村瀬鞄行のランドセル

【最新ニュース】
  • 「mu+(ミュータス)」シリーズ
    ※特別価格 9/30まで
  • 匠・レザーボルカが残りわずか

村瀬鞄行の特徴

【村瀬鞄行の特徴】
  • 完成度が高い「ボルカ」シリーズ
  • マチ幅12cm以上
  • 背負う機能搭載
  • 鋲のカスタマイズが可能

ランドセルの印象&感想

作りの良さが伝わってくる「ボルカ」シリーズ

村瀬鞄行のお店に行くと、まずはボルカシリーズの素晴らしさを聞く事になります。話題を変えようと「ミュータス」ブランドについて質問しても、結局はボルカの説明に戻ります(笑)。それくらい店員さんはボルカに熱かったです。

村瀬鞄行 レザーボルカプレミアム 錠前

ボルカの特徴は、シンプルで機能的。錠前&金具類は、アンティークゴールドなので高級感を感じさせます。

村瀬鞄行 レザーボルカプレミアム 背カン

背あて&肩ベルトには、低反発素材が使わてます。押し込むとゆっくり戻ってくる感触。かなりの弾力性を感じます。

村瀬鞄行 レザーボルカプレミアム 肩ベルト

肩ベルトの厚みがよく分かるように撮影してみました。身体に硬い革が当たらないように、クッション材が革をくるみ込んでいます。

「レザーボルカ」と「ボルカ」の違い

【素材の違い】

  • レザーボルカ・・・牛革
  • ボルカ・・・人工皮革(レザーフォート)

「人工皮革だと少し軽くなること以外に、何か違いは?」と店員さんへ質問してみたところ、「ありません」との回答でした。

ちなみにボルカシリーズであれば、どのメイン素材(コードバン・牛革・人工皮革)を選んでも、肩ベルトは全て牛革になります。

村瀬鞄行 レザーボルカとクラリーノボルカの違い

ただ、カラーによっては色味の違いはあります。たとえば上の写真。一見するとどちらも水色ランドセルに見えるのですが、濃淡の差は明確です。

  • 左側・・・ボルカ(人工)「サックス」
  • 右側・・・レザーボルカ(牛革)「シアン」

村瀬鞄行 レザーボルカとクラリーノボルカの違い

紫色(ラベンダー)になると、外見による牛革と人工皮革の区別は付きません。さすがに触れば質感が違いで分かります。でも見た目だけだと、人工皮革にもシボ加工があり、極めて牛革に近い表情をしています。

  • 左側・・・レザーボルカ(牛革)
  • 右側・・・ボルカ(人工)
人工皮革を選ぶ人も増えてきている

牛革と人工皮革の見た目がほとんど変わらないなら、「あえて重たいランドセルを持たせる必要もない」と考える人が増えています。特にその傾向は、女の子で顕著です。

村瀬鞄行 レザーボルカとエクシード

ボルカ(左)とエクシード(右)を並べてみました。どちらも人工皮革モデルで人気ですが、肩ベルトの形状&クッション性が少し違います。エクシードのほうが華奢な作りなので、その分(約110g)軽いです。

村瀬鞄行 鋲のカスタマイズ

カスタマイズできる鋲のサンプルです。子供に選ばせてあげると、良い想い出になりますね。

やっぱり本革がいい!

世のトレンドは、少しでも軽いランドセル(人工皮革)へ流れているようですが、村瀬鞄行の本流はやはり本革。

レザーコンボ

「レザーボルカ」にヌメ革でアクセントを付けた「レザーコンボ」。ヌメ革ベルトはレトロな雰囲気をかもしだし、結構おしゃれです。

レザーコンボの内装

ランドセル全体がヌメ革だとお手入れが心配ですが、飾り部分だけなら大丈夫。6年後は飴色へ変化して、革本来のアジが出てくるでしょう。

匠プレミアム

最後は「匠(TAKUMI)プレミアム」。やはり「匠シリーズ」は別格。ハリのあるふっくらとした形。それを際立たせるのが切目仕上げ(コバ磨き)。

手縫いで丁寧に仕立てなければ、できないランドセルです。これを買ってもらえる子は幸せですね。

人気モデル&値段

レザーコンボ【直営店限定・男女共通】

【レザーコンボ】

■価格:¥76,000(税込)
■重量:約1,570g
■内寸:マチ幅(約12.5cm)

