黒川鞄工房

高級モデルが揃う「黒川鞄」

最新ニュース
  • 2024年モデル
    ※カタログ請求受付中
  • 2023年モデル
    ※販売終了
≪特徴≫
  • コードバンが豊富
  • 大容量化に対応
  • 立体肩ベルト
  • 学習院型&キューブ型を選べる

ランドセル レビュー

黒川鞄 長冠鞄コードバン

ショールームでひときわ目立つ「長冠鞄(ロングフラップ)コードバン」。一枚のコードバンでカブセを覆いかぶす、凄く贅沢な仕様。

長冠鞄コードバンのフォルム

このアングルから見ると、カブセが本体をくるりと包みこむデザインが分かりやすい。他社では見たことがないフォルム。
これをコードバンで実現しているので、お値段も最上級(¥298,000)レベル 🤩

黒川鞄 コードバンキューブ型 2024年モデル新色

「コードバン キューブ型(¥98,000)」は、重厚なコードバンを軽やかに仕上げたモデル。撮影した4カラーが2024年の新色です。

コードバンキューブ型のパーツ&サイズ

金属類はアンティーク調のブロンズ仕上げ。内装はキャメルの人工皮革。
そしてなにより、コードバン素材で大容量(マチ幅内寸13cm)が真骨頂。「見栄え」と「実用性」が両立してます。

黒川鞄 シボ牛革キューブ型 人気色

昨シーズンの人気カラー。女の子はピスタチオ、男の子はグレージュ。

シボ牛革キューブ型の2024年新色

「シボ牛革 キューブ型(2024年モデル)」には、新たに明るいカラーが加わります。

  • ライトパープル
  • ライトブルー
  • クリーム

シボ牛革キューブ型 ピスタチオとライトブルーの色比較

新色が出たことで、カラー選択で悩む人が多そうな「ライトブルー」と「ピスタチオ」を同じ照明の下で撮影。黒川鞄の「ピスタチオ」は少し明るめ。この2色の色味は近いですが、並べてみると違いが分かります。

黒川鞄 シボ牛革 学習院型 紺

毎年すぐに売り切れる「シボ牛革(学習院型)」。学習院型はランドセルの王道スタイル。キューブ型との違いは、ランドセル側面に「ヘリ」があること。

≪キューブ型と学習院型の差異≫

  形状 メリット
キューブ型

ヘリなし

軽量化

学習院型

ヘリあり

頑丈

男の子は、壊れにくい学習院型(ヘリが本体を保護)。女の子は、コンパクトに見えるキューブ型。このような選び方がおすすめです。

販売・売り切れ状況

【2023年モデルの販売状況】
(昨シーズン)

  • 3/17・・・販売開始
  • 6/21・・・全商品が完売
カタログ請求(2024モデル)

2024年入学者(現年中さん)のカタログ請求を受付中。
早期にカタログ請求すると「内覧会の先行予約情報 📩」が届きます。

2024年度の注目モデル

【シボ牛革(キューブ型)

■価格:¥88,000(税込)
■重量:約1,480g
■マチ幅:13cm(内寸)

≪素材≫

  • [本体] 牛革
  • [肩ベルト] 牛革
  • [背あて] 牛革
  • [内側] 人工

黒川鞄 シボ牛革 キューブ型 黒

黒川鞄 シボ牛革 キューブ型 ピスタチオ

≪カラー≫

  • ロイヤルブルー
  • グリーン
  • キャメル
  • ローズ
  • ピスタチオ
  • グレージュ
  • ライトブルー
  • クリーム
  • ライトパープル

≪コメント≫

表面に陰影があり傷が目立たない「シボ牛革」モデル。たっぷり大容量(マチ幅13cm)なのに、見た目はコンパクト(キューブ型)。前ポケットも大きく、小物もスッキリ整理可能です。

「シボ牛革(キューブ型)
公式HP

【シボ牛革(学習院型・軽量仕上)

■価格:¥98,000(税込)
■重量:約1,500g
■マチ幅:13cm(内寸)

