ランドセルの買い替え

ランドセルの買い替えはあり?

ランドセルの買い替え事情

子供が「ランドセルを買い替えたい」と言いだすきっかけは、デザイン・故障・転校など。ただそれは表面的な理由にすぎないかも?

「いじめ」がないかチェックしましょう。小学生にとって「みんなと違う」というのは耐え難いこと。「ランドセルの買い替え」が不登校の解決に繋がることもあるようです。

デザインが原因の場合

ランドセルを背負う猫のキャラクター

子供がランドセルを選ぶ年齢は5歳ぐらい。物事を判断するには幼過ぎる年齢です。それ故に、小学生になってから自分のランドセルを嫌いになる子は、残念ながら一定数います。

親としては、客観的な目線で子供のランドセルを見直してください。
「キャラクター系ランドセル」「派手な刺繍入り」の場合は、子供が恥じらいを感じている可能性が高いです。そのケースでは、ランドセルカバーを提案してみるといいかもしれません。

色が気に入らないと訴えている場合は、ランドセル以外も観察してください。
例えば、洋服・色鉛筆・折り紙の色など。特定カラーに強いこだわりがある場合、発達障害の可能性も捨てきれません。色の配色で、イライラして不機嫌になる傾向があります。
そのケースだと、すぐにランドセルを買い替えたほうがいいかもしれません。まずは学校に相談して、発達障害に詳しい教諭を紹介してもらいましょう。

腰痛・肩痛の場合

腰痛・肩痛に悩む小学生

腰痛や肩こりを訴え、整体へ通う小学生が増えてきてます。その理由として考えられているのが、重すぎる荷物問題。

小学生の荷物が増えてしまった理由は、教材増加&タブレット端末&水筒(コロナ対策)。通学距離が長い子には結構な負担となります。

  • ランドセル → リュックへ買い替え
  • リュック → ランドセルへ買い替え

どちらが正解とは一概に言えません。 その理由は、ランドセルといっても機能は様々。リュックも同様だから。

通学カバンが軽ければ良いというのは、陥りがちな失敗事例。
例えば、背負い心地をサポートするクッション材を増量すれば、その分だけカバンは重くなります。しかし、快適性はあがるので、背中の負担は和らぎます。

子供が腰痛や肩こりを訴えるなら、「低機能なカバン」 → 「高機能なカバン」への買い替えをおすすめします。

【参考情報】
軽い=背負いやすいではない! ランドセル軽量化の罠

故障・天災が原因の場合

肩ベルトが破損したランドセル

無償修理にならない故障・天災による汚損の場合、リュック登校という考え方があります。親が担任に「ランドセルではなくリュックにする理由」をしっかり伝えれば、たいてい問題ありません。

ただ、リュックはランドセルより肩や腰への負担が大きいです。高学年になり荷物が増える時こそ、ランドセルを利用したいところ。耐久性もランドセルより劣ります。

それなので、おすすめしたい解決策は「型落ちランドセル」を購入すること。型落ち品であれば、すぐ手に入るうえに経済的負担も少なく済みます。

転校・帰国子女の場合

転校生の初日挨拶

子供が通う学校が変わり、ランドセルが問題になることもあります。

  • 都会から田舎へ転校
    「田舎へ引っ越したら、紫色のランドセルは浮く。。。」
  • 私立から公立へ転校
    「私立のランドセルには校章が入っていて、公立では使えない。。。」
  • 帰国子女
    「海外から帰国で、1年間だけランドセルが必要。。。」

子供が「周りのみんなと違う」ことに不安を感じているのであれば、ランドセルを買い替えてあげるのも親心。新しい環境に馴染めるように、サポートしてあげましょう。

お得に買うためのアウトレット情報

ランドセルを安く買うなら型落ちモデル。品質&アフター保証が万全であるメーカー公式サイトがおすすめです。

人気メーカー
公式アウトレット情報