土屋鞄のランドセルはなぜ人気?

最新ニュース
  1. カラー在庫切れが多数発生
  2. レンタルサービス強化
    ※対応数2倍弱の約450個に
  3. 2022年のトレンドはジェンダーレス
    ※男女問わずキャメル・茶系が人気

土屋鞄のランドセルを評価したまとめ

≪特徴≫
  • 伝統的な王道スタイル
  • ブランド力がある
  • 上質な色彩
  • 男女兼用
【新シリーズ「RECO(レコ)」登場】

2022年の新作は「RECO(レコ)」

  • 男女兼用
  • 牛革ランドセル
  • 落ち着いた色味(全5色)
  • ミニマムなスタイル

ランドセルレビュー

土屋鞄のランドセル 2022年モデル新作のRECO

2022年モデルの新作「RECO」。装飾をミニマムに抑えたシックなデザインでした。

土屋鞄 RECO グレーとネイビーを比較

  • 左側:RECO(グレー)
  • 右側:RECO(ネイビー)

天気の良い日に自然光で撮影した写真です。

土屋鞄 RECO 金具の違い

サイドベルトがなくスッキリした印象。グレーの金具はゴールドで、ネイビーはブラック調。カラーにあわせて、金具も変わります。

土屋鞄 牛革赤系を比較 RECO×ベーシック×アンティーク

赤系統の牛革ランドセルを比較してみました。

  • 左側:ベーシックカラープラス(赤×さくら)
  • 中央:RECO(ディープレッド)
  • 右側:アンティークモデル(レンガ)

土屋鞄 牛革かぶせ裏の違い RECO×ベーシック×アンティーク

かぶせ裏の比較。ご覧のとおり「RECO」から時間割表が消えました。実はかぶせ裏の時間割表を使う子は、ほとんどいません。その割には汚れが溜まります。時間割表をなくした決断は、良い変更だと思います。

土屋鞄のランドセル 2021年モデル 持ち手

土屋鞄のランドセルは、昨年モデルから仕様変更がありました。大きな変更点は、「肩ベルトが立ち上がり&持ち手が付属」されたことです。

今まで「この2つがないから土屋鞄を諦めた」という話を聞いていたので、待ち遠しかった仕様変更。

土屋鞄のランドセル 2021年モデル 肩ベルト

肩ベルトは、首元から胸にかけて一旦広げた後に、胴回りを狭くしています。これで体とランドセルのフィット感が高まるので、背負い心地は良くなると思われます。

ただ、2021年モデルから「吊りカン」がなくなりました。机の横に引っ掛けようとしている人にとっては、マイナスポイントなので気を付けてください。

土屋鞄のランドセル シェープ

「SHAPE(シェープ)」は斬新でした。実物を見て分かったことは、色によってそれぞれ革の質感が異なること。

  • ベージュ・・・シボ感
  • ブラウン・・・滑らか
  • ブラック・・・マット調

同シリーズなのに、色ごとに表面加工を変えているとは驚きました。土屋鞄のこだわりは凄いです。
「SHAPEランドセル」の詳細レビューもご覧ください。

土屋鞄のランドセル 色とりどりのカラー展示

女の子が好みそうな明るい色も、土屋鞄の落ち着いたカラーリングなら、6年後も飽きることなく使えるでしょう。

例年の売れ行き傾向と人気モデル

買い方・売り切れ傾向

【2022年度モデル】

3/10(水)~7/31(土)の期間は、すべての注文を受け付けることが決定。この期間内なら売り切れの心配はありません。
除外品目:SHAPEランドセル

【売り切れモデル】

  • SHAPE
  • アトリエ牛革
※その他にも、カラー在庫切れが多数発生しています。

土屋鞄のランドセル
公式HP

土屋鞄の人気モデル

1位【牛革(プレミアムカラー)】

■価格:¥79,000(税込)
■重量:約1,390g
■内寸:高さ(約31cm)幅(約23.2cm)奥行き(約11.5cm)
■外寸:高さ(約32.3cm)幅(約26cm)奥行き(約18.1cm)

