男の子のランドセル選び

注目される人気モデル&ブランド名(男の子)

  1. モデルロイヤル・レジオ バロック

    モデルロイヤル・レジオ バロック ブラック

    • 【メーカー】セイバン
    • 【価格】¥69,300(税込)
    • 【主素材】クラリーノ® タフロック®
    • 【重量】約1,250g
    • 【マチ幅】12cm
    • 【カラー】ブラック

    【セイバン(天使のはね)の特徴】

    各社のランドセルを比較検討して、最後はセイバンから選ぶ人が多いです。 決め手はランドセルの負荷を軽減させる最新機能。「背負いやすさ」を最優先に考えています。

    黒色ランドセルのバリエーション(クラシカル~最先端デザイン)が多いのも選びやすいポイントです。

  2. グットボーイ プラス

    グットボーイ プラス

    • 【メーカー】フィットちゃん
    • 【価格】¥56,100(税込)
    • 【主素材】クラリーノ®エフ2
    • 【重量】約1,200g
    • 【マチ幅】13.5cm
    • 【カラー】クロ×マリン

    【フィットちゃん(ハシモト)の特徴】

    左右別々に動く背カン「フィットちゃん」が搭載されたランドセルは、背負いやすいです。学童保育を考えている共働き世帯には、デザイン性が高い反射板である「安ピカッ」が好評。

    時代のニーズに合わせた開発型企業なので、モノに安心感があります。

  3. プーマ 百貨店モデル

    プーマ 百貨店モデル

    • 【メーカー】セイバン
    • 【価格】¥67,320(税込)
    • 【主素材】クラリーノ® エフ「レインガード® Fa
    • 【重量】約1,130g
    • 【マチ幅】11.5cm
    • 【カラー】ブラック×マリンブル―

    【プーマランドセルの特徴】

    男の子に人気があるスポーツランドセルは、「プーマ」「ナイキ」「アディダス」の3ブランド。その中で一番評判が良いのがプーマです。スポーティな流線形デザインはかっこいいだけでなく、やんちゃな子供の普段使いに耐えられる素材が選ばれています。

    販売チャネルによって「限定モデル」が存在するのもブランドコラボの特徴です。

  4. たくみ プレステージ スムース

    たくみ プレステージ スムース クロ/ゴールド

    • 【メーカー】モギカバン
    • 【価格】¥79,400(税込)
    • 【主素材】牛革スムース
    • 【重量】約1,480g
    • 【マチ幅】12.5cm
    • 【カラー】クロ/ゴールド

    【モギカバンの特徴】

    コードバンや牛革スムースの高級素材に、アメ豚を内張りするのがモギのスタイル。でも実は、ワンタッチ錠前やウィング背カンといった最新機能はしっかり装備されており、時代に取り残された工房とは違います。

    熟練の職人集団が全て手縫いで作っているので、販売数量は少ないです。

    売り切れ警報 在庫数が少なくなっています!

  5. レイブラック

    鞄工房山本 レイブラック

    • 【メーカー】鞄工房山本
    • 【価格】¥67,000(税込)
    • 【主素材】牛革
    • 【重量】約1,370g
    • 【マチ幅】12cm
    • 【カラー】黒×ブルー

    【鞄工房山本の特徴】

    シンプルなデザインに少しアクセントを加えることで、デザイン性の高いランドセルへ仕上げる工房。

    男子一番人気の「レイブラック」は、背あても内装もオールブラック。極太ステッチにブラックを選べば、本当にオールブラック。それ以外に「黒×ブルー」「黒×レッド」「黒×ブラウン」の選択があります。

  6. つむもの 鎧

    conosaki つむもの 鎧 黒羽

    • 【メーカー】榮伸(コノサキ)
    • 【価格】¥72,360(税込)
    • 【主素材】クラリーノ® タフロック®
    • 【重量】約1,280g
    • 【マチ幅】12.5cm
    • 【カラー】黒羽(くろは)

    【コノサキ(conosaki)の特徴】

    珍しい和風デザインのラインナップが豊富なブランド。製造元は榮伸という会社で、ランドセル業界の老舗企業です。個性的なラインナップが多いのでデザイン先行の会社かと思われがちですが、背負い心地や耐久性を高める為の特許を数多く取得している実力派でもあります。

    自社工場を持っているので、オーダーメイドにも対応可能です。

  7. 耐性牛革スタンダード

    羽倉 耐性牛革スタンダード

    • 【メーカー】羽倉
    • 【価格】¥59,400(税込)
    • 【主素材】牛革
    • 【重量】約1,270g
    • 【マチ幅】12cm
    • 【カラー】ネイビー

