クラリーノFワイド プラス(黒川鞄)の特徴&口コミ

クラリーノFワイド プラス

【特徴】

  • 熟練職人が手掛けるクラリーノモデル
  • 大容量(マチ幅13cm・横幅23.5cm)
  • 強度が必要な肩ベルトは牛革
  • 背あては高級ソフト牛革

かなり収容力のあるランドセルなので、両手を空けて通学できます。本体素材はクラリーノで軽量化を図っていますが、子供の体に直接触れる部分は全て牛革です。使い込むにつれて、徐々に馴染んでいく優しい肌触りを実感できます。

ランドセルの基本仕様

【クラリーノFワイド プラスの仕様】

  • 価格:¥63,800(税込)
  • 重量:約1,280g
  • 本体素材:クラリーノ®エフ
  • 肩ベルト:牛革
  • 背あて:ソフト牛革
  • 内寸サイズ:高さ(約31.3cm)幅(約23.5cm)奥行き(約13cm)

カラーバリエーション

  1. ①黒

    黒川鞄 クラリーノFワイド・プラス 黒

  2. ②紺

    黒川鞄 クラリーノFワイド・プラス 紺

  3. ③黒×ゴールド

    黒川鞄 クラリーノFワイド・プラス 黒×ゴールド

  4. ④黒×ブルー

    黒川鞄 クラリーノFワイド・プラス 黒×ブルー

  5. ⑤赤

    黒川鞄 クラリーノFワイド・プラス 赤

  6. ⑥チェリー

    黒川鞄 クラリーノFワイド・プラス チェリー

  7. ⑦ワイン×ピンク

    黒川鞄 クラリーノFワイド・プラス ワイン×ピンク

  8. ⑧キャメル×ピンク

    黒川鞄 クラリーノFワイド・プラス キャメル×ピンク

「クラリーノFワイド・プラス」
公式HP

※在庫は残りわずか

利用者の口コミ

サイズが大きいから、何でも入って便利です。雪国仕様の超防水ランドセルは、ランドセルカバーも不要。4年生になってもいいツヤしています。

肩ベルト付け根の補強やステッチをみると、ずいぶん丁寧に作られていることが分かります。量販店で売っているランドセルと見比べて、格の違いに気がつきました。

娘は黒川鞄工房の優しい色付けが気に入っています。高学年になっても自慢できるランドセルを買ってあげれて良かったです。

黒川鞄工房 ランドセル「2022年度モデル」価格表

【クラリーノ】

商品名 価格(税抜)
クラリーノFワイド・プラス
※A4フラット対応/キューブ型
※カラー展開12色
※本体内装:人工皮革
¥58,000

【牛革】

商品名 価格(税込)
スムース牛革・ワイド
※A4フラット対応/キューブ型
※カラー展開14色
※本体内装:人工皮革
¥74,800
スムース牛革・ビッグ
※A4フラット対応/大容量
※カラー展開14色
※本体内装:馬革
¥85,800
スムース牛革・ビッグ ライト
※A4フラット対応/大容量
※カラー展開8色
※本体内装:人工皮革
¥85,800
シボ牛革・ビッグ
※A4フラット対応/大容量
※カラー展開12色
※本体内装:馬革
¥85,800
シボ牛革・ビッグ ライト
※A4フラット対応/大容量
※カラー展開8色
※本体内装:人工皮革
¥85,800
シボ牛革・ワイド プラス
※A4フラット対応/大容量
※カラー展開8色
※本体内装:人工皮革
¥85,800

【コードバン】

商品名 価格(税込)
コードバン・ワイド
※A4フラット対応/キューブ型
※カラー展開4色
※本体内装:人工皮革
¥107,800
コードバン・ビッグ
※A4フラット対応/大容量
※カラー展開14色
※本体内装:馬革
¥129,800
コードバン・ビッグ(艶あり)
※A4フラット対応/大容量
※カラー展開2色
※本体内装:馬革
¥151,800
長冠鞄コードバン・ビッグ
※A4フラット対応/大容量
※カラー展開2色
※本体内装:馬革
¥173,800
総コードバン
※A4フラット未対応
※カラー展開2色
※本体内装:牛革
¥217,800

【ヌメ革】

商品名 価格(税込)
ブライドル・ビッグ
※A4フラット対応/大容量
※カラー展開1色
※本体内装:馬革
¥151,800

黒川鞄の公式HP

≪関連ページ≫

黒川鞄
軽く感じる本革ランドセルを作る「黒川鞄」
工房系
土屋鞄・池田屋・山本鞄といった工房系の評判
池田屋
シンプルで軽い「池田屋ランドセル」
萬勇鞄
価格と品質のバランスが良い「萬勇鞄」
mogi
最高峰の品質を求める「モギカバン」
フジタ
本革でキューブ型が珍しい「フジタ」
羽倉
ちょっと大人びた「羽倉ランドセル」
土屋鞄
レトロな雰囲気を求めるなら「土屋鞄」
大峡製鞄
おおばせいほうのプレミアムは別格
中村鞄
「中村鞄」と「池田屋」で悩んだ記録
鞄工房山本
賛否両論の口コミがある「鞄工房山本」
村瀬鞄行
レザーボルカが人気の「村瀬鞄行」

ページの先頭へ戻る