≪素材≫

  • [主材/カブセ] 牛革
  • [本体] 牛革
  • [背あて] ソフト牛革

牛革 プレミアムカラー コーラルピンク
《コーラルピンク》

牛革 プレミアムカラー アッシュブルー
《アッシュブルー》

≪コメント≫

風格と品格が漂う牛革ランドセル。自然の色からイメージを膨らませたプレミアムカラーは、あたたかみと落ち着きをあわせ持つ絶秒な色合いが人気です。

2位【アトリエ牛革】

■価格:¥83,000(税込)
■重量:約1,390g
■内寸:高さ(約31cm)幅(約23.2cm)奥行き(約11.5cm)
■外寸:高さ(約32.3cm)幅(約26cm)奥行き(約18.1cm)

≪素材≫

  • [主材/カブセ] 牛革
  • [本体] 牛革
  • [背あて] ソフト牛革

アトリエ牛革 パープル
《パープル》

アトリエ牛革 ウォームブラック
《ウォームブラック》

≪コメント≫

一見シンプルだけど、かぶせを開けるとアーティスティックなランドセル。子供の豊かな感性を育みたい人におすすめです。

3位【牛革(アンティークモデル)】

■価格:¥82,000(税込)
■重量:約1,390g
■内寸:高さ(約31cm)幅(約23.2cm)奥行き(約11.5cm)
■外寸:高さ(約32.3cm)幅(約26cm)奥行き(約18.1cm)

≪素材≫

  • [主材/カブセ] 牛革
  • [本体] 牛革
  • [背あて] ソフト牛革

牛革 アンティークモデル
《レンガ》

牛革 アンティークモデル
《黒》

≪コメント≫

6年間使い込んで傷がついても、それがアジになるランドセル。下手な小細工はなく、革職人が愚直に作りこんだモデル。

4位【クラリーノ(ベーシックカラープラス)】

■価格:¥65,000(税込)
■重量:約1,160g
■内寸:高さ(約31cm)幅(約23.2cm)奥行き(約11.5cm)
■外寸:高さ(約32.3cm)幅(約26cm)奥行き(約18.1cm)

≪素材≫

  • [主材/カブセ] クラリーノ®エフ
  • [本体] クラリーノ®エフ
  • [背あて] ソフト牛革

ベーシックカラープラス クラリーノR・エフ 茶×パープル
《茶×パープル》

ベーシックカラープラス クラリーノR・エフ 黒×緑
《黒×緑》

≪コメント≫

ベーシックな本体色に、背あてと内装に彩りをプラスした色合わせが楽しいシリーズ。

5位【コードバン(アンティークモデル)】

■価格:¥140,000(税込)
■重量:約1,490g
■内寸:高さ(約31cm)幅(約23.2cm)奥行き(約11.5cm)
■外寸:高さ(約32.3cm)幅(約26cm)奥行き(約18.1cm)

≪素材≫

  • [主材/カブセ] コードバン
  • [本体] 牛革
  • [背あて] ソフト牛革

コードバン アンティークモデル
《セピアレッド》

コードバン アンティークモデル
《黒》

≪コメント≫

まっすぐに伸びるミシン目とアンティーク金具が、レトロな雰囲気を醸し出します。小細工なしのクラシカルスタイルで仕上げた正統派です。

土屋鞄のランドセル
公式HP

「土屋鞄の失敗リスクは?」診断チャート

ランドセル業界で土屋鞄のブランド力はトップクラスです。確かに丁寧な縫い目&上質な色彩は素敵です。でも実際に使っているユーザーに聞くと「サイズが小さい」「ランドセルが重い」という悪い評判もあります。

  YES・NO

  YES・NO

  YES・NO

  YES・NO

全て「YES」なら土屋鞄で満足できる人です。1つでも「NO」があると「こんなはずではなかった、失敗だった・・・」ということになりかねません。

土屋鞄はやや小ぶりです。
これが伝統的スタイルなのですが、今の子供は荷物が増えています。

  • 教材の増加
  • タブレット端末が追加
    (2021年度から導入)
  • コロナ感染対策グッズ
    (大型水筒&予備タオル&マスクケース)

