コスパの良いランドセル

ランドセルの値段は高すぎる!

コスパの良いランドセル情報

[PR]

ランドセルの相場

ランドセルの相場
  • 人工皮革・・・4~7万円
  • 牛革・・・6~9万円
  • コードバン・・・9~13万円

ランドセルの値段は、ほぼ革素材で決まりますが、それ以外の要因も見てみましょう。

≪ランドセルの価格決定要因≫

  1. 革素材
    (人工・牛革・コードバン)
  2. 構造
    (芯材・背カン・クッション材)
  3. 装飾
    (金属パーツ・刺繍・デザイン)
  4. 手間
    (細部の仕上げ・手縫い)
  5. ブランド
    (アパレルコラボ・百貨店限定)
  6. 流通マージン
    (卸業者・小売店)

ざっと見渡すと「構造部分(芯材・背カン・クッション材)」以外は、コストカットしても問題ありません。そこに注意して、コスパ最強のランドセルを選んでみました。

4~5万円で買えるコスパ最強品を紹介

「セイバン」のエントリーモデル

選び方のヒントセイバンなら安心

テレビCMでは派手なランドセルを宣伝してますが、シンプルなモデルは意外と安いです。総合的なクオリティ(機能・耐久性)は間違いありません。

①4万円台の「ユアメイト」

【メーカー】セイバン
【モデル名】ユアメイト

ユアメイト チャーリー ブラック×マリンブルー
《ブラック×マリンブルー》

ユアメイト ボニー パステルパープル
《パステルパープル》

【おすすめポイント】

ワンポイントのお洒落を楽しめるのが「ユアメイト」シリーズ。見た目と機能性を両立させたモデルです。

価格

¥47,300(税込)

早割

¥42,570(税込)~ ※10/6まで

主素材

アンジュエール グロス

「ユアメイト」の解説

②お値打ち感抜群「クラシック」

【メーカー】セイバン
【モデル名】モデルロイヤルクラシック

モデルロイヤルクラシック ブラック
《ブラック》

セイバン モデルロイヤルクラシック カーマインレッド
《カーマインレッド》

【おすすめポイント】

セイバンの最高峰シリーズである「モデルロイヤル」の中で、一番安いモデル。背負い心地に関わる「プラス機能」を全て揃えています。つまり非常にコスパの良いモデルといえるでしょう。

価格

¥62,700(税込)

早割

¥56,430(税込)※10/6まで

主素材

クラリーノ/アンジュエール

「モデルロイヤルクラシック」の解説

人気工房!「池田屋」のクラリーノランドセル

選び方のヒント「シンプルステッチ」との違い

池田屋のクラリーノシリーズには、よりベーシックな「シンプルステッチ」があります。「カラーステッチ」は少し高い(3,000円)ですが、カラバリが豊富でお洒落です。

流行色を揃えた「防水クラリーノ」

【メーカー】池田屋
【モデル名】防水クラリーノ カラーステッチ

防水クラリーノ コン×キャメル
《コン×キャメル》

防水クラリーノ カラーステッチ スウィートチェリー×ピンク
《スウィートチェリー×ピンク》

【おすすめポイント】

明るめな「アースブルー」や「ラベンダー」を選んでも、落ち着いた雰囲気。カラーバリエーションは15色あります。

価格

¥58,000(税込)

主素材

クラリーノ

「防水クラリーノ」の解説

「フィットちゃん」から探すなら「安ピカッ」を除外

①シンプルな「軽量タイプ」

【メーカー】フィットちゃん
【モデル名】ベーシック軽量/安ピカッ

フィットちゃん軽量タイプ クロ×メタルグレー
《クロ×メタルグレー》

フィットちゃん軽量タイプ ラベンダー
《ラベンダー×ラベンダー》

【おすすめポイント】

信頼できる大手メーカーで買いたいけど、「コテコテしたデザインは不要」という声に対応したモデル。装飾デザインがないので、お手頃価格で購入できます。

価格

¥55,000(税込)