≪素材≫

  • [本体] 牛革
  • [背あて] ソフト牛革
  • [肩ベルト裏] ソフト牛革

村瀬鞄行 レザーコンボ ネイビー

村瀬鞄行 レザーコンボ ネイビー 内装

≪カラー≫

  • ブラック
  • ネイビー
  • ボルドー

≪コメント≫

レザーボルカにワンポイントでヌメ革が付き、おしゃれに仕上がっています。カタログ未掲載の限定品。販売本数が少ないので、気に入ったら早めに購入したほうがいいでしょう。

レザーコンボ
公式HP

女の子版へジャンプ

男の子版 人気1位~5位

1位【レザーボルカ color.1】

■価格:¥75,900(税込)
■重量:約1,530g
■内寸:マチ幅(約12.5cm)

≪素材≫

  • [本体] 牛革
  • [背あて] ソフト牛革
  • [肩ベルト裏] ソフト牛革

村瀬鞄行 レザーボルカ ネイビー/グレー

村瀬鞄行 レザーボルカ ネイビー/グレー 内装

≪カラー≫

  • ブラック
  • ブラック/マリンブルー
  • ブラック/ゴールド
  • ネイビー/グレー
  • マリンブルー/ネイビー

≪コメント≫

耐久性と機能性を兼ね合わせたランドセル。村瀬鞄行のロングセラーモデルです。使いやすい大きなラウンド型のポケットの内部には、鍵をかけるナスカンもしっかり装備されています。

レザーボルカ color.1
公式HP

2位【匠(TAKUMI)】

■価格:¥88,000(税込)
■重量:約1,550g
■内寸:マチ幅(約12cm)

≪素材≫

  • [本体] 牛革
  • [背あて] ソフト牛革
  • [肩ベルト裏] ソフト牛革

村瀬鞄行 匠 黒

村瀬鞄行 匠 黒 内装

≪カラー≫

  • ブラック
  • ネイビー

≪コメント≫

伝統を守りながらも、改良が重ねられたフラッグシップモデル。シンプルでありながらも独特な品格があります。かぶせとサイドのステッチが違う色である点も注目ポイントです。

匠(TAKUMI)
公式HP

3位【レザーボルカ プレミアム】

■価格:¥79,200(税込)
■重量:約1,530g
■内寸:マチ幅(約12.5cm)

≪素材≫

  • [本体] 牛革
  • [背あて] ソフト牛革
  • [肩ベルト裏] ソフト牛革

レザーボルカ プレミアム ターコイズ

レザーボルカ プレミアム ターコイズ 内装

≪カラー≫

  • ターコイズ
  • ボルドー
  • バレンシア
  • アメジスト

≪コメント≫

大人気「ボルカ」シリーズのプレミアム版。プレミアムな理由は、特別な深みのあるカラーにアンティークゴールドの金具です。この組み合わせが洗練された高級感を出しています。昨年は村瀬鞄行で一番最初に売り切れたモデルです。

レザーボルカ プレミアム
公式HP

4位【ボルカ】

■価格:¥68,200(税込)
■重量:約1,320g
■内寸:マチ幅(約12.5cm)

≪素材≫

  • [本体] 人工皮革
  • [背あて] ソフト牛革
  • [肩ベルト裏] ソフト牛革

ボルカ モスグリーン

ボルカ モスグリーン 内装

≪カラー≫

  • ブラック
  • ブラック/マリンブルー
  • ブラック/レッド
  • ネイビー/グレー
  • マリンブルー/ネイビー
  • モスグリーン/キャメル

≪コメント≫

「レザーボルカ」のつくりはそのままに、人工皮革で軽量化したランドセル。クッション性の高いメモリーフォームが、背あてだけでなく肩ベルト裏にも入っています。肌に接する背あては高級なソフト牛革。優しい肌触りで背負い心地は抜群です。

ボルカ
公式HP

5位【グランツ】

■価格:¥66,000(税込)
■重量:約1,180g
■内寸:マチ幅(約13cm)

