土屋鞄のランドセルはなぜ人気?

最新ニュース

2021年モデルは、3/12(木)~販売開始!
新モデルは、肩ベルトの仕様変更有。

土屋鞄のランドセルを評価したまとめ

≪特徴≫

【良い点】

  • ブランド力がある
  • 上質な色彩が素敵

【悪い点】

  • 収納力が乏しい
  • 反射材がない(キーホルダーを推奨)

2021年モデルを確認してきました!

土屋鞄のランドセル 2021年モデル 持ち手

土屋鞄の2021年モデルは、肩ベルトが立ち上がり&持ち手が付くようになりました。「この仕様変更により価格がいくら上がるの?」と質問してみたのですが・・・、まだ教えてもらえません。

土屋鞄のランドセル 2021年モデル 肩ベルト

肩ベルトは、首元から胸にかけて一旦広げた後に、胴回りを狭くしています。これによって体とランドセルのフィット感が高まるので、背負い心地は良くなると思われます。

土屋鞄のランドセル 2021年モデル 新色

新色も確認できました。女の子が好みそうな明るい色も、土屋鞄の落ち着いたカラーリングなら、6年後も飽きることなく使えるでしょう。

今回の仕様変更でちょっと気になったのは、「持ち手」の幅が狭いこと。子供はいいけど、大人には持ちずらかったです。「持ち手」は親の為にあると思っていただけに、少し疑問が残りました。

【ユーザーの声】

姉は「土屋鞄」で、妹には「黒川鞄」を買った親子へインタビュー。 使い心地や満足度を聞いてきました。

土屋鞄と黒川鞄を比較

姉の「土屋鞄」と、妹の「黒川鞄」を比較

例年の売れ行き傾向と人気モデル

買い方・売り切れ予想

土屋鞄の販売方法は、販売開始から一定期間を設けて、その期間内であれば確実に受注を受け付けるという方式です。以前のように早い者勝ちではなくなったので、販売開始日にアクセスが集中してパニックになることは解消されました。

【2021年度モデル】

3/12(木)~5/31(日)の期間は、すべての注文を受け付けることが決定。この期間内なら売り切れの心配はありません。
(除外品目:SHAPE・ヌメ革ランドセル)

上記の特定期間終了後は、値段が高い順番に売り切れていく傾向にあります。 昨年だと、クラリーノは秋頃まで十分在庫が残っていました。本革を検討する人以外は、それほど焦る必要はないと思われます。

土屋鞄の人気モデル

1位【コードバン(アンティークモデル)】

■価格:¥140,000(税込)
■重量:約1,490g
■内寸:高さ(約31cm)幅(約23.2cm)奥行き(約11.5cm)
■外寸:高さ(約32.3cm)幅(約26cm)奥行き(約18.1cm)

≪素材≫

  • [主材/カブセ] コードバン
  • [本体] 牛革
  • [背あて] ソフト牛革

コードバン アンティークモデル

≪コメント≫

まっすぐに伸びるミシン目とアンティーク金具が、レトロな雰囲気を醸し出します。小細工なしのクラシカルスタイルで仕上げた正統派です。

「コードバン アンティークモデル」の詳細

2位【牛革(プレミアムカラー)】

■価格:¥79,000(税込)
■重量:約1,390g
■内寸:高さ(約31cm)幅(約23.2cm)奥行き(約11.5cm)
■外寸:高さ(約32.3cm)幅(約26cm)奥行き(約18.1cm)

≪素材≫

  • [主材/カブセ] 牛革
  • [本体] 牛革
  • [背あて] ソフト牛革

牛革 プレミアムカラー

≪コメント≫

流行りのカラーを取り入れたモデル。いずれも淡い優しい色合いに仕上がっているので、どの色でも男女問わず背負えます。

「牛革 プレミアムカラー」の詳細

3位【牛革(アンティークモデル)】

■価格:¥82,000(税込)
■重量:約1,390g
■内寸:高さ(約31cm)幅(約23.2cm)奥行き(約11.5cm)
■外寸:高さ(約32.3cm)幅(約26cm)奥行き(約18.1cm)

≪素材≫

  • [主材/カブセ] 牛革
  • [本体] 牛革
  • [背あて] ソフト牛革

牛革 アンティークモデル

≪コメント≫

使い込んで傷がついても、それが味になる温かみのあるランドセル。下手な小細工はなく、革職人が愚直に作りこんだモデル。

「牛革 アンティークモデル」の詳細

2021年度モデル価格表

【クラリーノ】

商品名 価格(税込)
ベーシックカラー ¥64,000
ベーシックカラープラス ¥65,000
プレミアムカラー ¥69,000
アトリエ・クラリーノ ¥74,000

【牛革】

商品名 価格(税込)
ベーシックカラー ¥74,000
ベーシックカラープラス ¥75,000
プレミアムカラー ¥79,000
アンティークモデル ¥82,000
アトリエ・牛革 ¥82,000

【コードバン】

商品名 価格(税込)
ベーシックカラー ¥125,000
ベーシックカラープラス ¥130,000
プレミアムカラー ¥135,000
アンティークモデル ¥140,000