早割

¥46,750(税込) ※9/25まで

主素材

クラリーノ

選び方のヒント「安ピカッ」について

「安ピカッ」とは、昼間は目立たないようにデザインされた反射材のこと。

ただ実はフィットちゃんランドセルは、全てのランドセルに、一般的な反射材が標準装備(前後左右)されてます。

人気デザインを安く購入したいなら、以下のような「安ピカッ 非対応モデル」もおすすめです。

②クールなかぶせの「グッドボーイ」

【メーカー】フィットちゃん
【モデル名】グッドボーイ

フィットちゃん グッドボーイ ブラック×ネイビー

フィットちゃん グッドボーイ ブラック×ネイビー
《ブラック×ネイビー》

【おすすめポイント】

正面だけでなくサイドからの見栄えも良いランドセル。その理由は流線形のステッチに合わせて、革を盛っているから。それにより立体感が出てスポーティーな印象を与えます。

価格

¥55,000(税込)

早割

¥49,500(税込) ※9/25まで

主素材

クラリーノ

③ガーリーな「プティガール」

【メーカー】フィットちゃん
【モデル名】プティガール

フィットちゃん プティガール ホットピンク

フィットちゃん プティガール ホットピンク
《ホットピンク》

【おすすめポイント】

繊細な刺繍が可愛いガーリーなランドセル。しっかり装飾が施されている割には安いです。

価格

¥57,200(税込)

早割

¥48,620(税込) ※9/25まで

主素材

クラリーノ

「フィットちゃん」の解説

「ふわりぃ」は軽量&大容量

選び方のヒント狙い目はWEB限定モデル

大手メーカーの一角であるふわりぃは、WEB限定モデルが非常に多いメーカー。コストを抑えた「イージーオーダー」も人気です。

①コスパを追求した「マイフレンド」

【メーカー】ふわりぃ
【モデル名】マイフレンド(WEB限定モデル)

ふわりぃ WEB限定モデル ブラックロイヤルブルー
《ブラック×ロイヤルブルー》

ふわりぃ WEB限定モデル キャメルピーチ
《キャメル×ピーチ》

【おすすめポイント】

公式オンラインショップ限定モデル。「快適性」や「安全性」に関わる基本性能はすべて盛り込まれています。さらに名入れも出来て3万円台。メーカー直販ならではの価格設定。お買い得です。

価格

¥43,780(税込)

主素材

クラリーノ

※15%割引クーポン【 2025 】
7/31(水)まで

「ふわりぃ」の解説

②最軽量級(980g)「グランコンパクト」

【メーカー】ふわりぃ
【モデル名】グランコンパクト

ふわりぃ グランコンパクト メタリックブルー
《ブラック×メタリックブルー》

ふわりぃ グランコンパクト スミレ
《スミレ×パールピーチ》

【おすすめポイント】

軽くて収容力があり実用的。荷物が多いときは「のび~るポケット(最大5cm拡大)」を使えるので、手提げかばんは不要です。

価格

¥59,400(税込)

ネット割

¥53,460(税込)

主素材

クラリーノ

※15%割引クーポン【 2025 】
7/31(水)まで

「ふわりぃ」の解説

「キッズアミ」の注目モデル

≪お買い得ランドセル≫

背負い心地抜群の「ラビットワイド」

【メーカー】キッズアミ
【モデル名】ラビットワイド

キッズアミ ラビットワイド ブラックブルー
《ブラックブルー》

キッズアミ ラビットワイド ベージュ
《ベージュ》

【おすすめポイント】

大マチ13.5cmのビッグサイズ。それでいて重量は1,050g。背中の負担を軽減する「ウインディソフトα」は、ものすごい弾力性がある背あてです。

価格

¥55,000(税込)

主素材

クラリーノ®エフ

※15%割引クーポン【 kids 】
6/30(日)まで

「ラビットシリーズ」の解説

「村瀬鞄行」のミュータスシリーズ

選び方のヒント老舗工房の人工皮革

村瀬鞄行の「mu+(ミュータス)シリーズ」は、人工皮革を中心としたラインアップでリーズナブル。

①男の子は「ソルシルバー」

【メーカー】村瀬鞄行
【モデル名】ソルシルバー

ソルシルバー ブラック/マリンブルー

ソルシルバー ブラック/マリンブルー 内側
《ブラック/マリンブルー》

【おすすめポイント】

シンプルなステッチワークで、スポーティに仕立てられたランドセル。メーカー直売限定品。

価格

¥39,000(税込)

