銀座のランドセル店舗・ショールーム情報

≪東京駅周辺エリア≫

【ラン活マップ@銀座】

おサルさんアイコンにショールームがあり、クリックすると簡易説明をチェックできます。

銀座エリア詳細

銀座エリアでは、まず池田屋さんに行くことをおすすめします。その理由は、店員さんが多くて説明が丁寧だから。ここへ最初に訪問すると、ランドセル選びの比較ポイントを掴めます。
それと池田屋のランドセルはシンプルなので、デザインに騙されることなく子供の素直な反応を確認できます。

①池田屋

【最寄り駅】
日比谷線・丸の内線・銀座線「銀座駅」A4出口から徒歩1分
浅草線「東銀座駅」A8出口から徒歩5分

②黒川鞄工房

【最寄り駅】
浅草線「東銀座駅」A8出口から徒歩1分
日比谷線・丸の内線・銀座線「銀座駅」A12出口から徒歩2分

③鞄工房山本

【最寄り駅】
有楽町線「銀座一丁目駅」5番出口から徒歩1分
日比谷線・丸の内線・銀座線「銀座駅」B4出口から徒歩6分

④中村鞄製作所

【最寄り駅】
日比谷線・丸の内線・銀座線「銀座駅」C1出口から徒歩1分

⑤銀座三越

【最寄り駅】
日比谷線・丸の内線・銀座線「銀座駅」直結
有楽町線「銀座一丁目駅」9番出口から徒歩5分

子供が飽きてしまったら、日産ギャラリーや博品館に寄って気分転換しましょう。お腹が空いたら、お洒落なカフェに寄るのもOK。銀ブラ&ラン活を楽しんでください。

さらに余力があれば、東京駅方面へも足を延ばしてみましょう。来春にはセイバンも日本橋店をオープン予定です。

東京駅周辺エリア詳細

⑥フィットちゃん

【最寄り駅】
東京駅八重洲中央口から徒歩3分

⑦羽倉

【最寄り駅】
東京駅丸の内南口から徒歩1分

最近は豊洲方面から自転車でやってくる親子も増えています。
銀座の駐輪場として重宝するのは銀座三越。最初の2時間無料でその後は4時間ごとに100円です。
その後に日本橋高島屋へ移動すると、最初の2時間無料でその後は6時間ごとに100円です。エコな自転車移動はリーズナブルですね。

ランドセル人気ランキング

男の子

男の子に人気のあるランドセルは、耐久性が高い素材を使ったシンプルなスタイルです。

カラー選択は、ブラックの比率が7割。ステッチやパイピングに挿し色を使うのがトレンドになっています。

男の子の人気ランドセル

女の子

女の子に人気のあるランドセルは、小マチや前ポケットにも十分な収納力があって、軽く感じるものです。

カラー選択は、赤以外の選択が増加中。ラベンダーやキャメルのお洒落なランドセルがトレンドになっています。

女の子の人気ランドセル

≪関連ページ≫

渋谷
渋谷周辺(表参道・原宿・代官山)のランドセル店舗
池袋
池袋のランドセル店舗・ショールーム
横浜
横浜駅&みなとみらい周辺のランドセル店舗
静岡
静岡・浜松周辺のランドセル店舗
名古屋
名古屋周辺のランドセル店舗
奈良
奈良のランドセル店舗
大阪
大阪(梅田・心斎橋)周辺のランドセル店舗
神戸
神戸周辺のランドセル店舗
福岡
福岡(博多・天神)周辺のランドセル店舗

ページの先頭へ戻る