【ヌメ革/シェープレザー】

商品名 価格(税込)
ヌメ革ランドセル ¥110,000
SHAPE ¥130,000

店舗・常設ショールーム

  • 西新井本店
    東京都足立区西新井7-15-5
  • 軽井澤工房店
    長野県北佐久郡軽井沢町発地200
  • 童具店・仙台
    宮城県仙台市青葉区本町1-14-30
  • 童具店・中目黒
    東京都目黒区青葉台3-19-8
  • 童具店・南大沢
    東京都八王子市下柚木3-6
  • 童具店・南町田
    東京都町田市鶴間三丁目4-1 グランベリーパーク グリーンリビング2F
  • 童具店・横浜
    神奈川県横浜市西区みなとみらい5-3-3
  • 童具店・名古屋
    愛知県名古屋市中区錦1-10-27
  • 童具店・京都
    京都府京都市中京区松下町135-3
  • 童具店・大阪
    大阪府大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪 南館6F
  • 童具店・神戸
    兵庫県神戸市中央区下山手通4-13-9
  • 童具店・広島
    広島県広島市西区観音町7-29
  • 童具店・福岡
    福岡県福岡市中央区今泉1-18-25 季離宮
  • キシル 深川店
    東京都江東区富岡1-18-15
  • キシル 浜松店
    静岡県浜松市中区佐鳴台5-30-21
  • キシル 松本店
    長野県松本市大手2-2-9
  • キシル グローバルゲート名古屋店
    愛知県名古屋市中村区平池町4-60-12

※童具店は土屋鞄の直営店、キシル店は販売委託先。

「本当に土屋鞄で大丈夫?」診断チャート

ランドセル業界で土屋鞄のブランド力はトップクラスです。確かに丁寧な縫い目&上質な色彩は素敵です。でも実際に使っているユーザーに聞くと「サイズが小さい」「ランドセルが重い」という悪い評判もあり、かならずしも「見栄え」と「実用性」を兼ねそろえた完璧なランドセルではありません。

全て「YES」なら土屋鞄で満足できる人です。1つでも「NO」があると「こんなはずではなかった、失敗だった・・・」ということになりかねません。
土屋鞄はとてもいい雰囲気のランドセルを作っているのですが、実用面では他社に劣ります。

特に残念なポイントはサイズ感です。マチ幅は狭く前ポケットの収納力もありません。これが伝統的スタイルだと言われればその通りなのですが、今の子供は昔と違って荷物が多いのが現実。ランドセル業界全体のトレンドは、大容量化へ向かっているのですが、いまのところ土屋鞄はその流れにのってません。

「収納力+背負う機能」を兼ね揃えた工房系ランドセル

「伝統的デザインにこだわるあまり、最新機能に欠けている」ことは、土屋鞄も理解しているようです。2018年に家具屋のキシルと共同で立ち上げた新ブランド「アタラ」では、土屋鞄の欠点を克服しています。より具体的に知るには、「アタラのランドセルってどう? 小マチとベロを犠牲にして軽量化した本革ランドセル」をご覧ください。

土屋鞄でクラリーノを買うのはナンセンス

最近は、ランドセルは軽いほうが良いという傾向があって「クラリーノ」も売れているようです。でも、土屋鞄のメイン商材は間違いなく本革。牛革や馬革から状態の良い部分を選び抜くのが得意な工房なので、ここでクラリーノを選ぶのはナンセンスです。

高収入世帯の子供が通う学区では、かなり土屋鞄率が高いです。シンプルな形状なので、色が被ってもそれほど違和感はありません。どちらかというと「クラリーノ」「牛革」「コードバン」といった素材の差(≒価格差)が注目されがちです。

ヌメ革ランドセルはマニア向け

土屋鞄といえばトーンオイルヌメ。その技術を活用したヌメ革ランドセルは、一目見たら惚れてしまうほどの上質さがあります。

でも予備知識なくヌメ革ランドセルを買うととんでもないことになります。
ヌメ革は、雨で水に濡れたまま放置すると、水ぶくれやシミが出来ます。汗でも変色して一部黒ずんできます。 逆に乾燥させ過ぎてもヒビが入ってしまうので、オイルケアしてあげなければなりません。

やはりヌメ革ランドセルはレザーマニア向け商品なので、知識と覚悟がない人には扱いきれないと思われます。そして常にランドセルの状態を意識してなければならないので、子供に持たせるとストレスが溜まります。

≪関連ページ≫

工房系
土屋鞄・池田屋・山本鞄といった工房系の評判
池田屋
シンプルで軽い「池田屋ランドセル」
黒川鞄
軽く感じる本革ランドセルを作る「黒川鞄」
萬勇鞄
価格と品質のバランスが良い「萬勇鞄」
mogi
最高峰の品質を求める「モギカバン」
フジタ
本革でキューブ型が珍しい「フジタ」
羽倉
本革のエイジングを楽しめる「羽倉」
比較
「土屋鞄」と「セイバン」の違い
大峡製鞄
おおばせいほうのプレミアムは別格
中村鞄
「中村鞄」と「池田屋」で悩んだ記録
鞄工房山本
賛否両論の口コミがある「鞄工房山本」
村瀬鞄行
レザーボルカが人気の「村瀬鞄行」
グリローズ
土屋鞄の新ブランド「グリローズ」のレビュー

ページの先頭へ戻る