鞄工房山本のランドセルを評価

最新ニュース

①5/10までの展示会は中止
(新型コロナウィルスの感染拡大防止のため)

②キャッシュレス決済のポイント還元へ対応

2021年モデル情報

【販売開始日】2020年4月2日(木)~
2021年モデルのカタログ請求を受付中。

カタログ請求フォーム

鞄工房山本の特徴

≪特徴≫
  • デザイン性が高い
  • 裁断面のコバ塗は高級感がある
  • 本革だけでなく人工皮革も売れている

工房を見学

鞄工房山本 工房の入り口

奈良の工房を訪ねてきました。場所は橿原神宮前駅から車で約15分。自然と歴史を感じながらのドライブです。本社兼ショールームの入り口は、古民家を改築した立派な門構え。近接するランドセル工房には、樹齢400年を超えるクスノキがそびえ立っていました。

鞄工房山本 革の型入れ

ランドセル作りの肝は、パーツの型をとる作業だそうです。職人さんは、革の特性や繊維を見極めて型どりしていきます。
具体的には、「牛のお尻は硬くて丈夫だけど、お腹は柔らかい。だから適材適所で使っている。」と教えてもらいました。さらに革の裏側からも、血筋や傷の跡を確認します。そのような部位は、薄く加工するパーツには使えないのではじくそうです。

鞄工房山本 コバ塗の機械

これは鞄工房山本の特徴である「コバ塗」の機械。裁断面を磨きながら、下塗り・本塗り・仕上げ塗りとニスを塗り重ねていきます。

鞄工房山本 コバ塗後の乾かし工程

コバ塗機の後方ラックに焦点を合わせてみました。このラックでニスが乾くのを待ちます。かなり手間と時間がかかる作業ですが、職人さんは美しいコバを仕上げることに夢中でした。

鞄工房山本 背あての取り付け工程

背中には硬さの違う2種類のウレタンフォームが入っています。それによって通気性と背中の負担軽減に効果があるそうです。
「持ち手」をつける場合は、このパーツと一体化させて強度を確保します。簡易的に後付けできるオプションではないため、「持ち手」のオプションは、早期注文者だけの対応になっています。

鞄工房山本 前ポケットのマチが広がる様子

小物や貴重品を入れるのに便利な前ポケットの写真です。これだけ広がるマチが付いていれば、十分な収納力を得られます。さらに出し入れしやすいように、手前に8cmも開く仕様になっています。

鞄工房山本 前ポケットの取り付け工程

小マチに前ポケットを取り付けたところです。小マチはあらかじめ幅広になっているボックス型。
収納の開口部は、ほんの少し丸みがあります。ゆるやかな曲線は、物を取り出しやすくする工夫だそうです。

鞄工房山本 パーツ取り付け工程

ここは「カシメ」などのメタルパーツを取り付けていく工程。「ガシャン!」「ガシャン!」と工房内で一番大きな音を立てていました。

鞄工房山本 ランドセルの最終検査前

まとめ縫製を終えたランドセルが所狭しと並んでいます。この後、作業中についたノリやミシン油を丁寧に拭き、肩ベルトを取り付ければ完成です。

ちなみにこの工房は、申し込めば誰でも見学可能。職人さん達も笑顔で対応してくれ、とてもオープンな印象を受けました。

口コミで評判の良いモデル&値段

男女共通モデル

【アンティークブロンズ】

■価格:¥67,900(税込)
■重量:約1,370g
■内寸:高さ(約31cm)幅(約23.3cm)奥行き(約12cm)
■外寸:高さ(約33cm)幅(約25.8cm)奥行き(約20.5cm)