このような背景があり、ランドセル業界のトレンドは大容量化へ向かっています。ところが土屋鞄は、その流れにのってません。

【収容力チェックポイント】

  • 大マチ
  • 小マチ
  • 前ポケット

機能面でも、土屋鞄のランドセルに下記はありません。一般的なランドセルなら、たいてい標準装備されている機能です。

【欠如している機能】

  • 吊りカン
  • 自動ロック
  • 反射板

その一方で「土屋鞄は重い」という評判は、改善されると思われます。

【仕様変更(2021年.ver)

  • 立ち上がり背カン
  • S字肩ベルト

この仕様変更により、ランドセルと背中のフィット感がアップします。ですから体感重量は、カタログスペックより軽く感じるでしょう。

もともと、土屋鞄のカタログスペックは一般的な重さです。それなのに「土屋鞄は重いランドセル」と言われていた理由は、従来までの旧式肩ベルトの影響が大きいです。

さらに「土屋鞄」=「本革」というイメージが強い為、「本革はクラリーノより重い」という当たり前の事実が混同されていると推測されます。

【ユーザーの声】

姉は「土屋鞄」で、妹には「黒川鞄」を購入した親子へインタビュー。 使い心地や満足度を聞いてきました。

黒川鞄「スムース牛革ワイド」と土屋鞄「牛革 プレミアムカラー」を比較

※「牛革 プレミアムカラー」のユーザーさんです。

妹は黒川鞄、姉は土屋鞄を買った家族

SHAPE(シェープ)ランドセルの詳細

土屋鞄のSHAPEランドセル「サーブルベージュ」「シアーブラック」「ネーフルブラウン」の違い

※2022年モデルは完売しました。(販売終了)

シェープレザーは、防水加工をしていない牛革です。ですからヌメ革と同様に、こまめなお手入れは欠かせません。

実物を触った感触をお伝えすると、ヌメ革ランドセルよりSHAPEランドセルのほうが、革の質感が繊細です。それだけ取り扱いも注意しなければなりません。

このランドセルの特徴は、革の質感とヘリボーン柄。そして同一シリーズでも、カラーによって表情が違うという点も注目です。

【ネーフルブラウン】

  • かぶせ表面:スムース加工
  • 金具:ゴールド
  • 背あて:モカ

【サーブルベージュ】

  • かぶせ表面:シボ加工
  • 金具:ゴールド
  • 背あて:ベージュ

【シアーブラック】

  • かぶせ表面:マット加工
  • 金具:マットブラック
  • 背あて:グレー

土屋鞄のSHAPEランドセル「サーブルベージュ」「シアーブラック」「ネーフルブラウン」の横顔

SHAPEが他のシリーズと違う点は、サイドから本体にかかるベルトがありません。だから小マチが少しふっくらしています。前ポケットは小さめですが、邪魔なベルトがないので使い勝手は良さそうです。

まとめると、デザインは抜群。ただ経年変化(汚れ・傷)の心配はあります。
自然な風合いを保つためには、防水ケア(2回/月)・オイルケア(1回/月)が必要です。

ヌメ革ランドセルはマニア向け

土屋鞄といえばトーンオイルヌメ。その技術を活用したヌメ革ランドセルは、一目見たら惚れてしまうほどの上質さがあります。

ちなみに下の写真は土屋鞄ショールームで撮影したヌメ革ランドセル。質感は最高です。

土屋鞄のヌメ革ランドセル

でも予備知識なくヌメ革ランドセルを買うと、とんでもないことになります。

ヌメ革は、雨で水に濡れたまま放置すると、水ぶくれやシミが出来ます。汗で変色して黒ずむこともあります。
逆に乾燥させ過ぎると、ヒビが入ってしまうのでオイルケアが必要です。