≪素材≫

  • [本体] 牛革
  • [肩ベルト] 牛革
  • [背あて] 牛革
  • [内側] 人工

黒川鞄 シボ牛革 学習院型・軽量仕上 黒

黒川鞄 シボ牛革 学習院型・軽量仕上 ローズ

≪カラー≫

  • ロイヤルブルー
  • グリーン
  • キャメル
  • ローズ

≪コメント≫

深みある色が映えるシボ革(学習院型)ランドセル。内側は落ち着いた雰囲気のキャメル色。伝統的スタイル+背負い心地を求める人が購入しています。

「シボ牛革(学習院型・軽量仕上)
公式HP

【スムース牛革(キューブ型)

■価格:¥78,000(税込)
■重量:約1,500g
■マチ幅:13cm(内寸)

≪素材≫

  • [本体] 牛革
  • [肩ベルト] 牛革
  • [背あて] 牛革
  • [内側] 人工皮革

スムース牛革 キューブ型 黒×シルバー

スムース牛革 キューブ型 チェリー

≪カラー≫

  • 黒×ブルー
  • 黒×ゴールド
  • チェリー
  • ワイン×ピンク
  • キャメル×ピンク
  • アクア×ピンク
  • ラベンダー×ピンク

≪コメント≫

やわらかな光沢となめらかな手触りが魅力のスムース革を使用。ヘリのないキューブ型ランドセルなので、中身は大容量でも見た目はコンパクト。肩ベルトの横幅調整ができるスライド金具もついています。成長に合わせて動かせるので、常にランドセルと背中をジャストフィットさせることができます。

「スムース牛革(キューブ型)
公式HP

【軽量クラリーノ®F(キューブ型)

■価格:¥68,000(税込)
■重量:約1,280g
■マチ幅:13cm(内寸)

≪素材≫

  • [本体] クラリーノ®エフ
  • [肩ベルト] 牛革
  • [背あて] ソフト牛革
  • [内側] 人工皮革

黒川鞄 軽量クラリーノ®F・キューブ型 ロイヤルブルー

黒川鞄 軽量クラリーノ®F・キューブ型 ライラック

≪カラー≫

  • 黒×ブルー
  • 黒×ゴールド
  • ロイヤルブルー
  • グリーン
  • チェリー
  • ワイン×ピンク
  • キャメル×ピンク
  • アクア×ピンク
  • ラベンダー×ピンク
  • ミントグリーン
  • ライラック
  • スカイブルー

≪コメント≫

顧客からの要望が強かった黒川鞄工房のクラリーノモデルが遂に登場。収容力は抜群で、背負う機能も装備されています。本体に直接触れる部分は、馴染みの良い牛革素材を採用。

「軽量クラリーノ®F(キューブ型)
公式HP

【コードバン(学習院型 本革仕上)

■価格:¥158,000(税込)
■重量:約1,640g
■マチ幅:12cm(内寸)

≪素材≫

  • [本体] 馬革
  • [肩ベルト] 牛革
  • [背あて] 牛革
  • [内側] 馬革

コードバン 学習院型 本革仕上 ローズ

コードバン 学習院型 本革仕上 内側

≪カラー≫

  • ロイヤルブルー
  • グリーン
  • キャメル
  • ローズ

≪コメント≫

稀少な大容量コードバンランドセル。金具はすべてアンティーク調のブロンズ色。内側まで馬革で仕上げた贅沢なモデルです。

「コードバン(学習院型 本革仕上)
公式HP

【長冠鞄コードバン】

■価格:¥298,000(税込)
■重量:約1,680g
■マチ幅:12cm(内寸)

≪素材≫

  • [本体] 馬革
  • [肩ベルト] 牛革
  • [背あて] 牛革
  • [内側] 馬革

長冠鞄(ロングフラップ)コードバン ベーシック黒

長冠鞄(ロングフラップ)コードバン ベーシック赤

≪カラー≫

≪コメント≫

最高級素材であるコードバンを贅沢に使用。カブセがくるりと繭のように包み込むデザインは他にはなく、単におしゃれなランドセルとは一線を画す特別な仕様。

「長冠鞄コードバン」
公式HP

【総コードバン】

■価格:¥398,000(税込)
■重量:約1,780g
■マチ幅:12cm(内寸)

