同環境で1年間使用した2つのランドセルの違い

  格安ランドセル 百貨店モデル
購入価格 39,000円 65,000円
素材 クラリーノ 牛革
縫製

格安ランドセルのコーナーの仕上げ

百貨店モデルのコーナーの仕上げ

ランドセルの故障は縫製のもつれに起因するものが多い。
上の写真を見比べると、どちらが丈夫かは一目瞭然。
縫い糸の太さも違うし、ランドセルの角の仕上げも全然違う。
格安ランドセルのコーナー部分は余分な革が余ってベロベロしているのに対し、百貨店モデルは端正な造りで美しい。
コーナー部分に細かなひだを作って縫い込む技術は、量販店で販売されている大量生産モデルでは不可能。
工房系のランドセルメーカーにしかできない技です。

肩ベルト

格安ランドセルの肩ベルト

百貨店モデルの肩ベルト

肩ベルトの比較ポイントというと、3D立ち上げなど背負い易さに注目しがち。
でも本当にチェックすべきポイントはそこではないと思う。

私が注目するのは、肩への負担を和らげるクッション性。
格安ランドセルの肩ベルトを手のひら全体で圧力をかけると、クシャッと簡単に折れ曲がる。

百貨店モデルは、厚みがあって反発力が高いので細かなシワが寄るだけ。
その理由は厚みや硬さの異なるクッション材を何層も使用しているから。
それによって通気性も高まる。

背あて

格安ランドセルの背あて

百貨店モデルの背あて

軽いランドセルを探している人が多いけど、ハッキリ言ってランドセル自体の重さの差異にあまりこだわる必要はないと思う。
何故ならば、肩ベルトと背あて部分の造りさえしっかりしていれば、体感重量は驚くほど軽く感じるから。

大抵どのランドセルにも、背あて部分にはウレタン素材が使われている。
弾力性の高いウレタン素材がしっかり使われているランドセルは凹凸がある。

格安ランドセルは目立たない部分は手を抜くので、背あて部分は薄っぺらい感じ。
その一方で、百貨店モデルはふっくらしていてハリが出ているのが分かるだろうか?
写真だけだと少し分かりずらいけど、背あて部分を指で押し込んでみると違いはよく分かる。

型崩れ

格安ランドセルの型崩れ

百貨店モデルの型崩れ

格安ランドセルは、使い始めて半年もすると型崩れしてくる。
触ってみればわかるのだが、かぶせはペラペラで内部のポケットもグニャッとしてくる。

これは低品質な革素材を使って原価を下げているのだから仕方のない事。
写真でも分かるように格安ランドセルの革はビローンと伸びちゃってます。

2つのランドセルを見比べた感想

何を基準に選んだら良いか分からない親御さんが、子供ウケするワンタッチロックの有無でランドセルを選んでいく姿は残念でなりません。
まさに子供だましなので、親はしっかりとランドセルの素材感や質感を見極めてあげましょう。

ランドセルは鞄としては特殊な形状をしているので、基本設計がしっかりしている上に確かな素材を使う事が大事なのです。
6年間毎日使用する事を考えると、本物志向のランドセルを背負わせてあげるのがおススメ。

とはいえ百貨店の包装紙にお金をかける必要はありません。百貨店に納品しているメーカーから、ネット通販でダイレクトに購入できる時代です。そのような賢い消費者が増えてきて、工房系ランドセルメーカーの人気が年々上がっています。

ランドセルにあまりお金をかけたくないという場合は、セイバン「天使のはね」のアウトレット情報をチェックしてみてはいかがでしょうか?「天使のはね」の主要機能はそのままで、昨年度の型落ちモデルを格安価格で購入できるのでお得です。

≪関連ページ≫

体験談
ランドセル選びで失敗したこと
型落ち
型落ちランドセルの買い方
工房系
工房系人気ランドセルを比較
百貨店
三越伊勢丹のランドセルは、オリジナルモデルが激アツ
故障
ランドセルの故障原因と実例写真

ページの先頭へ戻る