    【羽倉の特徴】

    羽倉のランドセルは、「豊岡鞄」ブランドのお墨付きを得ています。一番の特徴はかぶせに鋲がないこと。それは天然皮革をより美しく見せるためです。

    カラー展開も他では見かけない斬新さがあります。「黒じゃつまらないよね!」というお洒落さんに最適です。

  8. レザーボルカ color.1

    村瀬鞄行 レザーボルカ color.1

    • 【メーカー】村瀬鞄行
    • 【価格】¥75,900(税込)
    • 【主素材】牛革
    • 【重量】約1,530g
    • 【マチ幅】12.5cm
    • 【カラー】ネイビー/グレー

    【村瀬鞄行の特徴】

    上品なカラーリングに加えて、そつなく色々な機能が装備されているので、選択しやすい工房。特に「匠」「ボルカ」シリーズは、例年早期に売り切れる人気モデルです。

    オプションになりますが、かぶせの鋲をカスタマイズ出来るので、オリジナリティを出すことも可能。

    売り切れ警報 在庫数が少なくなっています!

  9. ブラックキャプス

    カバンのフジタ ブラックキャプス

    • 【メーカー】カバンのフジタ
    • 【価格】¥69,259(税込)
    • 【主素材】牛革
    • 【重量】約1,350g
    • 【マチ幅】12.5cm
    • 【カラー】クロ×クロ

    【フジタの特徴】

    本革&キューブ型ランドセルのラインナップが多い会社です。キューブ型は、収納力を犠牲にせずコンパクトに見えます。だから小柄な子に最適。

    工房系の質感を残しつつ、量産系メーカーが得意とする機能性も追及するハイブリッド的存在です。

  10. みらいポケット フェニックス

    みらいポケットフェニックス ブラックブルー

    • 【メーカー】イオン
    • 【価格】¥70,956(税込)
    • 【主素材】クラリーノ®
    • 【重量】約1,280g
    • 【マチ幅】12cm
    • 【カラー】ブラック/ブルー

    【イオン(かるすぽ)の特徴】

    イオンが企画開発する『かるすぽ』は『大容量』。容量は全てのランドセルでNo.1。

    だから子どもの両手が空いて安全です。さらに『3点背あて』で、荷物が多い日も軽々背負いやすい所もポイントです。

  11. くるピタチェンジアヴァンセ

    マツモト くるピタチェンジアヴァンセ

    • 【メーカー】マツモト
    • 【価格】¥57,240(税込)
    • 【主素材】スーパータフガード®
    • 【重量】約1,300g
    • 【マチ幅】12cm
    • 【カラー】ブラック×ブルー

    【くるピタ(マツモト)の特徴】

    指先一本で開け閉めできる錠前が特徴的な「くるピタランドセル」を作るメーカー。

    WEB限定モデルは、2種類の錠前を自分で付け替えることも可能。安全ナスカンに超ピカ(全方位反射材)も搭載され、安心して子供を見送れるランドセルです。

  12. ワンダーシャイニー

    キッズアミ ワンダーシャイニー

    • 【メーカー】ナース鞄工
    • 【価格】¥80,300(税込)
    • 【主素材】クラリーノ®
    • 【重量】約1,260g
    • 【マチ幅】12.5cm
    • 【カラー】ブラック

    【ナース鞄工(キッズアミ)の特徴】

    人間工学に基づいて設計された背あてクッション(ウィンディソフト)が秀逸なキッズアミ。ワンダーシャイニー以外に、「エレファントキューブ」と「ペリカンポッケ」も注目されています。

    ただ単にランドセルを大きくするだけでなく、子供の体に過度な負荷がかからないような配慮ができています。

  13. コードバン(つや有り仕上げ)

    土屋鞄 コードバン(つや有り仕上げ)

    • 【メーカー】土屋鞄
    • 【価格】¥120,000(税込)
    • 【主素材】コードバン
    • 【重量】約1,500g
    • 【マチ幅】11.5cm
    • 【カラー】黒

    【土屋鞄の特徴】

    工房系ランドセルメーカーの中で圧倒的なブランド力。他社のランドセルには脇目もふれずに、指名買いする人もいるほどです。

    近年はややプレミアム感が薄れてきた印象は否めませんが、シンプルなランドセルを求める人に最適です。

  14. プラチナセレクト

    ふわりぃ プラチナセレクト

    • 【メーカー】ふわりぃ
    • 【価格】¥63,800(税込)
    • 【主素材】クラリーノ® タフロック®
    • 【重量】約1,240g
    • 【マチ幅】13.5cm
    • 【カラー】ブラック×メタリックブラック

    【ふわりぃ(協和)の特徴】

    ランドセル製造メーカー大手で、工場直販。だから3万円台から質の良いランドセルを購入できます。

    大マチが広いのが特徴。体操着から上靴まで何でも入って便利です。

    キャンペーン終了アナウンス 1/6(月)で5%割引終了!

