (追加開催はメールでお知らせ)
  • レンタル
    (購入前の貸出しサービス)
  • アフターフォロー
    (無償修理の対象範囲・修理期間中の代替ランドセル貸与など)

煽られない冷静な心も必要

「ラン活市場」は常にやや過熱気味で、一部のランドセルに注文が集中する傾向にあります。

例えば昨年は「ランドセルが重い問題」がテレビで取り上げられた後、軽いナイロン製ランドセルが「次世代の新しいランドセル」と注目されて、かなりの数量が売れました。

今年もその流れは続き、いままでランドセルを作っていなかったメーカーの新規参入が増えてます。なかには負担軽減機能がない「軽いだけのリュック」を通学用として販売している商品も存在します。そのようなご時世なので冷静な判断力が求められます。

毎年4月になると、テレビや雑誌でラン活の話題が取り上げられます。それをきっかにラン活を始める人が多ですが、それだとちょっと遅いです。

その頃の店舗や展示会はとても混雑しているうえに、特典終了や売り切れ情報に翻弄されがち。そうなると、商品内容を吟味することがないまま「ランドセルを買わされた感」が残ってしまうでしょう。

少しずつ情報収集して、子供に最適なランドセルを見つけてあげてください。