≪素材≫

  • [本体] 牛革(一部に人工皮革)
  • [背中・肩ベルト裏] 人工皮革
  • [カブセ裏・内装] 人工皮革/合成皮革
  • [カブセ] コバ塗り

鞄工房山本 アンティークブロンズ 黒

鞄工房山本 アンティークブロンズ キャメル

≪カラー≫

  • モスグリーン
  • ワイン
  • キャメル
  • オレンジ
  • マリンブルー

≪コメント≫

アンティークブロンズは、鞄工房山本のベーススタイル。この形状を気に入れば、山本でのランドセル選びを楽しめるでしょう。
飾り気のないシンプルなデザインだからこそ、端正なコバ塗、極太ステッチ、オリジナル金具が際立っています。

「アンティークブロンズ」
(牛革)

2021モデルから同じ形状の人工皮革モデル(59,900円)が登場しました。カラーは「黒」「モスグリーン」「キャメル」「マリンブルー」の4色に絞られます。

「アンティークブロンズ・ノイ」
(人工皮革)

【男の子】ランドセル

(女の子向けへスキップ)

1位【オックスフォード】

■価格:¥74,900(税込)
■重量:約1,370g
■内寸:高さ(約31cm)幅(約23.3cm)奥行き(約12cm)
■外寸:高さ(約33cm)幅(約25.8cm)奥行き(約20.5cm)

≪素材≫

  • [本体] 牛革(一部に人工皮革)
  • [背中・肩ベルト裏] 人工皮革
  • [カブセ裏・内装] 人工皮革/合成皮革
  • [カブセ] コバ塗り

鞄工房山本 オックスフォード 紺×ウォルナット

鞄工房山本 オックスフォード 紺×ウォルナット 内装

≪カラー≫

  • 紺×ウォルナット
  • 紺×ブルー

≪コメント≫

珍しいブリティッシュスタイルのランドセル。かぶせはメダリオン(穴飾り)で装飾して、側面はブライドルレザーでアーガイル柄をあしらっています。かなり洗練されたデザインでありながら、子供の安全を守る反射材もしっかり装着されています。

「オックスフォード」の詳細

2位【レイブラック】

■価格:¥67,900(税込)
■重量:約1,370g
■内寸:高さ(約31cm)幅(約23.3cm)奥行き(約12cm)
■外寸:高さ(約33cm)幅(約25.8cm)奥行き(約20.5cm)

≪素材≫

  • [本体] 牛革(一部に人工皮革)
  • [背中・肩ベルト裏] 人工皮革
  • [カブセ裏・内装] 人工皮革/合成皮革
  • [カブセ] コバ塗り

レイブラック

レイブラックの内装

≪カラー≫

  • 黒×ブルー
  • 黒×レッド
  • 黒×ブラウン
  • 黒×ブラック

≪コメント≫

普段は見えない背中や内装もオールブラックで仕上げた男前なランドセル。もちろんコバ塗でアクセントカラーを選択できます。

「レイブラック」の詳細

3位【リベルタ】

■価格:¥79,900(税込)
■重量:約1,370g
■内寸:高さ(約31cm)幅(約23.3cm)奥行き(約12cm)
■外寸:高さ(約33cm)幅(約25.8cm)奥行き(約20.5cm)

≪素材≫

  • [カブセ] 牛革
  • [本体] 牛革
  • [背中・肩ベルト裏] ソフト牛革
  • [カブセ裏・内装] 人工皮革/合成皮革

鞄工房山本 リベルタ 紺

鞄工房山本 リベルタ 紺 内装

≪カラー≫

≪コメント≫

リベルタは、デニム調に表面加工した牛革のランドセル。そこにデザインアクセントとして、ヌメ革をあわせています。
ヌメ革と同じ色合いの内装には、小さな文字で「handmade leather products / kabankobo yamamoto」の英文字。それがクールなデザインになっており、主張しすぎない絶妙なバランス感覚を見受けます。

「リベルタ」の詳細

4位【アンティークブロンズ・カスタム】

■価格:¥67,900(税込)
■重量:約1,370g
■内寸:高さ(約31cm)幅(約23.3cm)奥行き(約12cm)
■外寸:高さ(約33cm)幅(約25.8cm)奥行き(約20.5cm)