主素材

人工皮革

「村瀬鞄行」の解説

②女の子は「アルファハート」

【メーカー】村瀬鞄行
【モデル名】アルファハート

アルファハート ラベンダー

アルファハート ラベンダー 内側
《ラベンダー》

【おすすめポイント】

指紋など汚れが目立ちにくい「つや消し加工」の素材。シンプルなハートデザインが好印象。

価格

45,000円(税込)

主素材

人工皮革

「村瀬鞄行」の解説

「羽倉」の5万円台ランドセル

≪お買い得ランドセル≫

シンプルな「はねかる」

【メーカー】羽倉
【モデル名】はねかる

はねかる シルバー×ブラック
《シルバー×ブラック》

はねかる グロスパープル×パステルピンク
《グロスパープル×パステルピンク》

【おすすめポイント】

千年の歴史がある「豊岡鞄ブランド」の認定ランドセルで、5万円台のランドセルは珍しい。オプションでネーム刻印やステッチアートを入れることも可能です。

価格

¥59,400(税込)

主素材

コードレ

「羽倉」の解説

「イオン」vs「イトーヨーカドー」

はなまるランドセル24 vs ラクラクランド

2社の「PB商品」をスペック比較

圧倒的な販売力を持つ「イオン」と「イトーヨーカドー」は、オリジナルランドセルを企画開発しています。そのテーマは「いい物を安く」という消費者第一の姿勢。

この2社の最安値ランドセルを比較してみました。

 

はなまるランドセル24
(イオン)

ラクラクランド
(イトーヨーカドー)

主素材

クラリーノ®エフ

クラリーノ®エフ

芯材

ガッチリガード加工

エフセルエコライト

マチ幅

12.0cm

12.5cm

重量

980g

1,000g

カラー

24色

18色

価格(税込)

¥30,800

¥31,900

スペック比較だけでは甲乙つけがたいですが、勢いがあるのはイオンの「はなまるランドセル24」。負担軽減&軽量化に取り組み、さらに僅かな料金アップで「パターンオーダー」まで実現しているのは凄いです。

はなまるランドセル24【イオン】

【企画販売】イオン
【モデル名】はなまるランドセル24

イオン はなまるランドセル24

イオン はなまるランドセル24
《ブラック/ブルーステッチ》

【おすすめポイント】

早くからオリジナル商品の開発をしてきたイオン。現行製品はかなり洗練されてきました。

自分好みにカスタマイズできる「はなまるランドセル24 MYカラー」で、周囲と差をつける事も可能。

価格

30,800円(税込)

主素材

クラリーノ

「イオンランドセル」の解説

ラクラクランド【イトーヨーカドー】

【企画販売】イトーヨーカドー
【モデル名】ラクラクランド

イトーヨーカドー ラクラクランド

イトーヨーカドー ラクラクランド
《ネイビー/キャメル》

【おすすめポイント】

ラクラクランドは、イトーヨーカドーが企画開発したランドセル。「はなまるランドセル(イオン)」の対抗商品です。

価格

31,900円(税込)

主素材

クラリーノ

「イトーヨーカドー ランドセル」の解説

アドバイス

安いランドセルは、一般消費者に気付かれない部分でコストカットします。例えば「内部芯材」を省き耐久性を犠牲にしたり、肩ベルト・背あての「クッション材」を減らすなど。。。

ここで紹介したランドセルは、装飾や流通コストを省いてコストダウンを成功させた商品ばかり。コストダウンの代償として、機能を犠牲にしたランドセルはありません。

価格重視でランドセルを選ぶときは、製造会社の信頼性を確認してください。最安値を追い求めるのではなく、コストパフォーマンスに優れた「お買い得ランドセル」を探しましょう。