型落ち(アウトレット)ランドセルの見極め方

アウトレット

ただひたすら安いランドセルを探すのは愚行。賢人は、スペックは良い物だけど、デザインが理由で安くなったランドセルを買います。狙い目は、大手ランドセルメーカーのモデルチェンジ品。

型落ちランドセルを購入する時のチェック項目

【購入前の確認事項】

①製造元メーカー

信頼性の高い大手メーカーから選ぶのが無難です。おすすめは、ランドセル業界のリーダーである「セイバン」と「フィットちゃん」。この2社のランドセルであれば、型落ちモデルであっても大丈夫。常に一歩先をいっているので、機能面で他社の現行モデルと大差ありません。

1.セイバン(天使のはね)のアウトレット情報

2.フィットちゃんのアウトレット情報

※メーカーは型落ち品より新作を購入して欲しいので、ランドセル商戦が熱い時期は型落ち品を表に出しません。最近の傾向だと、秋になると型落ち品のアウトレットセールが始まります。

②販売店

実店舗を持たないネットショップは、玉石混淆なのでHPだけでは判断できません。楽天やヤフーショッピングを利用していたとしても、トラブルが発生した時は販売元と直接交渉するのが基本スタンスです。

そう考えると「セイバン」や「フィットちゃん」の公式HPから、メーカー在庫を直接購入するのがベストです。

③返品・交換ポリシー

流通在庫の中には不良品・傷物が混ざっている可能性があります。ですから到着したランドセルに不具合があった場合に備えて返品方法や交換ポリシーをしっかり確認しておきましょう。「訳アリ在庫」などの場合は、返品に応じてもらえないケースのほうが多いです。

④保証の有無

新品であれば6年間保証は当たり前です。ところが流通在庫の型落ちモデルとなると、そうとは限りません。高学年になって買い替える羽目になりかねません。

⑤何年度モデルか?

せいぜい2年前のモデルまでにしましょう。それ以上古いモデルだと、6年生まで利用できない可能性があります。特に高温多湿な倉庫に、2年以上放置された人工皮革ランドセルの状態は最悪です。既に内部で加水分解が始まっており、2~3年後には表面にヒビが出てきます。そうなると生地自体の寿命なので、補修も不可能です。

⑥合成皮革はダメ

合成皮革のランドセルは、避けましょう。基本的に国内のまともなメーカーで、合成皮革ランドセルを製造している会社はありません。

人工皮革(クラリーノなど)と合成皮革は全く別物です。合成皮革は、表面を樹脂コーティングしているので2~3年はきれいに見えますが、6年間の耐久性はありません。製造年月日すら不明の中国製ランドセルをamazonでよく見かけますが、安さに騙されないように気を付けてください。

⑦仕様

最新モデルと比較して何が劣るのかをチェックしましょう。A4フラットファイル未対応だったりすると、入学後に子供が不便な思いをする事になってしまいます。

⑧値段

他と比較して安すぎるのは何かあると思った方が良いかもしれません。

【ランドセルが届いたら】

ランドセルが到着したらすぐに開封。 そして故障や傷がない事を確認しましょう。 チェックポイントは、ランドセル外観の変形・縫製のほつれ・革素材の傷やシワ・金具類の錆び&作動状況です。
もし初期不良があるようならば、まずは該当箇所の写真を撮ってメールで連絡しなければなりません。

ありがちミスとしては、祖父母にランドセルを購入して貰い、そのまま実家を配送先に指定してしまう事。 子供から祖父母へ「ありがとう」を言わせる為の配慮と考えられますが、もし不良品が届いていたら目も当てられません。

大抵のネットショップは、商品到着後5日~10日以内に連絡しないと、返品に応じてもらえません。 読む人はほとんどいませんが、何処のショップでもHPの下の方に、細字で「特定商取引法に基づく表記」が記載されています。
高額商品をネットで購入する時は、値段や型式より返品制度を確認しておくことが一番重要です。

流通在庫の型落ちランドセルには、以上のようなリスクがあると思って注文してください。

楽天だと「しぶや文房具」や「夢かばん」というショップが、流通在庫の型落ちランドセルをアウトレット価格で販売しています。 いままで記載した注意事項をよく読んで注文すれば、お得な掘り出し物を探せるかもしれません。
参考までに、楽天で探せる型落ちランドセルの一覧はこちらです。

ページの先頭へ戻る