ヌメ革ランドセルはレザーマニア向け商品。知識と覚悟がない人には扱いきれません。人によっては、子供に持たせることでストレスが溜まります。

【覚悟すべきこと】

  • 防水スプレー(1回/週)
  • 保湿クリーム(1回/月)
  • 乾拭き(雨の日)

ハッキリ言って扱いが面倒。それでもヌメ革には魅力があります。

【ヌメ革の魅力】

  • 風合いが豊か
  • 経年変化によってアメ色のツヤが出る
  • 傷がついても馴染んでアジが出てくる

マメにお手入れすれば、6年後は自慢のランドセルになるでしょう。

土屋鞄でもクラリーノが売れている

土屋鞄のメイン商材は間違いなく本革。牛革・コードバン(馬革)が得意な工房。
ただ最近は、「ランドセルは軽いほうが良い」という意見が多くなり、土屋鞄でも「クラリーノ」を選ぶ子が増えているようです。(特に女の子)

高収入世帯の子供が通う学区だと、土屋鞄率が高いです。そのような場合は「クラリーノ」より「本革」のほうが良いかもしれません。

その理由は、土屋鞄のランドセルはシンプルな形状なので、色が被ってもそれほど違和感はありません。どちらかというと「クラリーノ」「牛革」「コードバン」といった素材の差(≒価格差)が注目されがちだからです。

【比較】

人気がある牛革ランドセルを徹底比較したコーナー。

  • 黒川鞄(シボ牛革ビッグ)
  • 土屋鞄(ベーシック牛革)

黒川鞄「シボ牛革ビッグ」と土屋鞄「ベーシック牛革」を比較

黒川鞄「シボ牛革ビッグ」 vs 土屋鞄「ベーシック牛革」

よくある質問

人気カラーは?

土屋鞄のラインナップは全て男女共通。だからその子の個性で選んでOKなのですが、店員さんから聞いた男女別の人気カラーをお伝えします。

【女の子】

  1. コーラルピンク
  2. ラベンダー
  3. 赤×さくら

【男の子】

  1. ディープブルー
  2. アイビーグリーン
6年後の色の変化は?

牛革とクラリーノは、ほぼ色変化しません。
その一方で、ヌメ革とシェープは変化します。

傷や汚れの目立ちやすさは?
  • 一番傷が目立たないのは、シボ加工されている牛革
  • 牛革・コードバン・クラリーノは、水拭き可能で汚れは目立ちません

ヌメ・シェープはこまめにメンテナンスしないと、汚れや傷が目立ちます。
特に梅雨時など雨が多い季節は、日常的に防水スプレーが必要です。

デザインの違いは?

革素材・金具・ステッチで雰囲気が変わります。

  • シボが良ければ牛革
  • ツヤが好きならコードバンかクラリーノ

高級感を求めるなら、金具がゴールドになる「プレミアムカラー」「アンティークモデル」のシリーズがおすすめです。

アトリエシリーズとは?

アトリエシリーズは、内装に大胆なイラストを加えたモデル。

【特徴】

  • 3人のテキスタイルデザイナーが担当
  • 色の組み合わせは決まっていて、オーダーはできません

【2022年モデルのテーマ】

  1. プリズム・山の頂き・恐竜
  2. お日さま・実り・万華鏡
  3. お花・うさぎ・クマ

懸念点は前ポケットチャームの劣化です。塩化ビニールのような素材なので、6年間使用することによる変色&破損が少し気になります。チャームはボリュームがあり目立ちます。

※2022年モデルは、チャームの取り換えができるように改良されてます。

リメイクできますか?

土屋鞄でも卒業後にランドセルをリメイクすることが可能です。受付は年4回。

【リメイク可能なアイテム】

  • パスケース
  • ランドセル型フォトフレーム
  • ミニチュアランドセル

6年間利用したランドセルをリメイクした作品例

反射板は必要ですか?

