マットクラリーノ カラーコンビ(池田屋)の特徴&口コミ

マットクラリーノ カラーコンビ

【特徴】

  • ヘリ巻き・中ベルトにアクセントカラー
  • オーダーメイドの人気カラーを定番化したモデル
  • ツヤを抑えたマット調の表面仕上げ
  • 重さ1100gの軽量ランドセル
  • 本体素材はクラリーノ
  • 強度が必要な肩ベルトは牛革

ランドセルのふちや付属部品にコンビカラーを配色。オーダーメイドで人気の高い色の組み合わせを、定番化したモデルです。本体素材は「マットクラリーノカラーステッチ」と同一で、ツヤを抑えたマット調の表面仕上げです。

ランドセルの基本仕様

【マットクラリーノ カラーコンビの仕様】

  • 価格:¥54,000(税込)
  • 重量:約1,100g
  • 本体素材:クラリーノ
  • 肩ベルト:牛革
  • 背あて:ピンホールクラリーノ
  • 内寸サイズ:高さ(約31cm)幅(約23cm)奥行き(約12cm)

カラーバリエーション

  1. クロ×アースブルー

    池田屋 マットクラリーノ カラーコンビ クロ×クロ

  2. クロ×アカ

    池田屋 マットクラリーノ カラーコンビ クロ×アカ

  3. クロ×チョコ

    池田屋 マットクラリーノ カラーコンビ クロ×チョコ

  4. コン×チョコ

    池田屋 マットクラリーノ カラーコンビ コン×チョコ

  5. アースブルー×コン

    池田屋 マットクラリーノ カラーコンビ アースブルー×コン

  1. カーマインレッド×キッズピンク

    池田屋 マットクラリーノ カラーコンビ カーマインレッド×キッズピンク

  2. アンティークワイン×キッズピンク

    池田屋 マットクラリーノ カラーコンビ アンティークワイン×キッズピンク

  3. チョコ×キッズピンク

    池田屋 マットクラリーノ カラーコンビ チョコ×キッズピンク

  4. ラベンダー×キッズピンク

    池田屋 マットクラリーノ カラーコンビ ラベンダー×キッズピンク

「マットクラリーノ カラーコンビ」の詳細

利用者の口コミ

刺繍シールにして正解!2年生までは「次はハートかな?それともお花かな?」と刺繍シールを選ぶのを楽しみにしていたのに、3年生になったら「刺繍はもういらない」と素っ気ないです。背もだいぶ伸びてきたし、心も成長したことを実感。刺繍シールで無邪気に喜んでいたピュアな子のままでいて欲しいです。

教科書類だけでなく学校から配布された連絡袋も問題なく収まります。通学が遠いので軽くて収納力があるランドセルを探して池田屋にしました。付属の多機能ポケットは大活躍しています。最初はリコーダーケースと説明を受けましたが、折り畳み傘や水筒を入れることの方が多いです。

派手なランドセルは嫌だったので、子供を池田屋に連れて行きました。池田屋だったら、明るいカラーでも落ち着いたトーンに抑えているので「この中から好きなの選んでいいよ~」と言えます。特にマットクラリーノの素材感は、何年経っても飽きがこなくていいです。

池田屋ランドセル「2020年度モデル」価格表

【クラリーノ】

商品名 価格(税込)
ツヤ消しクラリーノ・シンプルステッチ ¥44,280
マットクラリーノ・カラーステッチ ¥51,840
マットクラリーノ・カラーコンビ ¥54,000

【ベルバイオ】

商品名 価格(税込)
ベルバイオスムース・カラーステッチ ¥57,240

【牛革】

商品名 価格(税込)
イタリア製防水牛革・プレミアムカラーステッチ ¥65,880
イタリア製防水牛革・プレミアムシンプルステッチ ¥65,880
イタリア製防水牛革・クラシックシワ加工 ¥65,880
イタリア製防水牛革・プレミアムカラーコンビ ¥68,040
イタリア製防水牛革・プレミアム半カブセ ¥68,040
イタリア製防水牛革・シルバーメタリック ¥68,040

【コードバン】

商品名 価格(税込)
防水コードバン ¥95,040

ラインナップ詳細

≪関連ページ≫

池田屋
シンプルで軽い「池田屋ランドセル」
工房系
土屋鞄・池田屋・山本鞄といった工房系の評判
黒川鞄
軽く感じる本革ランドセルを作る「黒川鞄」
萬勇鞄
価格と品質のバランスが良い「萬勇鞄」
mogi
最高峰の品質を求める「モギカバン」
フジタ
本革でキューブ型が珍しい「フジタ」
羽倉
本革のエイジングを楽しめる「羽倉」
土屋鞄
圧倒的ブランド力に落とし穴がある「土屋鞄」
大峡製鞄
皇室御用達である「大峡製鞄」
中村鞄
「中村鞄」と「池田屋」で悩んだ記録
鞄工房山本
賛否両論の口コミがある「鞄工房山本」
村瀬鞄行
レザーボルカが人気の「村瀬鞄行」

ページの先頭へ戻る