入学祝いのお返し方法

入学祝いにお返しは必要なのか?

【不要派の意見】

  • お祝いの対象はあくまでも子供
  • 子供がお返しなど出来るわけない
  • 無償の愛を受けている

【必要派の意見】

  • 実質的には子供の親が受取っている
  • 礼儀としてお返しは必須
  • コミュニケーションの一部

伝統行事のマナーに詳しい識者によると、「子供の慶事に関わるお祝いにお返しは不要」だそうです。ただ最近の慣習では、なにかプレゼントを貰ったらお返しをする人が増えているので、内祝い(慶事のおそそわけ)をするのが一般的になりつつあります。人間関係を円滑に進めるための処世術なのでしょう。

お返しの相場

入学祝い

一般的には、お祝いを頂いた金額の半分~3分の1を返すのが相場。とはいえお祝いを頂いた人との関係性(距離感)に左右されるもの。あまり相場を気にせず、感謝の気持ちを伝える方法を考えるのがベストです。

お返しをするタイミング

子供が学校に入学して、学校生活に慣れ始めた4月末~5月前半がベスト。入学式の様子・担任の先生・新しいお友達など、子供の話題が豊富です。お祝いを頂いた人へ、学校での子供の様子を伝えてあげると喜ばれます。

祖父母(親)へのお返し

祖父母が喜ぶのは孫の写真。形式ばらないのであれば、ちょっとしたフォトフレームに写真を入れてプレゼントするのもありです。もちろん入学内祝いと書いたのしをつけるのもいいでしょう。

内祝いにメッセージを添えることをおすすめします。

【お祝いに現金を貰った場合の例文】

お祝いありがとうございます。
いただいたお祝いで〇〇を買いました。
子供も喜んでおり、これからの学校生活に役立てたいです。

【ランドセルを買って貰った場合の例文】

おかげさまで無事入学式を迎えることが出来ました。
いただいたランドセルを背負い、楽しそうに学校へ通っています。
ささやかですが内祝いを贈らせていただきます。

【学習机を買って貰った場合の例文】

4月1日に入学式を終え、新しい学校生活がスタートしました。
子供は買っていただいた学習机に、真新しい教科書を並べて満足気です。
季節の変わり目なので、風邪などひかぬようにお気を付けください。

親戚(兄弟)へのお返し

人気があるのは、お菓子セットやカタログギフト。それなりのお店であれば、入学内祝い用の”のし”も用意してくれるので手間いらず。
商品券は、もらって嬉しいプレゼントの1位なのですが、実は残念な気持ちになる人もいます。金額が生々しく分かってしまうので、慶事に向かないのかもしれません。

親戚の場合は、先例があればそれに従うのが一番。自分だけ張り切ると、その後に続く身内に気を遣わせることになってしまうので気をつけましょう。

友達へのお返し

プレゼントをもらった友達に、今後入学予定のお子様がいれば、忘れずにプレゼントを準備する。お子様がいない場合は、焼き菓子などのプチプレゼントをお返しするのがベストです。

ページの先頭へ戻る