≪素材≫

  • [本体] 馬革
  • [肩ベルト] 牛革
  • [背あて] 牛革
  • [内側] 牛革

総コードバン

≪カラー≫

  • 墨(黒)
  • 朱(赤)

≪コメント≫

匠シリーズの頂点を極める「総コードバン」は、「かぶせ」も「本体」も馬革。さらに内張もワンランク上の牛革がはられている、たぐいまれな商品です。稀少材料をふんだんに利用しているので生産本数は限られます。

「総コードバン」
公式HP

お目当てのランドセルを探すコツ&値段

仕様とモデル名の関係性

仕様とモデル名の関係性を簡潔にまとめたので、購入候補を絞り込む参考にしてください。

■シボ牛革

・表面に陰影があり色に深みがでる
・傷が目立たない

■スムース牛革

・表面が滑らかで柔らかい手触り
・コードバンに近い雰囲気

■学習院型

・へり有
・本体に傷が付きにくい

■キューブ型

・へり無
・コンパクトに見える
・学習院型より軽量化

牛革比較

人気がある牛革ランドセルを徹底比較したコーナー。

  • 黒川鞄(シボ牛革 学習院型)
  • 土屋鞄(ベーシック牛革)

黒川鞄「シボ牛革 学習院型」と土屋鞄「ベーシック牛革」を比較

2024年モデル価格表

【クラリーノ】

商品名 価格(税抜)
軽量クラリーノ®F(キューブ型)
※カラー展開15色
※本体内側:人工皮革
※約1,280g
¥68,000

【牛革】

商品名 価格(税込)
シボ牛革(キューブ型)
※カラー展開13色
※本体内側:人工皮革
※約1,480g
¥78,000
スムース牛革(キューブ型)
※カラー展開10色
※本体内側:人工皮革
※約1,480g
¥78,000
シボ牛革(学習院型 軽量仕上)
※カラー展開8色
※本体内側:人工皮革
※約1,500g
¥98,000
スムース牛革(学習院型 軽量仕上)
※カラー展開8色
※本体内側:人工皮革
※約1,500g
¥88,000

【コードバン】

商品名 価格(税込)
コードバン(キューブ型)
※カラー展開8色
※本体内側:人工皮革
※約1,580g
¥98,000
コードバン(学習院型 軽量仕上)
※カラー展開2色
※本体内側:人工皮革
※約1,520g
¥128,000
コードバン(学習院型 本革仕上)
※カラー展開8色
※本体内側:馬革
※約1,640g
¥158,000
コードバン(艶あり)
※カラー展開2色
※本体内側:馬革
※約1,640g
¥198,000
長冠鞄コードバン
※カラー展開2色
※本体内側:馬革
※約1,680g
¥298,000
総コードバン
※カラー展開2色
※本体内側:牛革
※約1,780g
¥398,000

【ヌメ革】

商品名 価格(税込)
ブライドル
※カラー展開1色
※本体内側:馬革
※約1,640g
¥198,000

ラインナップ一覧

黒川鞄と土屋鞄の比較

黒川鞄と土屋鞄のランドセルを比較検討している人が多いです。そこで人気工房2社の比較表を作成しました。この比較は、公平を保つために口コミの評判は考慮していません。あと主観的要素が強くなるデザインについても割愛しています。

  黒川鞄 土屋鞄
立ち上がり背カン

持ち手

自動ロック

×

反射材

×

小マチ

ボックス式

芯材が箱型であらかじめマチ幅が確保されている

折り畳み式

有効利用するにはベルト調整が必要
前ポケット

ラウンド型

手がすっぽり入り、中にはキーチェーンがある

クラシック型

飾り物という位置づけで、実用性に乏しい
ユーザーの声

姉は「土屋鞄」で、妹には「黒川鞄」を購入した親子へインタビュー。 使い心地や満足度を聞いてきました。

黒川鞄「スムース牛革ワイド」と土屋鞄「牛革 プレミアムカラー」を比較

特徴の詳細説明

①コードバンのラインナップは業界No1

コードバンランドセルが、かなりバラエティに富んでいます。

  • 豊富なカラー展開
  • ツヤあり/なし
  • 学習院型/キューブ型

近年の傾向として、馬革素材が入手困難になりつつある中で、ここまで揃えている工房は稀有です。この生産体制を維持するのは、非常に手間がかかるとは思いますが、そこは老舗の意地を感じます。

