軽い=背負いやすいではない!

「軽いだけ」ランドセルにご注意

軽いランドセルが欲しい!

ランドセル症候群の誤解

ラン活を始めたママさんから、質問をいただきました。

テレビで「ランドセル症候群」を知り、ランドセルではなく、軽いナイロン製リュックを通学カバンにしたいです。おすすめはありますか?

ランドセル症候群って何?

ランドセル症候群とは、重いランドセルを背負って通学する小学生が、体の不調を訴える症状。骨格形成に悪影響を与える懸念もあり、親としては気になる話題です。

主な症状
  • 肩こり
  • 腰痛

ランドセルが原因なの?

ランドセル症候群の原因は、ランドセルではありません。授業で使う学用品が、近年大幅に増えたことに起因します。

主要因
  • 教科書ページ数が増加
    ※ 直近4年間で175.4%増量
    ※ 一般社団法人教科書協会(2021年データ)より
  • 補助教材が増加
  • タブレット端末の持ち帰り

文部科学省でも、この問題を認識して「児童生徒の携行品に係る配慮(通称:置き勉)」を促しました。ところがこの通達に対する先生達の反応は、やや否定的。実態は担任教師の考え方に委ねられてます。

置き勉に対する先生の意見
  • 紛失・盗難リスクが心配
  • 机が重くなり掃除が大変
  • 自宅で復習できない
  • 保護者宛ての手紙も置いて帰る
  • 準備(忘れ物をなくす)習慣がつかない

軽いリュックがいいの?

「学習教材の増加は仕方ない。それならば、軽いナイロン製リュックを通学カバンにしてあげよう!」という考えの人も出てきました。ただそのアイデアはNGです。

  リュック ランドセル
重量

軽い

重い

機能

低機能

高機能

メリット

軽くてかさばる荷物(体操着や給食袋)の持ち運びに適している

固くて重い荷物(水筒やタブレット)でも、左右バランスを保てる

デメリット

教材の詰め方を工夫しないと、左右の重みがアンバランスになる

荷物が少ない時でも、ランドセル重量分の重みがある

「軽いリュックがいいかも?」と考えている親御さんは、物事の一面しか見えてません。

例えば、普段お買い物に使うエコバッグをイメージしてください。エコバッグに食材を詰め込み過ぎて、半端ない負担感を感じた経験はありませんか?

重さがダイレクトに伝わるエコバッグ

ナイロンやポリエステル製のエコバッグは、軽くて柔らかい。でも荷重分散&荷重軽減する機能はありません。だから食材の重みがダイレクトに伝わり、苦痛を感じます。

高価な登山用ザックでも、パッキングが下手だと体への負担が増します。小学生が教材の重量を考えながら、リュックに荷物を詰め込むことはできません。

やっぱりランドセルがいい!

ランドセルは、子供の使用状況に合わせて、進化し続けている通学カバン。ドバっと荷物を詰め込んでも、最適なポジションで背負える工夫が随所にあります。

ランドセルを選ぶ時も、「ランドセル」を探すのでなく、「ランドセル」を見つけてください。

「背負いやすいランドセル」のチェックポイント

強度設計

耐久性(型崩れ防止)

ランドセルの型崩れは、背負い心地に影響します。小学生の肩こり・腰痛問題は、「ランドセルの重さ」より「ランドセルの型崩れ」と関係が深いです。

チェックポイント

一番型崩れしやすい「大マチ上部の開口部」に、変形を防止する補強材(樹脂)があるとベストです。お店や展示会へ行くなら、大マチ開口部へ力を加え、歪み具合や反発力を確認してみるといいです。

収容力の罠

昨今は、どのメーカーでも「軽い・大きい」をアピールしてます。ここで避けるべきは「耐久性」を犠牲にして、「収容力」をアップさせたランドセル。これは最悪です。ランドセルに入る量が増える分だけ、早期に型崩れが発生します。

チェックポイント

カタログで内部構造を丁寧に解説している良心的なメーカーを選びましょう。「耐荷重試験」や「押圧試験」の結果データを、公表しているメーカーなら安心できます。

肩ベルト

肩ベルトの形状の違い

  1. 肩ベルトの立ち上がり
    子供の肩にフィットするのは、肩ベルトが立体的に立ち上がっているタイプ。上の写真のようなランドセルがおすすめです。 牛革肩ベルトの場合は、立ち上がりでなくても問題ありません。入学当初は浮きますが、気にしなくていいでしょう。本格的に授業が始まり、荷物が重くなる頃には、肩に馴染んできます。
  2. 肩ベルトの形状
    子供の胴体(胸・腰)に寄り添う形状(S型・X型)は、ランドセルの横ブレを防ぎます。体力がない低学年には最適。ただ子供が嫌がる場合(圧迫感)は、ストレートタイプで問題ありません。 高学年になり体が大きくなると、自然なストレート型のほうが背負いやすいという意見もあります。成長に応じてベストな形状が変わるので、神経質になる必要はありません。

背カン

ランドセル「本体」と「肩ベルト」を繋ぐ背カンは、重要パーツです。

【背カンの動き】

  • 固定(動かない)
  • 左右同時に動く
  • 左右別々に動く

色々ありますが、背カンは動くタイプがおすすめ。背カンが動くことで、ランドセルを最適なポジション(背中の中心)へ誘導します。また着脱も楽になります。

直接体に触れる「背あて」

大型化に対応した最新モデルほど、背カンの厚みが増します。
そこで気になるのは、背あての機能。一般的にはランドセルの価格に比例して、機能性もあがります。

チェックポイント

  • 素材
  • 厚み(クッション性)
  • 耐圧分散
  • 通気性

【入学後】肩ベルト穴のこまめな調整

小学生の身長は、1年間で約6cm伸びます。さらに冬服で厚着になると、ベルトがきつくなる可能性が高いです。それなので、ベルト調整タイミングは毎年秋頃がおすすめ。

成長期の子供

ランドセルの肩ベルトには、7~8個の穴(3~4cm間隔)があるので、定期的に肩ベルトの長さ調整をしてください。

楽な姿勢でランドセルを背負う方法
  • ランドセルトップが肩と同じ高さ
    (横から見る)
  • 背負ったランドセルが地面に垂直
    (少し離れて見る)
  • 背中とランドセルに隙間が少ない
    (手を入れてみる)

肩ベルトが短いと窮屈で動きずらい。反対に長すぎると、後ろ重心(ランドセルがズレ下がって体から離れた状態)になり、その重みを支えるために猫背になりがちです。

まとめ

ランドセル症候群(肩こり・腰痛)を防ぐには、肩ベルトの長さ調整が大事!
最近の機能的ランドセルなら、肩ベルトさえ合わせれば、あとは自動的に体に寄り添います。

ナイロン製リュックは、ランドセルより耐久性・機能性に劣ります。「軽い」という理由だけで選んでしまうと後悔するでしょう。

ランドセルを持ち運ぶキャリーケース(さんぽセル)などのアイデア商品も出てますが、基本はベルト調整で解決します。