≪素材≫

  • [本体] 牛革(一部に人工皮革)
  • [背中・肩ベルト裏] 人工皮革
  • [カブセ裏・内装] 人工皮革/合成皮革
  • [カブセ] コバ塗り

鞄工房山本 アンティークブロンズ・カスタム 黒×ブラウン

≪カラー≫

  • 黒×ブラウン
  • 紺×ブラウン
  • モスグリーン×ブラウン

≪コメント≫

派手すぎず地味すぎないデザイン。でも実はステッチや金具などの細部へ、工房の技術力が反映されているランドセル。茶色い縁取りとブロンズ金具が映えるお洒落なモデル。背負うだけで賢い子に見えてしまいます。

「アンティークブロンズ・カスタム」の詳細

5位【レイブラック・ノイ】

■価格:¥59,900(税込)
■重量:約1,240g
■内寸:高さ(約31cm)幅(約23.3cm)奥行き(約12cm)
■外寸:高さ(約33cm)幅(約25.8cm)奥行き(約20.5cm)

≪素材≫

  • [本体] 人工皮革
  • [背中・肩ベルト裏] 人工皮革
  • [カブセ裏・内装] 人工皮革/合成皮革
  • [カブセ] コバ塗り

レイブラック・ノイ

≪カラー≫

  • 黒×ブラック
  • 黒×レッド
  • 黒×オレンジ
  • 黒×ブルー
  • 黒×グリーン
  • 黒×イエロー
  • 黒×グレー

≪コメント≫

人気デザインである「レイブラック」の人工皮革バージョンです。特にキリっとした表情に見える「黒×グレー」はおすすめです。大人っぽい雰囲気の男の子に似合うでしょう。

「レイブラック・ノイ」の詳細

【男の子】2021年度ランドセル価格表

【人工皮革】

商品名 価格(税込)
ピコ ¥49,900
ルント ¥54,900
レイブラック・ノイ ¥59,900
アンティークブロンズ・ノイ ¥59,900

【牛革】

商品名 価格(税込)
アンティークブロンズ ¥67,900
アンティークブロンズ・カスタム ¥67,900
アンティークブロンズ・リベルタ ¥67,900
レイブラック ¥67,900
オックスフォード ¥74,900
リベルタ ¥79,900

【コードバン】

商品名 価格(税込)
コードバン・アンティーク ¥95,000
コードバン・レイブラック ¥95,000
オールコードバン ¥120,000
オールコードバン 夢こうろ染 ¥190,000

【女の子】ランドセル

1位【ラフィーネ】

■価格:¥69,900(税込)
■重量:約1,370g
■内寸:高さ(約31cm)幅(約23.3cm)奥行き(約12cm)
■外寸:高さ(約33cm)幅(約25.8cm)奥行き(約20.5cm)

≪素材≫

  • [本体] 牛革(一部に人工皮革)
  • [背中・肩ベルト裏] 人工皮革
  • [カブセ裏・内装] 人工皮革/合成皮革
  • [カブセ] コバ塗り

ラフィーネ

ラフィーネの内装

≪カラー≫

  • ローズピンク
  • ワイン
  • マリンブルー

≪コメント≫

ティアラのステッチとスワロフスキーが輝く気品のあるモデル。色は「ワイン」が一番人気ですが、女の子モデルでは珍しい「黒」の評判も高いです。

「ラフィーネ」の詳細

2位【コードバン・アンティーク】

■価格:¥95,000(税込)
■重量:約1,240g
■内寸:高さ(約31cm)幅(約23.3cm)奥行き(約12cm)
■外寸:高さ(約33cm)幅(約25.8cm)奥行き(約20.5cm)