②子供の腰痛問題を真剣に考えている

ランドセルに出来る腰痛対策

ランドセルの大型化で問題になり始めたのが、子供の腰痛問題。この問題に早くから取り組んでいたのが黒川鞄。

肩ベルトを「立ち上がり形状」にし、左右別々に動く「軽量メタル製のスライド金具」を装着。(はばたく®肩ベルト)

本革ランドセルが重いのは、素材の関係上どうする事も出来ません。だから、ランドセルを背中へフィットさせ、体感重量を軽くします。

③大収容力

黒川鞄のランドセルは、大マチ(本体)だけでなく中マチ(サブポケット)にも、A4フラットファイルを収納可能。

厚みがあってかさばる物(筆箱や折りたたみ傘など)も全てランドセルに収まります。

④左利き対策も万全

多くの工房系ランドセルは、ナスカン(給食袋などをぶら下げる)とDカン(防犯ブザー用)は、片側しかありません。黒川鞄は左右両方にあり、左利き対策も出来てます。

⑤手馴染みの良い持ち手

黒川鞄は持ち手も本革。そして高級ビジネスバッグと同じように、最初から手馴染みが良くなる加工が施されています。

⑥ランドセルリメイク(6年後)

黒川鞄工房のランドセルは、卒業後に「ミニランドセル」or「ペンケース」へリメイクしてくれます。

お子様の大切な想い出を、形で残してあげることが出来ます。

黒川鞄のランドセルリメイク

黒川鞄のランドセルで失敗する可能性

黒川鞄の懸念点は「ランドセルの重さ」。素材ごとに、それぞれスペックをまとめてみました。

【クラリーノの重量】

モデル名 重量

軽量クラリーノ®F キューブ型

約1,280g

【牛革の重量】

モデル名 重量

シボ牛革(キューブ型)

約1,480g

シボ牛革(学習院型 軽量仕上)

約1,500g

【コードバンの重量】

モデル名 重量

コードバン(キューブ型)

約1,500g

コードバン(学習院型 軽量仕上)

約1,520g

コードバン(学習院型 本革仕上)

約1,640g

黒川鞄のランドセルは、一般的なランドセルと比較すると重いです。

例えば「コードバン(学習院型 本革仕上)の1,640g」など、見慣れない重量。ただそれは、コードバンの大容量ランドセルを作っているメーカーが他にないだけ。

黒川鞄のように背負う機能が装備されているランドセルであれば、「軽さ」より「収容力」を優先させた方が後悔が少ないと思われます。これは様々なランドセルを見てきた編集部からのアドバイス。

入学後はランドセルに荷物が入り、全体の平均重量が5,000~7,000gになります。ランドセル本体重量(100~200gの差)など誤差の範囲になります。

黒川鞄を評価する価値があるのは、工房系なのに機能性を十分に兼ねそろえているところ。

「本革志向だけど機能性(背負いやすさ、大容量)も譲れない」という親子の本命ランドセルとなる可能性は高いです。

店舗情報・会社概要

【店舗情報】

  • 総曲輪本店
    富山県富山市総曲輪三丁目6-15-8
  • 銀座店
    東京都中央区銀座3-9-11 紙パルプ会館11F

【会社概要】

《本社》

有限会社 黒川鞄
〒930-0083
富山県富山市総曲輪三丁目6番15-8号
TEL:076-421-3679

《沿革》

  • 1895年・・・創業
  • 1955年・・・「ワニマーク」を商標登録
  • 2000年・・・「はばたくランドセル」を制作
  • 2015年・・・東京都(銀座)に店舗オープン

黒川鞄
公式HP