小学校入学費用

意外とかかる小学校の支出

学費を心配する親

小学1年生の学業費用は平均10万円

小学校は義務教育だからお金はかからないと思っていると、それは大間違い。無償なのは授業料と教科書代のみ。公立小学校でも意外とお金がかかります。

入学後の費用は、年間にすると約10万円(全国平均)を見積もっておく必要があります。

小学1年生の年間平均支出
  • 給食費・・・51,840円/年(4,320円/月)
  • 補助教材・・・15,000円
  • 遠足代・・・7,000円
  • PTA会費・・・7,000円
  • 文房具・・・5,000円
  • 体操服・・・5,000円
  • 上履き・・・2,000円
  • 手提げバッグ・・・3,000円

ちなみに生活保護世帯・もしくはそれに準ずる方は、就学援助制度を利用できます。

援助支給額(年間)
  • 入学準備金・・・63,100円
  • 学校給食費・・・50,600円
  • 学用品費等・・・16,510円
  • 校外活動費・・・3,600円
  • クラブ活動費・・・2,730円

※首都圏自治体の平均支給額(調査は令和元年)

就学援助金を合計すると136,540円。「あれっ? さっき見た【小学1年生の年間平均支出(約10万円)】より多く貰えるの?」と思いますよね。でも、そうではありません。

【小学1年生の年間平均支出】には含まれず、【就学援助制度】には含まれるものがあるから。それはランドセルです。
政府・自治体は、ランドセル費用を36,540円(差額)と見積もっています。

安いランドセルをどうやって探す?

5~6万円が売れ筋のランドセル市場で、4万円以下のランドセルを探すのは大変。いや、探せば安いランドセルはいくらでもあります。でも、品質が良くて安いランドセルを探すのが難しいのです。

  • 工房系ランドセルは、金額的に対象外
  • 中国製ランドセルは、金額的にOKでも品質的に怪しい

それでは一体どうしたらいいのでしょうか?
Amazonや楽天で格安ランドセルを探すか、メーカー製の型落ちランドセル(アウトレット品)を狙うという作戦が思いつきます。

最新格安より型落ちアウトレット

色々なランドセルを見てきた経験から得た結論。それは「最新の格安ランドセルより、型落ちのアウトレットランドセルのほうがいい」ということ。

①格安ランドセル(最新モデル)

格安ランドセルは、コストダウンを最大の目的として製造されたランドセル。その品質は信頼感に欠けます。分かり易い例をあげると、革素材がペラペラのモデル。内部の補強材も貧弱なので、押せばペコペコします。

それなのに見栄えだけは、通常のランドセルと遜色なく仕上げます。でも、撥水性や耐久性に欠けるランドセルは、唯一の頼りである見栄えも低学年しか持ちません。

②アウトレットランドセル(型落ちモデル)

一般的な価格(5~6万円)で販売されているランドセルは、品質に安定感があります。その型落ちを狙いましょう。前年の売れ残り品なので、色やデザインの選択肢は少ないですが、赤や黒といったオーソドックスな色なら必ず見つかります。

例えば、セイバン(天使のはね)のアウトレットセール。型落ちと言えども、元々のスペックがかなりいいランドセルです。メーカー公式サイトから直接購入すれば、保管状態は申し分なくアフターフォローも万全。安心して注文できます。

お得に買うためのアウトレット情報

ランドセルを安く買うなら型落ちモデル。品質&アフター保証が万全であるメーカー公式サイトがおすすめです。

人気メーカー
公式アウトレット情報