Ryusselランドセル

「リュッセルモア―」と「リュッセルナイン」の違い

[PR]

MORE(モア―)とNINE(ナイン)のスペック比較

リコモンの「リュッセルシリーズ」は、ランリュック系の口コミで話題になる新しいランドセルです。「リュッセル」についてまだ何も知らない人は、まずはこちらのページからご覧ください。

リュッセル MORE(モア―)とNINE(ナイン)

ここでは「リュッセルMORE(モア―)とリュッセルNINE(ナイン)の違いを知りたい」という要望に応えて、2つの違いを分かりやすく解説します。

  MORE(モア―) NINE(ナイン)
値段

¥59,400

¥49,500

重量

1,250g

999g

タブレット

対応

対応

水筒

対応

対応

マチ幅

15~17cm

14cm

※ MOREは荷物の量に合わせて拡張可能。

ペンケース

対応

対応なし

※ MOREは専用ペンケース付きで取り外し可能。

背あて

約5cm(厚み)

約3cm(厚み)

※ MOREの背あてには、カイロや冷却材が入る。

リュッセルMORE(モア―)にしかない機能

①荷物の量にあわせてマチ幅を拡張

リュッセルMORE(モア―)のマチ幅拡張

リュッセル・MORE(モア―)の通常マチ幅は15cmですが、チャックを開くと17cmまで拡張する仕様。

リュッセルMORE(モア―)のマチ幅拡張時に使う補強板

拡張モードの時は、両サイドの隙間に補強板を、底面には底敷きを入れます。これでしっかり箱型を保ち型崩れを防ぎます。
問題は「これを子供ができるか?」という点ですが、1~2年生には無理かもしれません。ただ1~2年は荷物が少ないので、まず拡張機能の出番はないでしょう。そして荷物が増える3年生以降は、子供が自分でセッティングできると思います。

②取り外し可能な専用ペンケース付き

リュッセルMORE(モア―)のペンケース

リュッセル・MORE(モア―)には、専用のペンケースが付きます。

リュッセルMORE(モア―)のペンケースの着脱マグネット

本体とペンケースは、マグネットで着脱可能。かぶせの錠前と同じ方法で、簡単に着脱できます。

③分厚くて多機能な背あて

リュッセルMORE(モア―)の背あて

リュッセル・MORE(モア―)の背あては、分厚いクッションが内蔵され、重い荷物を背中全体で分散荷重できるような仕様。

リュッセルMORE(モア―)とNINE(ナイン)の背あてを比較

このようにNINE(ナイン)とMORE(モア―)を並べると、クッション厚の違いがより一層分かります。

リュッセルMORE(モア―)の背あてを取り外した状態

MORE(モア―)の背あては、取り外し可能。背中に汗をかく時期は、ファスナーとベルクロテープを外して、サッと水洗いもできるので衛生的。

リュッセルMORE(モア―)には保冷剤とカイロが入る

背あてを裏返すと、黒いメッシュのポケットがあり、夏は保冷剤・冬はカイロを入れられるというアイデア商品。

リュッセルMORE(モア―)には保冷剤とカイロが入る

ちなみに毎回背あてを外さなくても、肩ベルトと背あての隙間から、カイロを挿し込むことができます。それなので背あてを取り外すのは、汗や汚れを洗い流す時だけになるでしょう。

【結論】どっちがおすすめ?

ここまで「リュッセル MORE(モア―)」と「リュッセル NINE(ナイン)」を比較してきましたが、最終的にどちらがおすすめか?

値段の差は約1万円なので、6年間使うことを考えたら大したことはありません。容量と軽さのバランスで決定するのがベストです!

通学距離が長い子供には、マチ幅拡張もある「リュッセル MORE(モア―)」がおすすめ!
その理由は、小学生がランドセル以外に手提げかばんを持って歩くと、落とし物や事故に遭う発生確率が上がるからです。

学校まで近いなら、どちらでもいいでしょう。
最大容量を得られる「リュッセル MORE(モア―)」は、大きいゆえに少し重くなるというデメリットもあります。

軽量な「リュッセル NINE(ナイン)」でも、水筒をサイドポケットに収められます。それだけでも一般的なランドセルより十分メリットがあると思います。

商品&販売情報

【リュッセル MORE】

■価格:¥59,400(税込)
■重量:約1,250g
■マチ幅:15cm(通常)・17cm(拡張時)

≪素材≫

  • [かぶせ] 人工皮革(タフガード)
  • [本体] ナイロン中空糸生地(撥水)

リュッセル MORE キャメル

リュッセル MORE キャメル 背あて側

≪カラー≫

  • ブラック
  • ネイビー
  • グリーン
  • キャメル
  • レッド
  • パープル
  • ピンク
  • スカイブルー
  • グレー
  • ベージュ

≪コメント≫

リュッセルシリーズで一番収容能力が高いモデル。取り外し可能な「メッシュの背あて」や「ペンケース」もあり、機能性に富んでます。

リュッセル MORE
公式HP

【リュッセル NINE】

■価格:¥49,500(税込)
■重量:約999g
■マチ幅:14cm

≪素材≫

  • [かぶせ] 人工皮革(タフガード)
  • [本体] ナイロン中空糸生地(撥水)

リュッセル NINE レッド

リュッセル NINE レッド 背あて側

≪カラー≫

  • ブラック
  • ネイビー
  • グリーン
  • キャメル
  • レッド
  • パープル
  • ピンク
  • スカイブルー
  • グレー
  • ベージュ
  • ブラック×レッド ※公式HP限定カラー
  • ピンク×ベージュ ※公式HP限定カラー

≪コメント≫

昨年度の売上No1商品。のびるポケットで水筒もらくらく収納。

リュッセル NINE
公式HP

保証&企業情報

≪基本保証≫

  • 6年間保証(購入~卒業まで)
    ※修理期間中は代替ランドセルを無料貸与
  • 無償修理は1回まで
    ※2回目以降は有償(初期不良を除く)

≪リュッセルケア≫

  • 15,000円
  • 年間3回まで無償修理
  • リュッセル購入時にしか加入できない

「リュッセルケア」を付加すべきか悩んでいる人へアドバイス。

いかにも丈夫そうな生地で作られたリュッセルが、そう簡単に破損するはずないのは、一度触れば分かります。FIDROCK社製のマグネット錠前も、既に国内ランドセル市場での実績が豊富。

ですから故障の可能性があるとすれば、横フックやファスナーぐらいでしょう。その程度の修理なら、実費になっても数千円です。

しかも1回目までは無償修理なので、よほど心配症の人以外「リュッセルケア」は必要ないと思います。

企業情報

《製造会社》

株式会社タカアキ
〒668-0052
兵庫県豊岡市 九日市下町100-1
TEL:0796-22-7723

※タカアキは有名ブランドのOEM鞄や、財布の生産過程をトータルで提供している製造事業者。厳しい審査基準をクリアした「豊岡鞄」認定ブランドを作れる企業です。

《ランドセル事業の沿革》

  • 2021年・・・Rikomon(リコモン)スタート
  • 2022年・・・premiumあるま販売開始
  • 2023年・・・リュッセル販売開始
  • 2023年・・・グッドデザイン賞を受賞

Rikomon
公式HP