≪素材≫

  • [カブセ] コードバン
  • [本体] 牛革
  • [背中・肩ベルト裏] ソフト牛革
  • [カブセ裏・内装] 人工皮革/合成皮革

コードバンアンティーク キャメル

コードバンアンティーク キャメル内装

≪カラー≫

  • モスグリーン
  • キャメル

≪コメント≫

つや消しのコードバン素材にアクセントステッチが入ったモデル。シンプルすぎるクラシカルなコードバンランドセルとはちょっと違い、品の良いおしゃれ感が漂っています。

「コードバン・アンティーク」の詳細

3位【フィオーレ・コスモス】

■価格:¥67,900(税込)
■重量:約1,370g
■内寸:高さ(約31cm)幅(約23.3cm)奥行き(約12cm)
■外寸:高さ(約33cm)幅(約25.8cm)奥行き(約20.5cm)

≪素材≫

  • [本体] 牛革(一部に人工皮革)
  • [背中・肩ベルト裏] 人工皮革
  • [カブセ裏・内装] 人工皮革/合成皮革
  • [カブセ] ヘリ巻き(※コバ塗りではありません)

フィオーレ・コスモス

フィオーレコスモス ハーバーブルーの内装

≪カラー≫

  • ローズピンク
  • ワイン
  • キャメル
  • ハーバーブルー
  • ラベンダー

≪コメント≫

ワッフルステッチにコスモスのモチーフがついた可愛らしいモデル。全体的に丸っこいデザインで統一されています。ワッフル調のステッチなら、これから始まる小学校生活を楽しませてくれそうです。

「フィオーレ・コスモス」の詳細

4位【アンジェール】

■価格:¥59,900(税込)
■重量:約1,240g
■内寸:高さ(約31cm)幅(約23.3cm)奥行き(約12cm)
■外寸:高さ(約33cm)幅(約25.8cm)奥行き(約20.5cm)

≪素材≫

  • [本体] 人工皮革
  • [背中・肩ベルト裏] 人工皮革
  • [カブセ裏・内装] 人工皮革/合成皮革
  • [カブセ] コバ塗り

アンジェール

≪カラー≫

  • ワイン
  • チェリーピンク
  • ラベンダー
  • キャメル
  • パウダーピンク

≪コメント≫

リボン柄の軽いランドセルといえば「アンジェール」。同じ軽量モデルでもっとシンプルな「ルント」と比較対照する人が多いです。人気色は「ラベンダー」「キャメル」です。水玉模様の内装はとってもキュート。

「アンジェール」の詳細

【女の子】2021年度ランドセル価格表

【人工皮革】

商品名 価格(税込)
ピコ ¥49,900
ルント ¥54,900
アンジェ―ル ¥59,900
ドゥ・ラフィーネ ¥59,900

【牛革】

商品名 価格(税込)
ブロッサム ¥59,900
アンティークブロンズ ¥67,900
グレースシルバー ¥67,900
フィオーレ・コスモス ¥67,900
ラフィーネ ¥69,900
ウィッシュ アポン ア スター ¥79,900

【コードバン】

商品名 価格(税込)
コードバン・グレース ¥95,000
オールコードバン ¥120,000
オールコードバン 夢こうろ染 ¥190,000

特徴の詳細説明

良い点

①裁断面のコバ塗

コバ塗

生地裁断面を一枚ずつ丁寧に、コバを磨いてニスを塗り重ねています。手間がかかる作業ですが、仕上がりは美しいです。伝統的な工房の技です。

②収納力がある

メイン収納だけでなく、小マチ+前ポケットにも収納力があります。特に大きく開くマチ付前ポケットは、とても使い勝手が良いです。高学年になると小物が増えるので、大きくなった子供に感謝されるでしょう。

③コードバンの色展開が豊富

コードバンでも8色(黒・赤・紺・モスグリーン・ワイン・茶・キャメル・ローズピンク)から選べます。明るい色はより華やかに、落ち着いた色は深みのあるトーンになっており色彩感覚をくすぐられます。