≪素材≫

  • [本体] クラリーノ®タフロック®
  • [背あて] エアーフレッシュ®
  • [肩ベルト裏] エアーフレッシュ®

グランツ モスグリーン

グランツ モスグリーン 内装

≪カラー≫

  • モスグリーン/キャメル
  • ネイビー/ブラウン
  • ブラック/ゴールド
  • ブラック/マリンブルー
  • マリンブルー/シルバー

≪コメント≫

高級感がある人工皮革のランドセル。マチ幅は13cmと大容量なのに、重量は1,180gと軽量級なのも見逃せません。サイドのベルトが上品さを際立たせます。

グランツ
公式HP

女の子版 人気1位~5位

1位【エクシード 603】

■価格:¥71,500(税込)
■重量:約1,200g
■内寸:マチ幅(約13cm)

≪素材≫

  • [本体] クラリーノ・エフ

村瀬鞄行エクシード 603

村瀬鞄行エクシード 603 内装

≪カラー≫

  • ビビットピンク/ピンク
  • ホットピンク/ピンク
  • チョコ/ピンク
  • ネイビー/ピンク

≪コメント≫

品の良い装飾が特徴。「可愛らしさだけでなく輝きも欲しい!」という、ちょっと背伸びしたがる女の子が選ぶモデルです。

エクシード 603
公式HP

※特別価格(9/30まで)

2位【レザーボルカ color.2】

■価格:¥75,900(税込)
■重量:約1,530g
■内寸:マチ幅(約12.5cm)

≪素材≫

  • [本体] 牛革
  • [背あて] ソフト牛革
  • [肩ベルト裏] ソフト牛革

村瀬鞄行 レザーボルカ ローズピンク

村瀬鞄行 レザーボルカ ローズピンク 内装

≪カラー≫

  • アカ
  • ローズ/ピンク
  • ブラウン/ピンク
  • ラベンダー
  • シアン
  • キャメル/ブラウン

≪コメント≫

優しい色使いでレトロな雰囲気を漂わせていますが、最新機能は全て搭載されているランドセル。村瀬鞄行の定番モデルだから、素材も仕立ても完璧。安心して購入できます。

レザーボルカ color.2
公式HP

3位【匠(TAKUMI)】

■価格:¥88,000(税込)
■重量:約1,550g
■内寸:マチ幅(約12cm)

≪素材≫

  • [本体] 牛革
  • [背あて] ソフト牛革
  • [肩ベルト裏] ソフト牛革

村瀬鞄行 匠 アカ

村瀬鞄行 匠 アカ 内装

≪カラー≫

  • アカ
  • ピンク
  • キャメル

≪コメント≫

50年以上も改良が繰り返されてきた品格のある手縫いランドセル。熟練職人による丁寧な仕立ては、歪みがない美しい形をしています。手縫いなので年間生産本数は限られます。在庫があるうちに確保しておきましょう。

匠(TAKUMI)
公式HP

4位【レザーボルカ プレミアム】

■価格:¥79,200(税込)
■重量:約1,530g
■内寸:マチ幅(約12.5cm)

≪素材≫

  • [本体] 牛革
  • [背あて] ソフト牛革
  • [肩ベルト裏] ソフト牛革

レザーボルカ プレミアム アメジスト

レザーボルカ プレミアム アメジスト 内装

≪カラー≫

  • ターコイズ
  • ボルドー
  • バレンシア
  • アメジスト

≪コメント≫

大人が持っても似合いそうな佇まい。その理由は、深みのあるカラーに、アンティークゴールドの金具です。女の子ならどの色を選んでも大丈夫。他社のランドセルとは明らかにクオリティが違うので、ちょっとした優越感を感じさせるモデルです。

レザーボルカ プレミアム
公式HP

5位【ボルカ】

■価格:¥68,200(税込)
■重量:約1,320g
■内寸:マチ幅(約12.5cm)

≪素材≫

  • [本体] 人工皮革
  • [背あて] ソフト牛革
  • [肩ベルト裏] ソフト牛革

ボルカ キャメル

ボルカ キャメル 内装

≪カラー≫

  • アカ
  • ビビットピンク
  • サックス
  • ブラウン/ピンク
  • ラベンダー
  • キャメル/ブラウン

≪コメント≫

「レザーボルカ」のつくりはそのままに、人工皮革で軽量化したランドセル。小柄な女の子は、本革ではなく人工皮革を選ぶ人が増えてきました。肌に直接当たる部分には、ソフト牛革が採用されているので、肌触りは最高級です。

