ランドセル工房生田をチェック!

最新ニュース
  • コバ塗りモデル 完売

ランドセルを見た感想

下町風情が漂う大阪の町に、一軒だけ小洒落た店舗。道路をはさんだ反対側はランドセル工房でした。

生田鞄の店舗

生田ランドセルの買い方は、「セレクトオーダー」と「スペシャルブランド(既製品)」のどちらかを選択します。まずはオーダーランドセルから紹介します。

スタンダード肩ベルトと立ち上がり肩ベルトの違い

  • 左側:スタンダード肩ベルト
  • 右側:立ち上がり肩ベルト

生田のセレクトオーダーでは、肩ベルトの仕様を選択できます。この選択肢は非常に珍しいです!

ここで一番聞きたいことは「スタンダード肩ベルト」と「立ち上がり肩ベルト」はどっちがいいの?

スタンダード肩ベルトと立ち上がり肩ベルトの違い

店員さんへ質問をぶつけてみたら、「低学年は立ち上がり肩ベルトが優位だけど、高学年になるとスタンダード肩ベルトのほうが良い」という悩ましい回答を貰いました。

【スタンダード肩ベルトの特徴】

  • 最初はやや隙間ができる
  • 使い込むほど子供の体にフィットしてくる(革が馴染む)

【立ち上がり肩ベルトの特徴】

  • 最初の違和感は少ない
  • 子供の成長に追随しない(立ち上がり角度は固定)

どちらもメリット・デメリットがあるので、ユーザーさんに選んでもらうとのこと。

それでもアレコレ質問を続けると、「低学年のうちは荷物が軽いです。その期間に革が馴染み、肩との隙間もなくなります。だからスタンダード肩ベルトで大丈夫ですよ」とアドバイスをいただきました。

アスターとアスターコバの違い

ここから「スペシャルブランド(既製品)」の紹介です。

  • 上段:アスター
  • 下段:アスターコバ

両方とも2022年モデルの新作。アスターは、前ヒモ&本体フチのカラーでコントラストを作ります。アスターコバは、コバ塗りカラーを際だたせているのが特徴です。

アクティブコバ

男の子向けランドセルで目を引いたのは「アクティブコバ」。コバ塗りを明るい色にすることで、スタイリッシュな印象を受けます。

シックスカラーランドセル

こちらはシックスカラーランドセル(人工皮革)。自然から着想を得た素敵なカラー。

ただ重厚さ漂うコバ塗り本革ランドセルを見た後だけに、少々チープさを感じてしまいました。単体でみたら、また違う印象かもしれません。

ランドセルリメイク

最後はミニランドセル。牛革&コードバンのランドセルは、6年後このようにリメイク(¥15,000)してくれます。いい想い出になりますね。

「セレクトオーダー」の選び方

①ベースとなる型を選択

まず初めにベースとなるランドセルを5パターンから選びます。

《ベースの種類》

  • プレミアム 匠コバ塗り [85,700円]
  • プレミアム 匠 [78,600円]
  • コバ [63,100円]
  • アース [56,000円]
  • ハナ [56,000円]

KOBA ネイビー

一番人気の「KOBA(コバ)」。写真のカラーはネイビーです

コバ塗りとは、革の裁断面を断ち切りにして磨き、ニスを塗り仕上げる伝統手法。手間はかかりますが、コバ塗りされたランドセルは高級感があります。

ちなみに生田以外でコバ塗りをしている工房は、「鞄工房山本」と「羽倉」ぐらいです。

特に羽倉は、コバ塗りランドセルのオーダーメイドが可能なので、比較検討する人が多いようです。

②肩ベルトを選択

ベースとなる型を選んだら、次は肩ベルトの仕様を決めます。この選択をユーザーに選ばせているメーカーは生田だけです。

生田鞄の肩ベルト

《肩ベルト種類》

  • スタンダード
  • 立ち上がり

この選択は「どちらがベストか?」悩むところ。詳しくヒアリングしてきたのでレビューを参考にして選びましょう。

③オプションの有無を選択

《オプション種類》

  • フチ/前ヒモの色・・・¥2,000
  • 糸の色・・・¥2,000
  • 内装デザイン・・・¥2,000
  • 背中の色・・・¥2,000
  • 金具変更・・・¥2,000
  • 鋲変更・・・¥1,000
  • 牛革→馬革・・・¥22,000
  • 大マチ変更・・・¥5,000
  • 持ち手・・・¥2,000
  • ネームプレート・・・¥2,000

カスタマイズ範囲は広いので、HP上で色々シュミレーションしてみるといいでしょう。

「スペシャルブランド」(既製品)

「スペシャルって何?」とツッコミたくなりますが、いわゆる自社ブランドの既製品です。

内寸サイズは全て「高さ31.0cm×横23.2cm×大マチ12.0cm」。A4フラット対応・マチ幅12cm・前ポケットもガバッと開くDタイプなので実用性は十分です。

男女共通モデル

モデル名 カブセ 本体 値段

SIX COLORS

人工皮革

人工皮革

52,500円

男の子用モデル

モデル名 カブセ 本体 値段

アクティブコバ

牛革

牛革

66,200円

ボルサ・フォルテ

牛革

牛革

65,100円

ペンタス

牛革

牛革

63,100円

女の子用モデル

モデル名 カブセ 本体 値段

アスターコバ

牛革

牛革

66,200円

アスター

牛革

牛革

61,000円

生田ランドセルの公式HP

【お知らせ】

オーダーメイドランドセル情報

オーダーメイドでランドセルを製作してくれる人気メーカーを集めてみました。

オーダーメイドランドセル特集

≪関連ページ≫

工房系
土屋鞄・池田屋・山本鞄といった工房系の評判
池田屋
シンプルで軽い「池田屋ランドセル」
黒川鞄
軽く感じる本革ランドセルを作る「黒川鞄」
萬勇鞄
価格と品質のバランスが良い「萬勇鞄」
mogi
最高峰の品質を求める「モギカバン」
フジタ
本革でキューブ型が珍しい「フジタ」
羽倉
ちょっと大人びた「羽倉ランドセル」
土屋鞄
レトロな雰囲気を求めるなら「土屋鞄」
大峡製鞄
おおばせいほうのプレミアムは別格
中村鞄
「中村鞄」と「池田屋」で悩んだ記録
鞄工房山本
美しいコバ面が魅力的な「鞄工房山本」
村瀬鞄行
レザーボルカが人気の「村瀬鞄行」

ページの先頭へ戻る