交通事故からお子さんを守る機能なので、あったほうが安心です。

ちなみに土屋鞄のランドセルは、反射板がありません。後付けアイテムで、反射板の役割を担わせることは可能です。

【反射材アイテム】

  • 反射シール
  • リフレクター
  • 光るランドセルカバー

後付けアイテムの懸念点は「本当に必要な時に紛失している可能性がある」ということ。子供が1年生の時は注意を払っていても、6年生になる頃には油断してます。親が定期的にチェックして、反射材を新しい物に交換してあげましょう。

ランドセル貸し出し

《貸し出し条件》

レンタル費用

3,000円

送料

配送

0円

返送

0円

期間

到着後3日間

個数

1回につき1個まで

対象者

全国対応。

土屋鞄のランドセル
公式HP

ランドセル価格&店舗情報

2022年度モデル価格表

【クラリーノ】

商品名 価格(税込)
ベーシックカラー ¥64,000
ベーシックカラープラス ¥65,000
プレミアムカラー ¥69,000
アトリエ・クラリーノ ¥75,000

【牛革】

商品名 価格(税込)
ベーシックカラー ¥74,000
ベーシックカラープラス ¥75,000
プレミアムカラー ¥79,000
RECO ¥79,000
アンティークモデル ¥82,000
アトリエ・牛革 ¥83,000

【コードバン】

商品名 価格(税込)
ベーシックカラー ¥125,000
ベーシックカラープラス ¥130,000
プレミアムカラー ¥135,000
アンティークモデル ¥140,000

【ヌメ革/シェープレザー】

商品名 価格(税込)
ヌメ革ランドセル ¥110,000
SHAPE ¥130,000

店舗・常設ショールーム

  • 西新井本店
    東京都足立区西新井7-15-5
  • 軽井澤工房店
    長野県北佐久郡軽井沢町発地200
  • 童具店・仙台
    宮城県仙台市青葉区本町1-14-30
  • 童具店・中目黒
    東京都目黒区青葉台3-19-8
  • 童具店・南町田
    東京都町田市鶴間三丁目4-1 グランベリーパーク グリーンリビング2F
  • 童具店・横浜
    神奈川県横浜市西区みなとみらい5-3-3
  • 童具店・名古屋
    愛知県名古屋市中区錦1-10-27
  • 童具店・京都
    京都府京都市中京区松下町135-3
  • 童具店・大阪
    大阪府大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪 南館6F
  • 童具店・神戸
    兵庫県神戸市中央区下山手通4-13-9
  • 童具店・広島
    広島県広島市西区観音町7-29
  • 童具店・福岡
    福岡県福岡市中央区今泉1-18-25 季離宮
  • キシル 深川店
    東京都江東区富岡1-18-15
  • キシル 浜松店
    静岡県浜松市中区佐鳴台5-30-21
  • キシル 松本店
    長野県松本市大手2-2-9
  • キシル グローバルゲート名古屋店
    愛知県名古屋市中村区平池町4-60-12

※童具店は土屋鞄の直営店、キシル店は販売委託先。

土屋鞄のランドセル
公式HP

【お知らせ】

シンプルなランドセル

土屋鞄のランドセルを検討中なら、「シンプルなランドセルの特集」をご覧ください。

シンプルなランドセルは6年後も後悔なし!【おすすめ10選】

≪関連ページ≫

工房系
土屋鞄・池田屋・山本鞄といった工房系の評判
池田屋
シンプルで軽い「池田屋ランドセル」
黒川鞄
軽く感じる本革ランドセルを作る「黒川鞄」
萬勇鞄
価格と品質のバランスが良い「萬勇鞄」
mogi
最高峰の品質を求める「モギカバン」
フジタ
本革でキューブ型が珍しい「フジタ」
羽倉
ちょっと大人びた「羽倉ランドセル」
比較
「土屋鞄」と「セイバン」の違い
大峡製鞄
おおばせいほうのプレミアムは別格
中村鞄
「中村鞄」と「池田屋」で悩んだ記録
鞄工房山本
美しいコバ面が魅力的な「鞄工房山本」
村瀬鞄行
レザーボルカが人気の「村瀬鞄行」
グリローズ
土屋鞄の新ブランド「グリローズ」のレビュー

ページの先頭へ戻る