ボルカ
公式HP

6位【フランジュ】

■価格:¥69,300(税込)
■重量:約1,190g
■内寸:マチ幅(約13cm)

≪素材≫

  • [本体] クラリーノ®エフ
  • [背あて] エアーフレッシュ®
  • [肩ベルト裏] エアーフレッシュ®

村瀬鞄行フランジュ ラベンダー

村瀬鞄行フランジュ ラベンダー 内装

≪カラー≫

  • ラベンダー/パールブラウン
  • チョコ/ベビーピンク
  • チェリー/パールブラウン

≪コメント≫

センスのよい落ち着いた色を組み合わせたランドセル。かぶせに沿ってワッフル調に盛りがあり、その内側に洗練された花柄模様の刺繍。お上品さが全体に漂っています。

フランジュ
公式HP

カスタマイズ&オプション

かぶせ鋲

ランドセルのかぶせにある鋲の金具を変えることが可能。
オプション価格:¥2,000

かぶせ鋲のカスタマイズ

カスタマイズ詳細

デコプレート

ランドセルのかぶせ中央にある金具を変更(追加)して、オリジナリティをだす事が可能。
オプション価格:¥3,000

デコプレートのカスタマイズ

デコプレート詳細

ネームタグ

本革のタグに名入れができます。「ベルト通し」「打ち付け」の2種類から選択可能。
オプション価格:¥3,500

【ベルト通し】

ネームタグ ベルト通し

【打ち付け】

ネームタグ 打ち付け

ネームタグ詳細

モデル毎の概要&2022年度の価格表

総括

1番人気・・・「レザーボルカ」

シンプルでありながら、絶妙な色味でおしゃれに見せる牛革ランドセル。もっと軽量タイプが良ければ「クラリーノボルカ」というラインナップもあります。また革のダイヤモンドといわれている馬革なら「コードバンボルカ」です。

2番人気・・・「匠」

手間はかかるけど、伝統的技法を引き継いだ手縫いランドセル。牛革・コードバンだけでなく、ヌメ革まで用意していることから、このシリーズにかける意気込みを感じます。

3番人気・・・「エクシード」

軽量&加工しやすいクラリーノだからこそ可能なデザイン性、質の高い刺繍が人気となっているランドセルです。

端正な作りに色味が加わった「ボルカ」シリーズ

ボルカシリーズ

【内寸サイズ】

  • 高さ(約31cm)
  • 幅(約23.5cm)
  • 奥行き(約12.5cm)

【牛革】

モデル名 重量 値段(税込)

レザーボルカ

1,530g

75,900円

素材とつくりにこだわったベースモデル

レザーボルカコンビ

1,530g

75,900円

背あて&肩ベルト裏にカラーを加えたタイプ

レザーボルカプレミアム

1,530g

79,200円

より上品な色を目指したプレミアムカラー

【馬革】

モデル名 重量 値段(税込)

コードバンボルカ

1,430g

102,300円

【人工皮革】

モデル名 重量 値段(税込)

ボルカ

1,320g

68,200円

※1「ボルカ」シリーズを購入する時のチェックポイント

「ボルカ」シリーズは、肩ベルトが体にフィットするようにS字形状の「しっかりカーブ」になっています。ちなみに、「村瀬鞄行のランドセル」シリーズは「匠」もすべて同じベルトです。
一方で「mu+ランドセル」シリーズは、面積をおさえた「ゆるやかカーブ」を採用しており、軽さにこだわっています。

村瀬鞄行レザーボルカの肩ベルト

「ボルカ」シリーズ一覧

伝統技法にこだわる「匠」シリーズ

匠

【内寸サイズ】

  • 高さ(約31cm)
  • 幅(約23.5cm)
  • 奥行き(約12cm)

【牛革】

モデル名 重量 値段(税込)

1,550g

88,000円

【馬革】

モデル名 重量 値段(税込)

匠コードバン

1,590g

121,000円

【ヌメ革】

モデル名 重量 値段(税込)