④デザイン性がある

工房系ランドセルは基本的にシンプルになりがちですが、鞄工房山本だと現代的なデザイン性も取り入れたラインナップが豊富です。女の子用にはリボンやお花のモチーフをあしらった「アンジェール」「フィオーレ・コスモス」。男の子用だとデニム調牛革の「アンティークブロンズ・リベルタ」「リベルタ」があります。

欠点

①ノーマル背カン

肩ベルトの立ち上がりはありません。
ただ体にフィットするよう、肩ベルトはゆるやかな曲線形状になっています。また首元付近はクッション素材を巻き込み、あたりを和らげる丁寧なつくり。
子供の成長を考えた設計思想になっているので、ノーマル背カンが欠点と決めつけるのは早計かもしれません。

②持ち手はオプション

標準では持ち手はついていません。
オプション(3,850円)で追加することが可能なのですが、「持ち手」のオーダー締め切りが早いのがネックです。(※2021年モデルは、2020年6月末まで)

③背あて&肩ベルトの裏は人工皮革

通常であれば何の問題もありませんが・・・
鞄工房山本は、この件で炎上騒ぎを起こしました。後ほど記述しますが、気になる人は先に鞄工房山本の賛否が分かれる理由をご覧ください。

ランドセルの感想

鞄工房山本 フィオーレ

店内に入りまず目につくのは、「フィオーレ」シリーズ。写真の左側2列が「フィオーレ コスモス」で右側2列が「フィオーレ ブロッサム」です。特に「ブロッサム」は、お花のモチーフが大きいので、これを背負っていたらかなり目立つでしょう。

鞄工房山本 ラフィーネ

次の写真は、女子一番人気の「ラフィーネ」。ティアラステッチの中心にスワロフスキーが飾ってあり、こちらもかなりデザイン性があります。「フィオーレ」シリーズが派手なのに対して、「ラフィーネ」は上品さを感じました。

鞄工房山本 レイブラック

男の子モデルで注目されているのは「レイブラック」。やはり近年の流行りである内装や背あてもオールブラック。本当に真っ黒に統一された[黒×ブラック]もかっこいいのですが、写真のようにステッチに青を配色した[黒×ブルー]が一番人気だそうです。

鞄工房山本 リベルタ

他にも山本鞄らしいなと感じたのは「リベルタ」。デニム調の生地にヌメ革を組み合わせています。ヌメ革を使っている範囲が結構広いので、経年変化が楽しみでありながら、お手入れもちょっと気になるところ。きれいにエイジングさせると6年生になった時に自慢のランドセルになる可能性はあります。

鞄工房山本 コードバン・アンティーク

最後の写真は「コードバン・アンティーク」。他社のコードバンモデルだと革素材の良さを前面に押し出す為に、あえてデザインを入れないのが一般的ですが、お洒落な山本鞄は違います。控えめながらもさりげないステッチワークで個性を出しているのが特徴的。おすすめはキャメル。コードバンモデルにはネームプレートが付くので、名前を刻印(8文字以内)できます。

鞄工房山本の賛否が分かれる理由

ランドセルの口コミで賛否両論あるのは当たり前ですが、この工房ほど評価が分かれるところも珍しいです。その両極端に分かれる口コミの原因は、2018年モデルを販売した時に起きた「仕様変更」騒動にあるかもしれません。

【背あて・肩ベルト裏の仕様】

  • 2017年モデルまで・・・ソフト牛革
  • 2018年モデル以降・・・人工皮革

一部の購入者から「この仕様変更は生産効率を追求した結果ではないか?」と批判があり、それに対して鞄工房山本は「ランドセルの品質を高めていく為の変更です。」と対応しました。

おそらくほとんどのユーザーは、肩ベルト裏の素材など気にしていないと思います。現に素材を明記せずに販売しているメーカーもたくさんあります。ただ工房ランドセルを選ぶ人は、こだわりが強い人が多いのかもしれません。そして鞄工房山本の対応が少し後手に回ってしまったので、思わぬ騒動に発展してしまいました。