  15. クラリーノFワイド・プラス

    黒川鞄 クラリーノFワイド・プラス 黒

    • 【メーカー】黒川鞄工房
    • 【価格】¥62,640(税込)
    • 【主素材】クラリーノ®エフ
    • 【重量】約1,280g
    • 【マチ幅】13cm
    • 【カラー】黒

    【黒川鞄工房の特徴】

    知る人ぞ知る隠れた名工房。収納力があり背負う機能も装備されています。

    ここの欠点は、他メーカーより商品の売り切れ時期が早いこと。2020年モデルも6月上旬に完売となったのですが、かねてからユーザーリクエストが多かった「クラリーノモデル」を500本限定で販売する事に決定。

    売り切れ警報【完売】2020年モデル売り切れ

  16. ベルバイオスムースカラーステッチ

    池田屋 ベルバイオスムースカラーステッチ

    • 【メーカー】池田屋
    • 【価格】¥57,240(税込)
    • 【主素材】特注ベルバイオ
    • 【重量】約1,100g
    • 【マチ幅】12cm
    • 【カラー】コン/キャメル

    【池田屋の特徴】

    老舗工房系で知名度のある池田屋。素材を適材適所で組み合わせる合理的な考え方でランドセルを制作しています。

    「ベルバイオスムース」は、牛革のような光沢と耐久性を持ちながら重量はたったの1,100gという点が注目されてます。
    他にもツヤを抑えてマット調に仕上げた「マットクラリーノ」や、重厚感を持たせた「イタリア製防水牛革」も人気モデルです。

    売り切れ警報【完売】2020年モデル売り切れ

  17. ノブレス

    萬勇鞄 ノブレス

    • 【メーカー】萬勇鞄
    • 【価格】¥64,900(税込)
    • 【主素材】牛革
    • 【重量】約1,400g
    • 【マチ幅】12cm
    • 【カラー】ネイビー×ブラウン

    【萬勇鞄の特徴】

    背負う機能がある・デザイン性が高い・手頃な価格と3拍子揃った工房。このようなバランス感覚が評価され、工房系カテゴリーで人気化しています。

    追加料金なしで、リコーダーケースが付いていたり、ネームプレートに子供の名前を刻印できるサービスも魅力です。

    売り切れ警報【完売】2020年モデル売り切れ

※上記ランキングの格付け基準は、次の5つのポイントの総合評価によるものです。

①販売実績
②製法・安全性能
③値段
④オリジナリティ
⑤製品内部構造の情報公開度

人気ランドセルのトレンド(男の子編)

①シンプルなスタイル

華美な装飾が敬遠される一方で、細部の上品な装飾や仕立てを吟味して購入する傾向が強くなっています。全体的にシンプルな方向へシフトしているのですが、「何もないシンプル」ではなく「無駄をそぎ落した機能的なシンプル」が好まれています。

②7割はブラック系を選ぶ

カラーバリエーションは増えていますが、7割はブラック系の色を選びます。背あてや内装が全て黒い「オールブラックランドセル」も人気がありますが、ステッチ(縫い糸)やパイピング(ふちどり)で、ブルー・レッド・ゴールドを使うのがトレンドです。

【参考】人気色から選ぶ男の子のランドセル

③耐久性の高い素材が人気

男の子は学年が上がるにつれてランドセルの傷みも激しくなります。そこで耐久性の高い本革(コードバン・牛革)が候補になりますが、本革ランドセルは重くなります。その代替素材となるのは、高耐久性を目的に開発された人工皮革。例えばクラレの「タフロック」や帝人コードレの「タフガード」ですが、上質な革の風合いは損なわれます。
このように素材だけで選ぼうとしても、それぞれに一長一短があって決めきれません。そこは各メーカーが工夫を凝らしている部分。総合的にバランスの良いランドセルを作っている会社が人気ランキングで評価されています。

【アドバイス】

男の子のランドセル選びは、デザイン・色だけでなく、耐久性にも興味関心が集まります。ラン活で悩んだ時は、人気が高いランドセルを探す方法を読むと、対象候補を絞り込んでいく過程を学べます。

ページの先頭へ戻る