匠プレミアム

1,750g

132,000円

※1「匠のコバ塗」はスペシャル対応

村瀬鞄行のコバ塗は、仕上げが丁寧です。その秘密はコバの面取りにあります。通常は鞄工房山本のように、ダイヤモンドディスク付の機械を使って、コバの角を落としていきます。それだけでも大変手間のかかる仕事です。
ところが村瀬鞄行の場合は、カンナを使った手作業です。だから特別なランドセル(匠シリーズ)にしか出来ません。角に丸みを持たせ、見栄えだけでなくコバの耐久性も高めています。

匠のコバ塗

※2「コードバン」はつや消し

一般的なコードバンランドセルというと、コードバンスムース(ツヤあり)を思い浮かべがちですが、村瀬鞄行のコードバンはつや消しタイプです。発色が違うので、その点には注意が必要です。

匠シリーズ一覧

機能性とデザインで勝負する「エクシード」シリーズ

エクシード

【内寸サイズ EX600シリーズ】

  • 高さ(約31cm)
  • 幅(約23.5cm)
  • 奥行き(約13cm)

※「エクシード」は、新ブランド「mu+(ミュータス)」へ移行しました。

【女の子用】

モデル名 重量 値段(税込)

EX603

1,200g

64,000円

【最新モデル】
流行りカラーを取り入れ、刺繍を抑えた大人びたデザイン

「エクシード」女の子

【男の子用】

モデル名 重量 値段(税込)

EX602

1,200g

64,000円

【最新モデル】
背あて&肩ベルト裏にカラーを加えて、ファッション性を高めたタイプ

「エクシード」男の子

親子コーデを楽しむ「ミミラン(mimi rand)」

「ミミラン(mimi rand)」は、レザーボルカプレミアムと同じ革で作られた大人用のランドセル。

村瀬鞄行 レザーボルカとミミラン(mimi rand)

おしゃれなお母さんは、親子コーデを楽しんでいます。子供が大きくなったら、母から子へお下がりさせるのもいいですね。

村瀬鞄行 ミミラン(mimi rand)

村瀬鞄行 ミミラン(mimi rand)カラーバリエーション

村瀬鞄行 ミミラン(mimi rand)カラーバリエーション

【価格】 ¥39,600 (税込)

【カラー】

  • バレンシア
  • ターコイズ
  • アメジスト
  • ボルドー

「ミミラン(mimi rand)」の詳細

店舗情報・会社概要

【店舗情報】

  • 【名古屋本店】
    愛知県名古屋市中村区黄金通4丁目10番地
  • 【渋谷店】
    東京都渋谷区渋谷1-9-5 ナスタックビル1F
  • 【梅田店】(期間限定)
    大阪府大阪市北区梅田1丁目13-13 阪神梅田本店

【会社概要】

《本社》

株式会社 村瀬鞄行
〒453-0804 愛知県名古屋市中村区黄金通4丁目10番地
TEL:(052)-452-1112 FAX:(052)-452-5686

《沿革》

  • 1957年・・・創業
  • 1971年・・・株式会社村瀬鞄行を設立
  • 1978年・・・自社ブランド「eddy」を発売開始
  • 2005年・・・第31回 日本かばん技術創作コンクール 経済産業大臣賞受賞
  • 2010年・・・JAPAN LEATHER AWARD 2010 審査員特別賞
  • 2015年・・・第35回 日本かばん技術創作コンクール 中小企業庁長官賞受賞
  • 2016年・・・東京都渋谷区に直営店をオープン
  • 2019年・・・新ブランド「mu+」を発売開始
  • 2019年・・・第37回 日本かばん技術創作コンクール 経済産業大臣賞受賞

村瀬鞄行の公式HP

≪関連ページ≫

工房系
土屋鞄・池田屋・山本鞄といった工房系の評判
池田屋
シンプルで軽い「池田屋ランドセル」
黒川鞄
軽く感じる本革ランドセルを作る「黒川鞄」
萬勇鞄
価格と品質のバランスが良い「萬勇鞄」
mogi
最高峰の品質を求める「モギカバン」
フジタ
本革でキューブ型が珍しい「フジタ」
羽倉
ちょっと大人びた「羽倉ランドセル」
土屋鞄
レトロな雰囲気を求めるなら「土屋鞄」
大峡製鞄
おおばせいほうのプレミアムは別格
中村鞄
「中村鞄」と「池田屋」で悩んだ記録
鞄工房山本
美しいコバ面が魅力的な「鞄工房山本」

ページの先頭へ戻る