ランドセルラックの選び方

人気商品は省スペースタワー型なのだが・・・

ランドセルラックの選び方って、母親目線だと省スペース&収納力を優先項目にしがち。
この事はお店のスタッフも心得ています。
だから店先に並ぶランドセルラックは、スリムな縦型ばかり。

だいたい次の写真のような商品をおすすめ商品として一押ししている。

駄目な例

この写真のラックは一般的なモデルで、最もよく売れているタイプです。
でも実はこのタイプのラックは子供にとって使いづらい。

何故か?

それは子供の目線から見ると、ランドセルを置く位置が高すぎなのです。
中身がパンパンに詰まったランドセルって結構重い。
教科書を詰め込むと2~3kgにはなる。

それを自分の頭の上まで持ち上げるのは、子供にとって結構しんどい。
そうなると床に放りっぱなしになり、結局は母親が片づける事になる

「家に帰ってきたらランドセルの中身を出すのでは?」と思う人もいるようですが、実際は中身を入れたまま。
小学校低学年のうちは科目数が少ないからほぼ毎日同じ時間割だからでしょうね。

ランドセルの中身を出し入れするのは主に宿題をする時。
だから自分で出来ないと宿題をするのも億劫になってしまう。

ランドセル置場は子供の腰より下の位置が理想

それでは一体どれがいいのだろうか?
市販のランドセルラックは、ほとんどが一番上にランドセル置場がある。

正解はこれ↓

良い例

スリム型であってもランドセル置場は一番下。
これだと無理なく自分で出し入れできる。

ただ残念なことにこのようなモデルは少ないから、デザインや大きさを選ぶ事が難しい。

そこで、色々なデザインから選びたいならワイドタイプがおすすめ。
例えば次の写真のようなワゴン型のラック。

良い例

このようにランドセル置場が子供の腰の高さぐらいまでであればOK!
自分でお片付けできます。

あと少しサイズが大きくなるけど、コイズミのベストセラーシリーズであるハンガーラック併用も使いやすいと評判。
これもランドセル置場はやっぱりローポジション。

良い例

(コイズミ ランドセルラックの参考価格: 楽天 / ヤフーショッピング

まとめ

  • ランドセル置場が一番上にあるタワータイプは駄目
  • 子供が自分で整理整頓できるのはロースタイル
  • ランドセルワゴンやワイドタイプで探せば種類は豊富

ページの先頭へ戻る