ちなみに「背あて・肩ベルト裏の仕様としてソフト牛革と人工皮革どっちが最適なの?」という質問に答えると、当サイト調べでは「どちらでも大差ない」という結論になりました。昔はソフト牛革のほうが優れていたけど、最近は人工皮革の性能が上がっているからです。

過去の販売状況&2021年モデルのスケジュール

店舗・常設ショールーム

  • 奈良本店
    奈良県橿原市南浦町899
  • 銀座店
    東京都中央区銀座 2-4-18 アルボーレ銀座 B1F
  • 表参道店
    東京都渋谷区神宮前5丁目9-15 B1F

昨年までの販売状況

【2019年モデル】
販売開始は5/13~で、当日の24時に販売停止。(事前告知ありの計画停止)
当日完売かと思われましたが・・・、その後すぐに販売を再開して秋頃に完売。

【2020年モデル】
販売開始は4/7~で、特定期間内のオーダーはすべて受け付ける方式へ変更。
それにより人気モデルの一部カラーを除き、年間を通じて購入が可能になりました。

2021年モデルの販売スケジュール・売れ行き予想

【販売スケジュール】

  • カタログ発送:2020年月2月~
  • 販売開始日:2020年4/2(木)~

【売れ行き予想】

4/2(木)~4/26(日)までは、全商品のオーダーを受け付けてもらえます。この期間内なら、確実にデザイン&色を指定して購入することが可能。
(※オールコードバンを除く)

そして6月末になると、人気モデルは売り切れると想像されます。

  • 「持ち手」付きランドセルのオーダー
  • キャッシュレス還元(5%)

今年はこの2つが6月末で締め切られます。

アウトレット情報

鞄工房山本 アウトレットコーナー

奈良本店でアウトレットセールを開催しています。各ランドセルに値下げ理由が書かれているので、納得したうえで購入可能です。

【対象ランドセル】

①旧モデルサンプル品・・・定価から1万円OFF

展示会やショールームの展示品。色々な人が触り、背負っているので、やや使用感がある商品。

②旧モデルアウトレット品・・・定価から5千円OFF

旧モデルの新品。一部に傷や汚れがあるため、正規品として販売できない商品。

③最新モデルアウトレット品・・・定価から千円OFF

最新モデルの新品。一部に傷や汚れがあるため、正規品として販売できない商品。

正直いって他社のアウトレット品と比べると、それほど安くありません。その理由は、目立つ傷やくたびれたパーツを、併設工房で取り換えてから販売しているからです。それなので、素人目には新品と区別がつきません。気に入ったモデルが残っていたら、お買い得でしょう。

【販売方法】

奈良本店のみで販売。
(※ネットショップからは購入できません)

【住所】奈良県橿原市南浦町899
【電話】0744-20-1771
【営業時間】10:00~17:30
【定休日】水曜日、年末年始

【販売期間】

アウトレット品の売り出し時期は不定期ですが、HPでお知らせしています。。
2019年は7/29~開催していました。

鞄工房山本の公式HP

≪関連ページ≫

工房系
土屋鞄・池田屋・山本鞄といった工房系の評判
池田屋
シンプルで軽い「池田屋ランドセル」
黒川鞄
軽く感じる本革ランドセルを作る「黒川鞄」
萬勇鞄
価格と品質のバランスが良い「萬勇鞄」
mogi
最高峰の品質を求める「モギカバン」
フジタ
本革でキューブ型が珍しい「フジタ」
羽倉
本革のエイジングを楽しめる「羽倉」
土屋鞄
圧倒的ブランド力に落とし穴がある「土屋鞄」
大峡製鞄
おおばせいほうのプレミアムは別格
中村鞄
「中村鞄」と「池田屋」で悩んだ記録

ページの先頭へ戻る